花粉症のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どもや家族の花粉症対策

アレルギー 子どもの病気 教えて!ドクター

(2017年 特別編集号 掲載)

~春先からの花粉症対策~
花粉症とは、アレルギー性鼻炎(鼻粘膜のⅠ型アレルギー疾患で、くしゃみ、鼻汁、鼻閉を3主徴とする)のうち、スギ、カモガヤ、ブタクサなどの花粉抗原によるものをいいます。日本気象協会による2017年春の花粉(シラカンバ・スギ・ヒノキ)飛散予測は、関東地方は前シーズンよりやや少なく、北海道、東北地方では少ない見込みですが、夏の猛暑の影響で、近畿地方・四国地方・九州地方で前シーズンの2倍以上の飛散数となる見込みです。

花粉症はどうしておこる?花粉症の診断はどうするの?

花粉症はⅠ型アレルギーなので、しばしばアレルギー素因(遺伝性にアレルギー疾患を起こしやすい体質)を持っており、家族内にアレルギー疾患の人がいる場合、より花粉症を発症しやすいといえます。花粉症は、このような生まれ持ったアレルギー素因に、大気汚染やストレス、花粉飛散量などのさまざまな環境的因子が加わって発症します。
診断は、問診(症状が発生しやすい時期、家族歴など)、視診(鼻の中の状態を見る)、鼻汁検査(鼻汁の中の好酸球を証明する)、血液検査(花粉に対する特異的ⅠgE抗体価)などを組み合わせて行います。

子どもの花粉症が増えている!?

花粉症は増加傾向であり、有病率は10年前の16%から27%と、約1.5倍に増えています。また10年前は子どもの花粉症はめったにありませんでしたが、最近は低年齢化し、5歳から9歳の子どもの5人に1人が花粉症といわれています。この原因としては、戦後全国で行われた大規模なスギの植林、大気汚染、温暖化、感染症が減ったことによりアレルギー素因をもつ子どもが増えたこと、などが関係しているといわれていますが、はっきりとは分かっていません。

花粉症の対策

花粉症は、いったん発症すると自然には治りにくく、またひとりひとり原因の花粉や症状も違います。自分でできる対策をしっかりと行いながら、医師と二人三脚で、最適な治療法を選択しましょう。

抗原の除去と回避:

鼻や目に入る花粉の量を減らすことは、基本中の基本です。どのような治療を選択しても、必ず自身で行わなくてはいけません。具体的には、花粉情報に注意し、花粉の多い時間帯の外出を控えたり、外出する時にはマスクやメガネを使用します。表面がけばだった上着は避け、帰宅後は、上着や髪を払い、顔を洗い、鼻をかみます。また花粉の多い日には窓や戸を閉め、洗濯物やふとんを外に干さないようにします。

薬物療法:

内服薬、点眼薬、点鼻薬を、症状の種類や強さに合わせて組み合わせて使います。くしゃみ・鼻水と、鼻づまりでは効く薬が違ってきますので、医師と相談しながら、最も適切な治療薬の組み合わせを探します。

アレルゲン免疫療法:

原因となっている抗原を、少しずつ量を増やしながら体内に入れて、抗原に対する反応を弱めていく方法です。2〜3年かかりますが、治療の中で唯一アレルギーを治してしまう可能性があり、約70%の人に有効といわれています。近年、抗原を口の中(舌下)に入れる舌下免疫療法が、簡単で安全な方法として国内でも承認されています(適応は12歳以上)。

手術療法:

薬物療法が効かない重症の鼻づまりに対し、鼻の粘膜を切除したり、レーザーで焼いたりする治療が行われます。

[画像の拡大]

 

八木由奈先生

平成5年兵庫医科大学卒。八尾市にて夫婦で小児科を開業。日本小児科学会専門医。日本アレルギー学会専門医。大阪小児科医会理事。大阪小児科医会感染症サーベイランス委員として、大阪府の感染症発生動向調査事業を担当。実生活では二児の母。

八木由奈

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

アレルギーの関連ドクターコラム

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

元気をもらえた子どもの言葉
抽選で10名様に、ミキハウスの「クリスタルラインストーン付きフォトアルバム(ポケット式)」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
マザーズセレクション大賞 &ベストマザー賞
ミキハウス子育て総研が発行している子育て情報誌「Happy-Note」の特別号では、ママたちの投票によって選ばれた「マザーズセレクション大賞」の受賞商品を紹介しています。今回は、ハッピー・ノート ドットコムをご利用いただいているママたちがオススメしたい商品への投票をお願いします。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.