授乳のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

おっぱいが大好きで、離乳食を食べさせるのが大変(1歳2ヶ月)

離乳食 授乳・離乳食 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

おっぱいが大好きで、離乳食を食べさせるのが大変(1歳2ヶ月)

娘はおっぱいが大好きで、離乳食をあまり食べません。おっぱいを我慢させ食事を先にあげようと努力していますが、泣いてしまい食べるどころではなくなってしまいます。椅子に座らせると一口二口でぐずりだし、降りるまでぐずっています。いけないと思いつつも栄養面も心配で、遊んでる娘を追いかける状態で食べさせています。
いらないと手で振り払われても、食べさせようと試み、だらだらとご飯の時間を長引かせています。野菜も最近は全く食べなくて、白いご飯しか食べない日がほとんどです。どうしたらいいのでしょうか。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

お子さんはおっぱいが好きで食に対して意欲がもてないのでしょうね。今まではどうでしたか?初期の頃は食べていましたか?それとも最初からそのような状態ですか?
もし、初期や中期の頃は食べていたのであれば、その辺りのドロドロ状態に戻して始めてみてはいかがでしょうか?後期になると固形が増えてきて、食べるのがイヤになるお子さんもいます。

椅子がイヤというわけでもないですか?抱っこして食べさせてあげるとか、保育園では歌をうたったり、オモチャを持たせながら食べる事もありますよ。
とにかく食事が楽しいと思えるのが一番大切だと思います。白いご飯だけでも食べているのであれば大丈夫ですよ!

おやつはいかがですか?好きな物があればそれを食べさせながらご飯を入れてあげてもいいと思います。短い時間で、今日は一口食べられた、今日は二口食べられたと気長に頑張ってみてください。
お母さんも一緒に食べて「おいしいね」と共感しながら食べさせてあげてくださいね。食べさせなきゃとこっちが意気込むと、かえって子どもが食べない時もあります。

保育士:なっちゃん

おっぱい大好きなお子さんなのですね。ママご自身のお食事は、どうされていますか?
離乳食に入るきっかけのひとつに、大人の食べている姿を見て、自分も「食べたい」と思うことがあります。忙しい時期で、ママが食べる時間を惜しんでの毎日かもしれませんが、大人の食事の取り分けなどで、一緒に食事をしてみてはいかがでしょうか。

たとえば、おおげさに「ああ、おいしい!こんなにおいしいもの食べないのかなあ?」などと、パフォーマンスしてみる。
おいかけまわしての食事となると、やはりおっしゃるように、ダラダラ食いになってしまいますから、時間は決めて、食べなければさげる、とした方がいいでしょうね。

栄養士:ゆきモモ

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

”コンビニ”利用してますか?
抽選で5名様に「QUOカード500円券」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.