ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

なぜウソをつくの?

ママのためのぷち心理学

(2010年 春号 掲載)

「あら?ここに置いてあったお菓子どうしたの?」と聞くママに「お兄ちゃんが食べた」と答える3歳児。「ウソでしょ!お兄ちゃん、まだ学校から帰ってないんだから」と、すぐにウソがばれてしまいます。子どもは、なぜこんな単純なウソをつくのでしょう? そもそもウソとわかって言っているのでしょうか?

心理学者のストリチャーツたちは、小さな子どもにもわかる人形劇を使って人形のセリフを聞かせ、子どもたちがどんな場合に「人形がウソを言った」と判断するのかを調べました。すると、3歳児には、そもそもウソかどうかの判断が難しく、ウソと本当の区別がつきにくいようでした。

個人差はありますが、幼児にはまだ、現実と非現実の区別ができないことが多いのです。そのため、自分の想像や願望を本当にあったことだと思い違いをすることがあります(おもちゃを勝手にとって来たのに、「○○ちゃんがくれたの」など)。また、記憶力が未熟なために記憶違い(本当は明日なのに「○○ちゃんが今日遊べるって言った」など)も少なくありません。さらに、3歳頃からの自我の芽ばえにともない、なんでも否定したくなること(「眠いでしょ?」に対して「眠くない!」など)もあるようです。

一方、年齢が上がるにつれて、意図的なウソもつくようになります。たとえば、「オシッコないの?」と何度もママに聞かれたのに、遊びを中断したくなくて「ない!」と言い張っているうちにお漏らしをしてしまいます。でも、叱られたくないので、今度はお漏らしを隠そうとウソをついたりします。叱られることを恐れて子どもがウソをつく場合は、強く責めないことが大切です。そうでないと、知恵がつくにしたがい、子どもは次第に巧妙なウソをつくようになってしまうかもしれません。

自分の失敗を隠そうとするウソの場合には、ウソの背景にある子どもの気持ちを受けとめたうえで、やさしく注意したいものです。たとえば、「ママに叱られると思ったのね。でも、ウソはだめ。正直に言ったら、ママは叱らないよ」という具合に。

 

三宮真智子先生

大阪大学大学院人間科学研究科 教授。学術博士。“どうすれば本当に賢くなれるか”というテーマで、コミュニケーションと思考の関連についての研究に取り組んでいる。考える心を育てる一般向けの著書として「考える心のしくみ~カナリア学園の物語~」(北大路書房 2002)がある。専門は認知心理学。

三宮真智子

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

17

2

1

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

ママのためのぷち心理学 記事一覧

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

”コンビニ”利用してますか?
抽選で5名様に「QUOカード500円券」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.