ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ファーストページベア
  • ウェルカムベビーのお宿

アドボカシー

健診・かかり方 子どもの病気 教えて!ドクター

(2005年 夏号 掲載)

子どもの代弁者として発言する

「アドボカシー」という言葉をご存知ですか。アドボカシーには代弁者という意味があり、「ある考えや政策を、自分のためにうまく言い出せない人たちのために、別の人が声を大にして外部に訴える行為」と説明されています。わかりやすく言うと、「子どものように弱く発言力がない人たちに代って、一肌ぬいで仕事をする」ということです。単に奉仕をするだけではなく、その人に代わって訴える、という所がボランティアとの違いです。

子どもの事故予防

昨年話題になった回転ドアの事故については、その原因が子どもの不注意でも、親の不注意でもないことが明らかになってきました。回転ドアそのものの発想や構造に原因があったのです。このことは子どもには訴えることができません。誰かが訴えないかぎり、事故が起こっても子どもや親の不注意として片づけられ、次の犠牲者が生まれてしまうのです。回転ドアの問題を訴える行為こそがアドボカシーなのです。

小児科の取り組み

子どもに関係したアドボカシーは小児科医の大切な仕事です。なぜなら子どものことを最もよく知っている職業の一つだからです。米国では若い小児科医に積極的に教育されていますし、私が活動している日本外来小児科学会でも委員会ができ、活動が広まっています。子育ての相談にのってあげる、安全な通園通学路を確保するというような身近なことから、子どもをタバコの煙から守る、有害なテレビ番組から守るというような社会的な活動まで、仕事は山ほどあります。日本外来小児科学会では社会的な活動として、自己負担金のある市町村への麻疹ワクチン完全無料化の働きかけ、警視庁へのチャイルドシート取り締まり強化の要望書提出、厚生労働大臣への子どもの事故予防のための要望書提出などを行ってきました。

アドボカシーの輪を広げよう

アドボカシーは無報酬で自発的に行うものですが、その行動を通して達成感や自己の存在感を味わえます。自己犠牲の上に成り立っているようで、結局は自分にプラスになって返ってくるように感じます。アドボカシーは小児科医だけの仕事ではありません。誰にでもできる、やりがいのある楽しい仕事なのです。小児科医と保護者の方々が手を組んで働き掛けるようになれば、子どもたちのために、より大きな力を発揮できますし、小児科医と保護者の方々の輪がもっと拡がっていくはずです。

 

横田俊一郎先生

平成5年に父の跡を継ぎ小田原に横田小児科医院を開業。ありふれた病気や子どもたちの健全な発育をテーマに、地域に根差した医療活動を行っている。日本外来小児科学会の総務担当理事。日本小児科学会専門医。
HPはhttp://www.ycc.or.jp/

横田俊一郎

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

6

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る



画像の中に見える文字を入力してください。

健診・かかり方の関連ドクターコラム

ココもみてね!ココもみてね!

  • 役立つ“パパ講座”
  • ファーストページベア
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note2011冬号
プレゼント企画

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

カレンダー使ってる?
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ゴー育ブックス1 ミキハウス はじめての育児大百科 0歳児編
  • ゴー育ブックス2 ミキハウス 心を育てるしつけの本 0~3歳児編
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
予防接種スケジュール・ワクチン情報配信携帯サイト『チックン!予防接種』
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.