子どもの病気のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ファーストページベア
  • ウェルカムベビーのお宿

溶連菌感染症で服薬、尿検査をしたら蛋白が出ていて心配(4歳)

感染症 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

溶連菌感染症で服薬、尿検査をしたら蛋白が出ていて心配(4歳)

1週間ぐらい鼻水が続いて、2日前から熱が38度ぐらい出て、受診したところ「容連菌感染症」の検査で陽性。抗生物質&風邪薬を飲んで熱はさがりましたが、家で尿検査をしたところ、蛋白が出ていて心配です。
容連菌と関係あるんでしょうか?風邪や熱が出た後には、少しの蛋白が出たりするものですか?小児科では2週間後に再検査をするみたいです。
蛋白が出ている間は、自宅でおとなしくしていたほうがよいのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

溶連菌感染症は、子供のポピュラーな疾患で、診断がつき、適切な治療をすれば、今日ではそれほど心配はいりません。
すでに、抗生物質も服用し、2週間後に受診して再度検査をする事になっているということは、適切に対応されているのだと思います。

この病気は、稀に腎疾患の原因になりますから、小児科でも尿検査を受けると思います。
今回、家でチェックされたのは、その小児科の指示で、ですか?1回陽性だっただけでしたら、早朝安静時に再度検査し、あきらかに陽性なら、2週間待たず、再度受診してみてください。

医師 小児科:桑折 紀昭
2002年11月 6日

溶連菌感染症ですが、正確にはA群ベータ溶血性連鎖球菌という細菌です。A群溶連菌感染症は、急性糸球体腎炎またはリウマチ熱という重い合併症を生じる可能性があります。
合併症を防ぐため、ペニシリン系などの抗生剤を10-14日間しっかり服用して除菌することが重要です。発熱などの症状が消失しても除菌されているとは言えませんので、必ず、抗生剤を10-14日間しっかり服用してください。

尿蛋白は、発熱時に陽性になることはあります。しかし、急性糸球体腎炎を発症した可能性もありますので、早めに再診しましょう。
安静が望ましいと思いますが、具体的な指示は、担当医に直接確認してください。

医師 内科:宮下 和也
2002年11月 6日

アドバイザー紹介

桑折 紀昭
医師 小児科

1983年より愛媛県宇和島市で小児科クリニックを開業、99年から病院ヘ行くほどではないけれど心配なこと、病院で聞きにくいこと、聞けなかったこと、聞いたけれどよくわからなかったこと、などの質問に答えるHPを開設、2001年からは病児保育施設にも力を注いでいる。

宮下 和也
医師 内科

内科医。内分泌代謝・アレルギー・感染症が専門。親子の健康を守るため親切・丁寧な診療を心がけている。インターネット医科大学教授(甲状腺科および感染症内科)を併任。

ハッピー・ノート イチ押し情報

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • 役立つ“パパ講座”
  • ファーストページベア
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note2011冬号

ハッピー・ノート イチ押し情報

プレゼント企画

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

赤ちゃん連れで電車やバスに乗っていますか?
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
予防接種スケジュール・ワクチン情報配信携帯サイト『チックン!予防接種』
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.