心を育てるコミュニケーションのヒントことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どもに「なぜ?」と考える習慣をつけるには

ママのためのぷち心理学

(2015年 冬号 掲載)

小学校に通い始める前の幼児であっても、出来事には原因があるということを理解することができます。「犬がワンワンと吠えているのは、よその犬が近づいて来たから」「子ネコがミャーミャーと鳴いているのは、おなかがすいたから」

原因がわかれば、どうすればよいのかを見つけやすくなります。私たちが生活する上で、「なぜ、そうなったのか」と、原因を考えることは、とても大切なことです。原因を考える姿勢は、話し方に表れます。「なぜかと言うと」や「〜だから」といった表現をよく使う話し方は、原因を重視した話し方と言えますが、単に出来事のみを起こった順序で述べる話し方は、そうではありません。心理学者の内田伸子先生は、日本の子どもたちの話し方が、英語やドイツ語、フランス語を母語とする子どもたちと違っていることを見出しました。男の子と犬が眠っている間に、捕まえたカエルが逃げ出すという場面をどう話すかを比べてみると、英独仏語圏の子どもたちが「カエルがこっそり逃げ出した。どうしてかと 言うと、男の子と犬が眠りこけていて、音に気づかなかったからだ」という話し方をするのに対して、日本の子どもたちは、「男の子と犬がベッドで眠っていた。そしてカエルがこっそり逃げ出した」と話すことが多かったとのことで す。内田先生はこの結果から、日本の子どもたちは「因果律」(原因と結果)よりも「時系列」(起こった順序)で出来事をとらえて説明する傾向があるとしています。「おもちゃが壊れてしまったのは、お友だちと取り合いっこして引っ 張ったから」などなど。

3歳まではなかなか難しいとは思いますが、4〜5歳くらいからは少しずつ、子どもたちにも、身近な出来事の原因を考える習慣をつけてあげたいものです。そのためには、ママをはじめとする、まわりの大人たちの言葉かけが重要な役割を果たします。たとえば、「なぜかと言うと」や「〜だから」といった表現をママたちが意識的に使ったり、「どうしてそうなったのかな?」と子どもに問いかけてあげるなど。日頃のちょっとした心がけで、子どもたちに「なぜ?」と考えるきっかけを作ってあげることができるのではないでしょうか。

 

三宮真智子先生

大阪大学大学院人間科学研究科 教授。学術博士。“どうすれば本当に賢くなれるか”というテーマで、コミュニケーションと思考の関連についての研究に取り組んでいる。考える心を育てる一般向けの著書として「考える心のしくみ~カナリア学園の物語~」(北大路書房 2002)がある。専門は認知心理学。

三宮真智子

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

ママのためのぷち心理学 記事一覧

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

映画やビデオ・DVDを見ていますか?
抽選で5名様にミキハウスの『ミニグラスセット』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.