泣く子を楽しく保育園に送り出すコツならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

泣く子を楽しく保育園に送り出す<コツ>は?

教えて先輩ママ

教えて

1歳になったばかりの息子が4月から保育園に通い始めました。保育園に送って行くと、毎日泣いてしまいます・・・。今は慣らし保育で、預けている時間は短いのですが、泣いている子を預けてまで、職場に復帰するべきなのか、とても悩んでいます。そのうち楽しく通えるようになるのでしょうか。保育園に子どもを預けながら働くママの体験談が聞きたいです。
 (埼玉県/ringo)

みんなの答え

状況も悩みも全く同じです。保育園にはいった瞬間に私にしがみつきながら泣く我が子を、先生にお願いするのはとても心苦しいです。もう少しでも職場復帰を延ばせばよかったと思ってしまう瞬間。
でも、こどもは絶対にいつか慣れて楽しめる時がくる!と信じて保育園へ行っています。
自分自身も、1歳の頃から保育園へ行っていたようで、初めはすごく泣いたそうですが、今は保育園が楽しかった記憶しかありません。私のために頑張って働く両親は、幼い頃からかっこいいと思っていました。
近所の子にも、保育園はどう?と聞くと、楽しい!と笑顔で返してくれます。
いくつになっても、初めてお母さんと離れるときは、辛いものだと思います。小さいうちに、広い世界を知れるチャンス!と、プラスに考え、一緒にいれる時間を大切にしています。
(神奈川県相模原市 みーおん 27歳)

娘は一歳から保育園に通っていますが、半年たったいでもまだ泣きますが、ママの顔が見えなくなると、ころっと泣き止んでいます(笑)
保育園にいって泣いてしまうのは、何歳になっても仕方ないと思いあまり気にしていません。むしろ、笑顔でいってきます!ただいま!をしたり、先生と話をしたり園庭解放に遊びにいったりして、保育園との信頼関係を深め、楽しくて安心できる場所であることを時間をかけてこどもに伝えていけばいいと思います。ママが心配して預けるとこどもも不安です。思いっきり笑顔で預けてください(*^^*) 保育園でこどもはいっぱい成長してくれますよ!!
(埼玉県さいたま市 かのちんまま)

初めの頃は、我が子もすごく泣いていました。きっと不安と悲しさでいっぱいだったのだと思います。
慣れるまではいつも送り出す時に優しい口調で、「たくさん遊んでみんなとご飯を食べたらお母さんはちゃんと迎えに来るからね。待っててね」と声をかけました。
子どもも段々と理解して慣れていくものだと思います。
子どもが心配なのと、泣かせてごめんねという気持ちもありましたが、子どもが1つ強く逞しくなることを応援するような気持ちで毎日仕事にでていました。
(愛知県名古屋市 すけっちぶっく 31歳)


この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

1

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

”コンビニ”利用してますか?
抽選で5名様に「QUOカード500円券」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
お子さまの健やかな未来を応援する会
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
保険特集
便利辞典 妊娠・出産準備や冠婚葬祭のマナーで役に立つ便利辞典
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.