学資保険のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

お子さまの将来を守る「学資保険」を考える

FP福耳先生の家計見直し

(2013年 春号 掲載)

お子さまが生まれたママ・パパがまず最初に考える「教育資金の準備法」のもっともポピュラーなものが、この「学資保険」です。ポピュラーな保険だからこそしっかり知っておきましょう。

どうして学資保険が人気なの?

ある調査では0歳児を持つ親の約70%以上が学資保険を検討するそうです。では、学資保険がなぜそんなに人気なのでしょうか?
実は「ママ・パパの親、つまりじ〜じ・ば〜ばが娘、息子であるママ・パパの学資保険に加入していたから」です。自分の親が自分に対してしてくれていたことを、自分が自分の子どもにしてあげる…ということなのです。

その「学資保険」、保険会社によっては「子ども保険」や「学費積立保険プラン」などいろいろな名前がありますが、要は「お金が貯まる保険」です。
貯まったお金が支払われるタイミングが、「10年」とか「60歳」とかではなく、お子さまの進学する年齢に合わせて設定されています。ただ、それぞれの保険で、お金の貯まり方に差があります。大まかに分けて「支払った合計金額が受け取れる金額より少ない」と「支払った合計金額が受け取れる金額より多い」の2つです。つまり、払った額よりも減ってしまうもの【タイプ1】と、増えて返ってくるもの【タイプ2】があるわけです。違いの原因は、商品の内容にあります。

保障機能を選ぶか
貯蓄性を選ぶか

【タイプ1】は、貯蓄性だけではなく、保障の機能がついている場合が多数見受けられます。
たとえば、「お子さまの入院の保障」や「契約者(=ママやパパ)が亡くなったときは育英費用が保険金として支払われる」などです。もし、そのような保障機能も兼ねておきたいのであれば【タイプ1】が有効な選択肢となります。

一方、【タイプ2】は、完全に貯蓄性重視のタイプです。そのため、【タイプ1】のような保障の機能はかなり少なく絞られています。【タイプ2】の貯蓄性重視の学資保険は、「返戻率」がキーワードになってきます。「払い込んだ総支払い額に対してどのくらい増えて受け取れるか」の割合(%)です。
ただし、「返戻率の高い学資保険が良い」とは必ずしも言い切れません。お子さまの周りの状況を考え、何を優先するべきか考えることが必要になります。

[画像の拡大]

ひとつの保険を考えることで、他の保険を見直すきっかけになることがあります。
「学資保険を考える」=「子どもが生まれた」=「親としての責任が大きくなる」=「生命保険を考える時期」ということで、学資保険だけでなく生命保険の見直しを考えることもあるかもしれません。保険は息の長い商品であるだけに、保険会社の経営健全性や、セールスマン・セールスウーマン、保険ショップスタッフの説明などいろいろな保険を知る機会があるなかで、保障の内容や各社の保険の特徴をしっかり調べて考えることが大切です。

また知識があることで、ママ・パパが自分自身で保険を見直すいいタイミングだとわかることもあります。家計を含め家庭の状況やお子さまの将来のことを考えて、ママ・パパでゆっくり話し合ってみてはいかがでしょうか?

学資保険をきっかけに保険に興味を持って、さまざまな保険の特徴を知ることで家族に合った保険選びをしてください。

 

福耳先生

FP(ファイナンシャル・プランナー)。2級ファイナンシャル技能士(国家資格)。日本国内だけではなく香港・スイスの金融事情にも通じる国際派FP。「あなたが人生・いのちの主人公、お金は使うためのもの」がモットー。やさしい言葉でお金の本質を伝えます!

福耳先生

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

FP福耳先生の家計見直し 記事一覧

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

映画やビデオ・DVDを見ていますか?
抽選で5名様にミキハウスの『ミニグラスセット』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.