ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
教えて!ドクター とは
専門医や開業医など頼れるドクターが、子育て応援情報誌「Happy-Note」に特別寄稿してくださったコラムを、随時ご紹介しています。子どもの病気、予防接種、ママの病気・健康に関する、わかりやすくて役立つメッセージ。バックナンバーも一挙公開!

教えてドクター 記事一覧

ママの病気・健康 > 痔・便秘
ママの痔と大腸ポリープ
"赤い血は痔で茶色の血は癌!?" 下血の原因は何?大腸ポリープとは?大きな大腸ポリープがあって手術が必要?腹腔鏡下手術とは?ママの痔と大腸ポリープについて大腸肛門科開業医:宗村由紀先生がわかりやすく解説しています。
宗村由紀 宗村由紀先生
子どもの病気 > 目
幼児期が大切、子どもの視力の発達
小さい子の視力測定!視力の悪い子が増えている?斜視に気づいたらすぐに受診!子どもの視力の発達について日本眼科学会認定専門医:中尾秀樹先生がわかりやすく解説しています。
中尾秀樹 中尾秀樹先生
予防接種 > おたふく
おたふく風邪(ムンプス)
おたふく風邪(ムンプス)とは、耳の下や顎の下などの唾液腺が腫れて痛がる病気です。唯一の予防法はおたふく風邪ワクチンの接種です。おたふく風邪(ムンプス)の症状、感染したら、予防接種など日本小児科学会専門医:能登信孝がわかりやすく解説しています。
能登信孝 能登信孝先生
予防接種 > インフルエンザ
インフルエンザ対策と予防接種
乳幼児のインフルエンザ対策も「ウイルスを入れない、入ったら追い出す」という感染防御が第一です。乳幼児のインフルエンザの症状、治療、対策、予防接種について日本小児科学会専門医:横山俊之先生がわかりやすく解説しています。
横山俊之 横山俊之先生
子どもの病気 > 健診・かかり方
上手な医者へのかかり方(耳鼻科編)
子どもは口呼吸が下手、子どもは中耳炎になりやすい、病院にかかる時の注意など。上手な医者へのかかり方(耳鼻科編)について耳鼻咽喉科の開業医:柴田修宏先生がわかりやすく解説しています。
柴田修宏 柴田修宏先生
子どもの病気 > 皮ふ・スキンケア
0歳から始めるスキンケア
皮脂は、生後2カ月を過ぎた頃から出なくなってしまいます。皮脂の分泌が少なく、皮膚が未熟な赤ちゃん、洗浄&保湿は赤ちゃんこそ必要。保湿のためのベビーマッサージには、スキンケア目的以外にもメリットがたくさん。0歳から始めるスキンケアについて皮膚科開業医:佐々木りか子先生がわかりやすく解説しています。
佐々木りか子 佐々木りか子先生
子どもの病気 > 健診・かかり方
上手な医者へのかかり方(皮膚科編)
皮膚科は知識と経験が全て。病名や疑い病名、治療・経過や疾患の説明ができる。診断がつかない時に薬を出さない。皮疹をきちんと診る。しっかり生検。外用剤は①塗布する場所②塗る回数③使用期間の指示がある。こんな先生なら大丈夫。上手な医者へのかかり方(皮膚科編)について日本皮膚科学会認定皮膚科専門医:二村省三先生がわかりやすく解説しています。
二村省三 二村省三先生
子どもの病気 > 皮ふ・スキンケア
お子さまの時からはじめる、しっかりUV対策
日焼けは健康のあかし、日に当たると風邪をひかないというのは昔のこと。 紫外線(UV)はお子さまにとっても大敵なのをご存じですか? そこで陽射しがどんどん強くなる季節に向けて、紫外線とその影響を長年研究されている市橋正光先生にUV対策について教えていただきました。
市橋正光 市橋正光先生
子どもの病気 > 健診・かかり方
子どもに優しい漢方治療
小児は大人と比べて体温が高く活動性も高いのが普通です。これは病気に対する反応が強いことを意味し、そのため容易に高い熱を出し、また治りやすいのです。漢方は本来の防衛反応を最大限に引き出すように作られ、その人の状態や体質に合わせて薬を選ぶことができます。子どもに優しい漢方治療について日本東洋医学会専門医:新井勝先生がわかりやすく解説しています。
新井勝 新井勝先生
子どもの病気 > 健診・かかり方
アドボカシー
アドボカシーには代弁者という意味があり、「ある考えや政策を、自分のためにうまく言い出せない人たちのために、別の人が声を大にして外部に訴える行為」と説明されています。アドボカシーは小児科医の大切な仕事です。なぜなら子どものことを最もよく知っている職業の一つだからです。アドボカシーについて日本小児科学会専門医:について横田俊一郎先生がわかりやすく解説しています。
横田俊一郎 横田俊一郎先生
ママの病気・健康 > 痔・便秘
妊娠中、産後の痔
妊娠すると体内の女性ホルモンの量が増加し便秘の原因となります。さらに妊娠後期になると子宮が大きくなり、おなかの中で肛門から心臓に血液を返すための血管を圧迫し骨盤内のうっ血をもたらします。妊娠中、産後の痔について大腸肛門科医:宗村由紀先生がわかりやすく解説しています。
宗村由紀 宗村由紀先生
子どもの病気 > 耳鼻咽喉
中耳炎
風邪から中耳炎を併発することは多い。 でも風邪の症状と似ているので見逃さないよう気をつけて!中耳炎ってどんな病気なの?どんな症状があるの?中耳炎について耳鼻咽喉科医:柴田修宏先生がわかりやすく解説しています。
柴田修宏 柴田修宏先生
子どもの病気 > 歯
「食べたらみがく」健康な歯のための正しいオーラルケア
乳幼児・子どもの歯みがき・オーラルケアについて、習慣づけの方法や正しいケア方法から間食の取り方まで、花王ヘルスケア第2研究所・主任歯科医:高柳篤史先生がわかりやすく解説しています。
高柳篤史 高柳篤史先生
子どもの病気 > 健診・かかり方
上手な医者へのかかり方
医者を選ぶポイントは次の4つ。1)相談しやすく信頼できる 2)患者さんの話を良く聞いてくれる 3)病気のことや治療方針などをきちんとわかりやすく説明してくれる 4)入院や他科の受診が必要になったときに連携できる紹介先を持っている。上手な医者へのかかり方について日本小児科学会認定医:澤田雅子先生がわかりやすく解説します。
澤田雅子 澤田雅子先生
ママの病気・健康 > 花粉症
花粉症にかかったらどうする?
花粉症は統計的に見ると、比較的、女性のほうが多く発症しています。気になるのは妊娠時の発症。妊娠中に花粉症にかかった場合はどうすればよいかについて婦人科、アレルギー科の開業医:木澤功先生がわかりやすく解説しています。
木澤功 木澤功先生
予防接種 > 麻疹・風疹(MR)
子どもの麻疹(はしか)
日本の子どもたちの健康は世界の中でもトップレベルですが、感染症の領域で大きな問題が一つ残っています。それは麻疹(はしか)の流行がなくならないということです。子どもの麻疹(はしか)・ワクチンについて小児科開業医:横田俊一郎先生がわかりやすく解説しています。
横田俊一郎 横田俊一郎先生
子どもの病気 > 皮ふ・スキンケア
乾燥、しっしん
冬になると、どうして肌がかゆくなるの?顔やからだに湿疹ができるのはなぜ?ママができる「お家での予防と対処」!子どもの乾燥、しっしんについて皮膚科・形成外科医:斉藤浩先生がわかりやすく解説しています。
斉藤浩 斉藤浩先生
予防接種 > インフルエンザ
どうしてインフルエンザにかかるの?
冬になると、インフルエンザが流行し、心配なママも多いはず。 発熱や嘔吐、下痢など症状はさまざま。 でも、どうしてインフルエンザにかかるの? お家でもできる予防法って、どんなこと? お子さまを守るママにお役立ちの情報、紹介します。
横山俊之 横山俊之先生
< 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

”コンビニ”利用してますか?
抽選で5名様に「QUOカード500円券」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.