感染症のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
子どもたちの健康のために今の時期注意すべきこと、流行っている病気などについて、タイムリーな情報を小児科の先生からお届けします。
八木 由奈
八木 由奈先生のプロフィール
平成5年兵庫医科大学卒。八尾市にて夫婦で小児科を開業。日本小児科学会専門医。日本アレルギー学会専門医。大阪小児科医会理事。大阪小児科医会感染症サーベイランス委員として、大阪府の感染症発生動向調査事業を担当。実生活では二児の母。

感染症は端境期です(2014年11月6日更新)

ドクターニュース

2014年11月 6日

感染症は端境期です

あざやかな紅葉に、秋の深まりを感じる11月になりました。この時期は、日中は過ごしやすいですが、思いがけず朝晩の冷え込みが強い時もあるなど、衣服の温度調整が意外と難しい時期でもあります。また秋は、おいしい果物が豊富に出回る季節でもあります。旬の果物をしっかり食べて、かぜを予防しましょう。

 

さて、第43週(10/20~10/26)の全国約3,000の小児科定点医療機関からの報告1)によると、いわゆる冬型感染症の代表である感染性胃腸炎は、前週比22%増となりました。定点あたり報告数3.6と、まだ流行の兆しは見られていません。溶連菌感染症は38.3%増、定点あたり1.7となりました。都道府県別では北海道3.1、山口件3.3、岩手県2.9と続きます。ピーク時に比べればそれほど高くないのですが、この時期としては過去10年間で最高となっています。例年、溶連菌感染症はこれから初冬にかけて増加傾向となりますので、今後の流行状況にご注意ください。

 

インフルエンザは前週比69%増と増加が続いていますが、定点あたり0.07で、流行の兆しとされる1を下回っており、まだ流行開始の兆しは見られていません。本格的な流行期に間に合うように、11月中にインフルエンザワクチン(生後6か月から12歳までは2回、13歳以上は1回)を済ませておきましょう。発症予防効果はお子さんの場合30%~50%程度ですが、重症化予防効果が期待されます。

お知らせ

1)国立感染症研究所感染症発生動向調査 週報(IDWR)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/idwr.html

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

3

2

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

ココもみてね! ドクターニュース

  • ウェルカムベビーの結婚式場”
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note2011冬号

注目トピックス

プレゼント企画

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

美容院にいってますか?
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
【特別編】せっこうボードの記事 読後アンケート
抽選で30名様に『図書カード1000円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
予防接種スケジュール・ワクチン情報配信携帯サイト『チックン!予防接種』
ハグ育ラボ
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス オフィシャルページへ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.