ママのストレスのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どもは大切なのに、イライラして叩いたり冷たい態度をとってしまう

ストレス ママ・家事・家計 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

子どもは大切なのに、イライラして叩いたり冷たい態度をとってしまう

2才10ヶ月男児の母です。ゆびしゃぶりで手がよだれまみれになっていたり、悪い事をしていなくても、ごめんね、と頻繁に口にします。私もイライラして頭を叩いてしまうこともあり、冷たい態度をとってしまう事もあります。周りには悩んでいるのが恥ずかしく相談できません。

夜中におっぱいも欲しがり、愛情が足りていないのか、叩いてしまうのは虐待なのか、保育園にも子どもに愛情を注いでいないと思われてないか、なんだか後ろめたい気持ちになってしまうんです。
でも、うまくやめる方法がわかりません。子どもの事は本当に可愛いし大切なのに、こんな悩みを持ってしまった自分に驚いています。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

ママには、とにかく休養・気分転換・リフレッシュが必要なのかな、と思いました。一日のんびりと一人で過ごす時間が持てると良いのですが、できなければ、出来るだけ家事は手抜きをし、お子さまはご主人やご両親に預け、ほんの一時間でも良いので、そのような時間を持ってみてはいかがでしょうか。
ご主人に今の思いを言えれば一番良いのですが、話しても大丈夫な話しやすいお友達でも良いですし、カウンセリングを受けるということも手かもしれません。

「子どもの事は本当に可愛いし、大切なのに、こんな悩みを持ってしまった自分に驚いています。」と言っているくらい、お子さま思いの優しいお母さまなのですね。
でも子育てライフは、常に子どもに優しい心を持ち続けることはできません。お母様だって人間なのです。イライラするときもありますし、怒るときもあります。
そのネガティブな気持ちを継続させると、お子さまの発達に影響を及ぼしかねませんが、叩いたり、冷たい態度をしても、一時的であれば、これまでの母子関係が壊れるといったことはありません。

お母さまの心が安定しますと、お子さまのそういった行動も収まってくると思います。
今は、お母さまにとってお子さまの嫌な面が見えていますが、お子さまには良いところもたくさんあります。優しいところや面白いところ、などなど、お子さまの成長も親にとって嬉しいところです。そこにも少しずつでいいので、目を向けてみてみましょう!

助産師 保健師:ペコ
2012年11月29日

まだまだ甘えたい年齢です。なんとなくさみしければ指もしゃぶるでしょうし、お母さんの気を引くためなら叱られることもします。どんなに叩かれて痛い思いをしても無視されても、子どもは「お母さんが恋しくて恋しくて」しょうがないのです。

さっそく自分にブレーキをかけてみましょう。そして踏みとどまれたら、「やった!できた!もう大丈夫」と毎回、自分をほめてください。
そして、お子さんをしっかり抱きしめてあげてください。お互いの温もりを感じることで心が落ち着きます。子どもを抱くのは子どものためだけでありません。親が母性を高めるためにも必要なことなのです。

周りに相談しにくい気持ちはわかります。しかし、初めての子育てですからお母さんも一人で抱えず、周りに甘えてもいいんじゃないでしょうか。ほかのお母さんの話を聞いて、反省したり、安心したり、そうやってバランスを計ったらいかがですか。
自分の身を守ることができない子どもに対して、感情に任せて叩く行為は、虐待と取られることもあります。しかし誰でも似たような経験があり、みな反省して踏みとどまっているのです。

自分をダメだとは思わないでください。そして今、気づいたのですから、あなたの意志で叩く行為を今すぐやめましょう。あなたなら大丈夫です。
指しゃぶりは体罰までして止めさせることではありませんよね。おとなになっても指しゃぶりをしている人はいません。そのうちやらなくなりますから、安心してください。

心理カウンセラー:番長
2012年11月29日

アドバイザー紹介

番長
専門資格 心理カウンセラー

3人の子どもを育てながら「子どもの自立」をテーマに、教育の技術、カウンセリング、米国のセルフマネジメントなどを学んだのち、上級ケアストレスカウンセラーの資格を取得しました。現在、自立した親子関係構築(Family building)の支援や人事コンサルタントとして、一般個人と企業のサポートに携わっています。みなさん!自立に必要なものはなんだと思いますか?それは夢(ゴール)なのです。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

この夏の暑さ対策大調査
抽選で5名様に『ハーゲンダッツアイスクリーム ギフト券[ミニカップ120ml×2個]』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.