子連れでおでかけのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

3歳6ヶ月と8ヶ月の子を連れ、ディズニーランドに行く予定です

旅行 おでかけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

3歳6ヶ月と8ヶ月の子を連れ、ディズニーランドに行く予定です

今度、初ディズニーランドに行くことになりました。ただ、3歳6ヶ月の娘は歩くことがあまり好きではありません。
ディズニーランドは広いので、どうしたらいいものかと思っています。あと、8ヶ月の息子も一緒に行くので、どのような点に注意をしたら良いのか教えてください。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

我が家は、ディズニーランドまで車で40分という恵まれた立地に住んでいるにも関わらず、下の息子が1歳半の時にディズニーランドへ、去年ディズニーシーに行ったのが最後で、2年に1度ペース、なかなか頻繁に行けません。やはりかなり混んでいるので、チビを連れていくとなると、かなりの覚悟と時期の選択が必要になりますよね。

ここで、私が思ったディズニーランドに小さい子を連れていくための注意事項をいくつか書いていこうと思いますので、どうぞご参考にされて下さいね。

必ず前売り券を買ってから行く。(現地で買うのはかなり並びます)
ベビーカーを一つは持っていく。(もちろん行ってからレンタルという手もありますが、二人必要になった場合に一つ借りるのがいいと思います)
暑さ、寒さ、日除け対策をしていく。(時間によっては、パーカーや膝かけ、日傘などが必要です)
迷子対策(名札などを見えにくい所につけておく。子供に予め「迷子の時は」を話しておく)
飲み物、アメ、小さいお菓子などをしのばせる。(原則、飲食物の持ち込み禁止ですが、小さい子は待ったが聞かないので、最低限の用意を)
トイレ対策(早めに連れていく、場所をチェックしておく)
○乗り物は欲張らず、ショーやパレードで小さい子は十分喜ぶので、予め時間をチェック
翌日は休息日になるようにスケジュール調整
などでしょうか。

私が子連れでたいへんだなと思ったのは、上の子と下の子の乗れるアトラクションなどが違い、その時間調整です。
夫が上を連れ乗り物に出かけてる間(並ぶのも含め1時間~)、下と見られるもの、乗れるものを探す、下が寝てしまったら落ち着ける場所を探す(座る場所を確保するだけでも大変!)・・などなど。

我が家が最初に行ったのが、下が1歳半くらいの頃だったので、歩き回れる場所を探すだけでも(どこも混んでいるので)大変でした。その点、8か月というとまだベビーカーでずっといてくれる時期でしょうか?
以上思いついたことを書いてみました。

きっとインターネットで探せば、ディズニーランドの達人の裏ワザなど実はたくさん出てくるような気もしますので、時間があったら探してみてください。それではどうぞ楽しんで来て下さいね!

先輩ママ:天ペイママ

普段の生活、風景と違うので興味をもって歩いてくれることと思いますよ。
でも、張り切りすぎて早いうちに疲れてしまうこともありますので適度に乗り物やレストランなどを活用して休息を取るといいかと思います。

これからの時期、暑くなってきますので水分補給を忘れずに。
でも、夕方になると海の近くなので風が冷たく感じることもあります。レストランで冷房が効きすぎるところもあるかと思いますので、はおれるものも持っていったほうがよいかと思います。

アトラクションに乗る際には、多少の待ち時間もありますので、飽きないようにお子さまの好きなものを持って行かれるとよいでしょう。
楽しんできてくださいね。お母さまたちが楽しい!って思えてたら、きっとお子さまたちにも楽しさが伝わって楽しい時間になるかと思います。

保育士 幼稚園教諭:saya

アドバイザー紹介

天ペイママ
先輩ママ

9歳と1歳の男の子のママです。8歳違いの二人を育てているため、幼児のHow toを勉強しなおしながら、小学生とはまた違った悩みにぶつかりながら・・・子供の成長を楽しんでいます。出産前、フライトアテンダントとして働き、その後2年間アメリカ在住の経験をしました。子供との海外ロングステイも毎夏の恒例行事としており、大の旅行好きです。一緒にいろんなことを考えていければと思ってます。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

美容院にいってますか?
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
【特別編】せっこうボードの記事 読後アンケート
抽選で30名様に『図書カード1000円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.