予防接種のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

水ぼうそうもおたふくも1回接種しているが、2回目を接種すべき?

予防接種 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

水ぼうそうもおたふくも1回接種しているが、2回目を接種すべき?

11歳、8歳、5歳、3歳双子の5児の母です。水ぼうそうは、上のふたりはかかったので未接種です。ほか3人は1歳を過ぎた頃に接種済みです。おたふくは、5人とも1歳を過ぎた頃に接種済みです。1年程前に近所の病院で追加接種について相談をしたら、「1回で十分です。かかっていなくても、水ぼうそうやおたふくの菌はもらっていますから」と言われました。
でも、その後いろいろと調べたのですが、2回接種の必要性を感じるようになりました。今からでも水ぼうそうを5歳と3歳の双子に、おたふくを5人に接種するべきなのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

まず、水ぼうそうですが、小児科で診断されたのなら上のおふたりは追加不要でいいでしょう。まず間違う疾患ではありませんし。
下の3名は追加すべきです。10月から定期接種になり費用負担がなくなります。(年齢、自治体によって違いが出るかもしれません)

おたふくかぜの追加はぜひしておいてください。1回接種ではいずれ抗体が下がる可能性もあります。麻疹・風疹が2回接種になったのと同じ理屈です。

医師 小児科:桑折 紀昭
2014年9月 4日

水痘、おたふくかぜは、1回予防接種していると、軽くすむとはいえかかってしまう率は多いです。そのため日本小児科学会では2回接種を推奨するようになりました。
おすすめは、水痘2回目は1回目から3ヶ月以上あけて、おたふくかぜは1回目1歳過ぎ、2回目は年長さんにあたる就学前年度です。

実際に罹った人以外は、きちんと2回接種することをお勧めします。


※平成26年10月1日より1歳(誕生日の前日)から3歳(誕生日の前日)までのお子さんを対象に水痘ワクチンの定期接種が開始されました。1回目の接種は、生後12ヶ月から生後15ヶ月までの間に、2回目は1回目接種後3ヶ月以上経過してから(標準的には6ヶ月から12ヶ月経過した時期)に行うこととなっています。
平成26年度に限り(平成27年3月31日まで)、3歳の誕生日当日から5歳の誕生日の前日までのお子さんも定期接種の対象とすることとしています。

医師 小児科:澤田 雅子
2014年9月 4日

アドバイザー紹介

桑折 紀昭
医師 小児科

1983年より愛媛県宇和島市で小児科クリニックを開業、99年から病院ヘ行くほどではないけれど心配なこと、病院で聞きにくいこと、聞けなかったこと、聞いたけれどよくわからなかったこと、などの質問に答えるHPを開設、2001年からは病児保育施設にも力を注いでいる。

澤田 雅子
医師 小児科

小児科・アレルギー科。日本小児科学会認定医。東京大学医学部附属病院および関連病院勤務を経て、平成15年開業。喘息などの診療の傍ら、アレルギー相談・育児相談を重視。自らも小学生男子2人の子育て中。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

妊娠中に旅行に行きましたか?
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.