子ども、赤ちゃんのインフルエンザのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
子どもたちの健康のために今の時期注意すべきこと、流行っている病気などについて、タイムリーな情報を小児科の先生からお届けします。
藤岡 雅司
藤岡 雅司先生のプロフィール
ふじおか小児科(大阪府富田林市)院長。大阪市立大学医学部卒。大阪小児科医会、富田林医師会などで予防接種を担当。子どもたちのアドボカシー活動の一環として予防接種制度の充実を目指している。

2012年2月の感染症情報

ドクターニュース

2012年2月12日

A香港型インフルエンザの大流行もそろそろピーク?

マスコミでも報道されているように、A香港型インフルエンザは5年ぶりの大流行となりました。でも、そろそろピークを越えそうな気配です。

 
地域によって状況は異なりますが、私の診療所では、高熱でぐったりして来院する小中学生は減ってきています。発熱や頭痛、けん怠感などの症状からインフルエンザを疑って迅速検査を実施しても、陽性にならないことが増えてきました。
 
学校や園のクラス内でのA香港型インフルエンザの流行は、通常1~2週間で収まっていきます。地域内でも1か月程度で終息に向かいます。これは、インフルエンザの潜伏期が1~3日程度と短く、A香港型の感染力がとても強いため。患者さんが短期間に集中するというのが、A香港型インフルエンザ流行の一般的なパターンです。外来の大混雑という状態は何か月も続くわけではありません。

報道される内容で不安にならないように

インフルエンザの流行がピークとなる頃に多いのが、高齢者の多い療養施設や病院などで「院内感染で患者が死亡」という報道です。たしかにインフルエンザが流行すると、高齢の方々では肺炎のような合併症を起こして死亡する人が増えてしまいます。糖尿病や心臓病などの基礎疾患がある場合はなおさらです。

 

 しかし、健康な小児にとってインフルエンザはそれほど恐ろしい病気ではありません。「インフルエンザ脳症」という合併症はありますが、非常にまれなものです。当たり前ですが、インフルエンザにかかったからといって、みんなが脳症になるわけではありません。

 

 「インフルエンザかなと思ったら、すぐに医療機関を受診しましょう」というコメントが紹介されることもありますが、いたずらに不安をあおるような報道はやめてほしいといつも思っています。

B型インフルエンザが少しずつ増えています

一方、迅速検査でB型が陽性となり、B型インフルエンザと診断されるお子さんの割合が少しずつ増えてきています。 「インフルエンザ」と同じ名前がついていますが、B型とA香港型はまったく別の病気です。

 

B型、A香港型で、症状がどのくらい重くなるかはお子さん一人ひとりで違いますが、一般的にはB型インフルエンザの方が症状は軽いという印象を持っています。

 

 B型とA香港型が同じクラス内で同時に流行するということも起こります。同じ日にきょうだいが熱を出してきても、一人はA香港型、一人はB型ということもあります。今シーズンで、すでにA香港型とB型の両方にかかってしまったというお子さんもいます。

 

 

A香港型インフルエンザのように広い地域で一気に流行することは、B型インフルエンザは一般的には少ないと考えられています。逆に言えば、地域内で長期間にわたって流行が続くことも少なくないということです。

インフルエンザワクチンは効かないの?

せっかくインフルエンザワクチンを接種したのに、インフルエンザにかかってしまったという人も少なくないと思います。今年のワクチンは効かなかったのでしょうか? 

 

インフルエンザワクチンには、A香港型、B型、そして「新型インフルエンザ」と呼ばれていたA型の3種類を予防するようなワクチン株の組み合わせになっています。1本に3種類のワクチンが入っているのです。

 

 しかし、国内で使われている注射のワクチンは、ウイルスが体に入ってくる鼻やのどの粘膜で効きめを発揮するワクチンではありません。「インフルエンザにかかることを確実に予防する」ワクチンではなく、「インフルエンザが重症になることを防ぐ」ワクチンです。

 

 

でも、ワクチンのおかげでインフルエンザが軽くすんだかどうかを評価することは簡単なことではありません。一番簡単な方法は、インフルエンザと診断されても、タミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬を使用せずに様子をみることです。

抗インフルエンザ薬を使わないと治らないの?

抗インフルエンザ薬を使用しなければ治らないのでは?と心配される保護者もおられます。でも、ふだん健康なお子さんではそんなことはありません。

 

たしかに抗インフルエンザ薬にはウイルスを増えにくくする働きがありますので、症状を軽くすることが期待できます。でも、タミフルが国内で使用できるようになったのは2001年からです。10年ほど前までは、インフルエンザにかかったら、家の中でおとなしく遊んで、好きなものを食べたり飲んだりするだけだったんですね。

 

保護者の方々の中には、抗インフルエンザ薬を使わないで様子をみたいとおっしゃる方も少なくありません。インフルエンザですから、5日間くらいはだらだらと熱が続きますが、子どもは意外と機嫌もよく、合併症も起こさず治ってしまいます。

 

抗インフルエンザ薬が使えるようになって10年経ちましたが、特別な病気のないお子さんの(「新型」ではない)インフルエンザに対する治療方針について、国民全体で改めて考えてみる時期ではないかと感じています。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

28

6

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

ココもみてね! ドクターニュース

  • ウェルカムベビーの結婚式場”
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note2011冬号

注目トピックス

プレゼント企画

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

映画やビデオ・DVDを見ていますか?
抽選で5名様にミキハウスの『ミニグラスセット』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
予防接種スケジュール・ワクチン情報配信携帯サイト『チックン!予防接種』
ハグ育ラボ
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス オフィシャルページへ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.