子どもの鼻みず・鼻づまりのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

鼻みず・鼻づまり

アレルギー 耳鼻咽喉 子どもの病気 教えて!ドクター

(2013年 夏号 掲載)

鼻みずの大事な役割

鼻みず・鼻づまりは、子どもにとってはしばしば見られる症状です。鼻腔は年齢が幼いほど狭いので鼻みずや鼻づまりは、影響が大きく、特に生後3ヵ月までは鼻呼吸が主で、口呼吸はできないか、下手なので、鼻づまりだけでも呼吸困難になることもあります。では、鼻みずは不要のものでしょうか?

鼻みずは鼻の中の粘膜にある杯細胞やその下にある分泌腺で、大人だと1日に1〜1.5ℓつくられているのです。大きな役割は二つあり、一つは鼻腔粘膜を湿らせて、吸気時に通る空気に湿気と暖かさを与えています。もう一つは、異物を洗い落としています。

鼻みずは自然に蒸発するか、残りは知らない内に飲み込んでいます。通常は外鼻口(いわゆる鼻のあな)から外に流れ出てはいないので、病気でないと鼻みずはないと思われるのかもしれませんが大事な働きをしているのです。

鼻みずの量にはリズムがある

鼻みずは、鼻の粘膜の血管が拡張していると多く、血管が収縮していると少なくなります。血管は、自律神経にコントロールされています。自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、副交感神経は血管を拡張させ、交感神経は血管を収縮させる働きがあります。

寒さを感じるなどの刺激は副交感神経を刺激して鼻みずを多くしますし、お風呂に入って温まるなどの刺激は交感神経を刺激して鼻みずを少なくします。ヒトの体のリズムは、起きている日中は交感神経優位で、夜は副交感神経優位なので、時間帯によって鼻みずの出方も違います。

アレルギー性鼻炎と風邪

鼻の粘膜に刺激になるのは、スギ花粉アレルギーに代表されるようなアレルギー性鼻炎、ライノウイルスの感染による鼻咽頭炎のようなウイルスの感染、いわゆる風邪と呼ばれる状態です。鼻みずが多くなることで、アレルギーの原因物質や病原体が更に入ることを拒み、流し出す効果が強化されているとも考えられます。

治療方法は

治療方法は①物理的に鼻みずを除去する、②薬物を用いて減らすかです。鼻みずを除去するのは、市販の吸引器を用いて吸い取る、食塩水を点鼻して流すことがホームケアではできます。私は後者をお勧めしています。

薬物を用いる場合は、副交感神経をブロックするか交感神経を刺激すれば理屈の上では鼻みずが減りますが、安全性の面で問題があります。
アレルギーであれば、抗アレルギー薬の全身または局所投与で原因を抑えることができます。ウイルス感染ではインフルエンザの場合以外には抗ウイルス薬はなく、原因療法がありません。
抗ヒスタミン薬が抗コリン作用を持っていて鼻みずを減らすとして、対症療法に用いる医師がいますが、痙攣を起こしやすくする、学習能力を低下させる、認知能の発達を妨げるなどの副作用があり、幼小児にはお勧めできません。

鼻みずが色づくのは、局所でつくられる物質で白血球が集められるためで細菌感染ではありませんから抗菌薬は無効、または有害です。
鼻みず・鼻づまりの程度により、安全性を優先した治療を選びましょう。

 

原朋邦先生

はらこどもクリニック院長。昭和39年熊本大学医学部卒業、同大学院研究科修了。熊本大学付属病院小児科、国立西埼玉中央病院小児科医長などを経て、埼玉県所沢市で開業して22年。外来小児科学会理事、同学会会長や埼玉県医師会裁定委員なども務めた。子どもをトータルにみることをモットーにしている。

原朋邦

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

8

2

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

耳鼻咽喉の関連ドクターコラム

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

”コンビニ”利用してますか?
抽選で5名様に「QUOカード500円券」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.