生活のリズムのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

朝早く起こしても昼寝が15時過ぎになり、結局夜型に戻ってしまう

すいみん 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

朝早く起こしても昼寝が15時過ぎになり、結局夜型に戻ってしまう

2才の娘ですが、就寝時間が遅く夜型になっているので、朝早く起こして昼寝を15時までに済ませたいのですが、朝起こすと機嫌が悪く1日引きずります。
眠いのに昼寝は15時過ぎになってしまい、結局、昼寝が遅いので、どうしても就寝時間は24時過ぎになり、また夜型に戻ってしまいます。どうしたら良いですか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

2才であればいろいろなことができる年ごろかと思いますので、朝ご飯か昼ご飯を食べてから、散歩やこれからならプールなど少し疲れる遊びをしてみる。夜はとにかく寝ても寝なくても、9時には布団に転がり、お話や絵本の読み聞かせなどしてみてはいかがでしょうか。
お昼に運動をいっぱいすると、早く寝るように思います。昼寝がたくさんになってしまうなら、昼寝後に外遊びですかね。

私は仕事をしているので、子供たちは園で昼寝をしていましたが、いっぱい遊ぶのでしょう、帰り5時過ぎにうとうとして、9時には寝ていました。
子どもによって睡眠量はかなりまちまちのようです。あまり眠らなくても平気な子もいるようです。一気に早い時間に寝かせるのも難しいかと思うので、少しずつでもずらしていってはいかがですか。

また、ママはいっぱい仕事があるので子供だけ寝かせて…と思う気持ちはわかるのですが、寝かしつけると一緒に(子供より早く?)寝てしまうもの。
私はよく朝5時前に起きてやりたいことをしてました。涼しくて、省エネ、邪魔が入らず、充実した時間でしたよ。お昼寝も開き直って一緒に寝てしまうといいかも、です。            
         

獣医師:みみ
2011年7月 6日

私も上の娘の時には同じように悩んだ時期がありましたので、お気持ちよくわかります!
どうしても大人の都合でこの時間には寝て、この時間には起きていてほしいと思ってしまいますよね。
私の場合ですが、数日間だけでもと腹をくくり、あまり時間にこだわらず子どもの生活のリズムの様子を観察してみました。

今までの時間の流れの感覚から少しだけ角度を変えて、生活の流れをリセットさせてみることを試したり、スキンシップを取り入れることも効果的でしたよ。
想いを向ける時間や抱きしめてあげる機会をふやしたり、今日も元気でいてくれてありがとう、大好きだよ、と伝えるようにしました。

また寝かしつけのときなど、おでこやおなかに手を当ててあげるだけでも安心するということで、やってみることにしました。すぐに効果があらわれるわけではありませんでしたし、眠りや生活リズムに関係ないようにみえますが、日常の中で行き届かない部分にもよい影響をもたらしてくれたような気がします。
お母さんも大変だと思いますが、無理のないように頑張ってくださいね。
                          

セラピスト:ゆうたん
2011年7月 6日

外遊びはどのようになさっていますか?私は子供たちが小さい頃は、朝の涼しい時間に公園や散歩に連れ出していました。時には、公園で持参したおにぎりを食べたりして。
そうすると、お昼を過ぎるとすぐにお昼寝をしてくれました。うちの場合はよく寝る子だったので、お昼寝をたっぷりしても夜もぐっすりでしたが、お昼寝は早めに起こしてあげると良いかもしれませんね。

とにかく体をよく動かすと、お昼も夜もぐっすり眠ってくれるのではないでしょうか。これからの季節はお水遊びも楽しいですよね。小さなプールにお気に入りのおもちゃを用意してあげると、いつまでも遊んでますよね。
最初は付き合うのは大変かもしれませんが、お昼寝や夜の就寝時間が決まってくると、お母さまも自分の時間が持てるようになりますよ。

お天気が悪いときなどは、新聞紙をビリビリさせたり、それでボールを作ったりして遊ぶとけっこう体力を使いますよ。終わったらゴミ袋にお片づけ。お母さまと競争すると、楽しいですよ。
疲れたら、時にはお母さまも一緒にお昼寝して体を休めてくださいね。

先輩ママ:あやまま
2011年7月 6日

アドバイザー紹介

みみ
専門資格 獣医師

小学生5年生の女の子と1年生の男の子を0歳のころから保育園に預けて、動物病院で獣医師として働き続けています。私自身も周囲の働くママや近隣のママにずいぶん助けてもらいました。誰かに聞いてもらうだけで、楽になることもたくさんあります。そんな力に少しでもなれれば、と思っています。よろしくお願いします。

ゆうたん
専門資格 セラピスト

14歳と11歳の2児の母です。自分の子育てが大変だったことから、子育てアドバイザーの認定を取得して、現在はベビーマッサージセラピストとして活動しています。育児につまづきを感じていらっしゃる方へ、少しでも子育てがスムーズになるきっかけとなるようなアドバイスができるよう心がけています。

あやまま
先輩ママ

おっとり型の10歳とテキパキ型の8歳の女の子2人のママです。私自身も育児真っ最中!!泣いたり笑ったりの忙しい毎日です。「いつもニコニコ元気よく!」をモットーに、サークルや習い事、そして食育にも目を向けて頑張っています。友達作りやしつけ、母乳のことなど気軽にメールしてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

妊娠中に旅行に行きましたか?
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.