授乳と離乳食のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

体重が成長曲線を下回っているので、ミルクを足そうと思う(5ヶ月)

ミルク 授乳・離乳食 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

体重が成長曲線を下回っているので、ミルクを足そうと思う(5ヶ月)

生まれたときは2880g、5ヶ月で5290gでした。現在、身長は62cmあって平均ですが、体重は成長曲線の下からはみ出ています。服を着ていると小さめの赤ちゃんだなと言う感じですが、裸んぼにすると、頭だけ大きくてあまりに体が華奢なので、かわいそうになってしまいます。
小児科の受診でも、育児相談でも、母乳の出を見てもらっても良いと言われ、ちょこちょこ飲みと、遊び飲みが原因かもしれないので、3時間きっちり開けることと、集中して飲ませるよう指導を受けました。おしっこは1日10回以上、うんちも2日に1回たくさん出していて、よく笑って機嫌も良いです。

ミルクを足したほうがいいのでは?と思っています。小児科ではミルクを足すようには言われていませんが、大丈夫なのでしょうか?
また、小児科で離乳食を早めに始めましょうと言われたので、昨日からおかゆ小さじ1でスタートさせましたが、普通の子より小さいのにこれから量とか増やしていっても大丈夫なのでしょうか?ミルクを足す場合は、母乳とのバランスはどうしたらいいのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

母乳育児のことで、わかる範囲でお答えしたいと思います。
母乳には、前乳・後乳で栄養分が違うことはご存知でしょうか。しっかり飲ませることは、後乳の脂肪分が多く含まれた母乳を飲むことにもつながり、よく育つと言われています。

身体の小ささについては、よくわかりませんが、母乳育児サークルに「なかなか体重が平均より下のままで大きくならない」お子さんを持つ方がいらっしゃいましたが、2番目の子も3番目の子も同じで、結局原因はわからず、とくに問題もなく育っているので、ひとりめのときほど気にしなくなったようです。

ミルクだからということはわかりませんが、離乳食をすすめても母乳を補完することは良いのではないでしょうか。機嫌よい赤ちゃんとのこと、笑顔を育ててくださいね。

特別支援学校教諭:KAN
2014年1月21日

お子さまは、「おしっこは1日10回以上、うんちも2日に1回たくさん出していて、よく笑って機嫌も良いです」と言うことなので、順調に育っているということですね。でも、「体重は成長曲線の下からはみ出ています」とのこと。
子どもの成長は本当にそれぞれで、個人差があります。しかし、それがずっと続くと言うことはあり得ません。また、成長曲線はひとつの目安であり、時々体重が停滞することはままあることです。

お子さまがよく寝て、よく母乳やミルクを飲み、うんちおしっこがよく出て、よく遊び、機嫌がよければ、体重の増加が少し思わしくなくても、ご心配に及ばないと思われます。
3ヶ月ころから、寝返りが打てるようになり、動きが活発になります。したがって、運動にエネルギーが使われ、体重が増えないのかもしれませんね。

小児科で離乳食を早めに始めてはとのアドバイスですが、これは体重を増やす一つの方法で、良いと思われます。進め方は、一般的に一さじずつ進めても構いません。
これは体重に関係ありません。大事なことは、お子さまが機嫌よくごっくんと飲んでくれるかどうかです。無理しないことが一番です。無理な様でしたら、一旦休んで、また始めたらいいのですから。

ミルクですが、夜寝る前に与えてみてはいかがでしょうか。日中は母乳にして、母乳が足りなさそうだな、と思われた時にミルクを足す程度でいいのではないでしょうか。大事なことは、お子さまがよく寝て、よく母乳やミルクを飲み、うんちおしっこがよく出て、よく遊び、機嫌が良いと言うことです。
これからお子さまの成長に伴い、ご心配の種は尽きませんが、子育てライフが楽しいものとなりますように!

助産師 保健師:ペコ
2014年1月21日

アドバイザー紹介

KAN
専門資格 特別支援学校教諭

3人の子どもがいます。母乳で育てた経験から、地元で母乳育児サークルを立ちあげてママさんたちと励まし合っています。特別支援学校の教員をしており、発達障害についてもお役に立てるかと思います。のんびり、ゆったり、楽しんで育児ができるよう応援します。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

”コンビニ”利用してますか?
抽選で5名様に「QUOカード500円券」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.