園生活のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

仲良く遊んでいたお友達から仲間外れにされてしまっているみたい

保育園・幼稚園 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

仲良く遊んでいたお友達から仲間外れにされてしまっているみたい

現在年長の息子が、以前は仲良く遊んでいたお友達からあまり遊んでもらえていないようです。「△△には話教えてあげるけど、○○(息子)には教えられない」みたいなやりとりを目の前で見てとても切ない気持ちになりました。クリスマス会でも息子以外は同じグループになっていて、息子はその事について何も言っていませんが、終始ぼーっとしていて親の目から見ると心から楽しんでいるようには見えませんでした。ちょっと前までは「○○遊ぼう」など言っていてくれたお友達から急にこんな態度とられては息子は哀しいだろうなぁ…と思ってしまいます。

息子にも何か原因があるのかもしれません。例えば息子は自分の知っている事を教えたがったり、ちょっと出しゃばりかな?と思うところもあるし、それが自慢に聞こえて嫌に思う子もいるかもしれません。以前担任の先生と個人面談をした時に、「○○くんは、一緒に遊んでいるときに、他のお友達が遊びにいれてと言うと、必ずA君、B君に確認するんです」と言っていて先生もそういう息子の態度が気にはなっていたようです。この時点でお友達の中で上下関係が出来上がっちゃっていたのかな?とも考えてしまいます。

息子が「最近みんなに遊んでもらえてないんだぁ~だから他のお友達と遊んでいるんだ」と急に私に話してきました。それ以上何も言ってこない息子ですが、このようにお友達から仲間外れのような態度を取られている息子とどのように接してあげたらいいんでしょうか?静かに見守ってあげていればいいのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

同じ経験をしたので、私の経験談や今思うことをお話できればと思います。私は、自分のことのように辛かったです。今、思い返すと、この「自分のことのように」というのがどうも自分をやっかいにしていたようです。
自分の小さいとき同じような経験をしたことはありますか。多かれ少なかれ友だちとのトラブルは生きていく上では一度は経験をしているのかなと思います。

それなのに私は、その状況が辛くて、小さいお友だちも恨めしく思えたのです。自分のかわいい子どもが仲間外れにされている、という状況は、子ども以上に悲しかったのだと思います。
もし私がもう一度あの時間に戻れるなら、自分の子どもは人との関わりを学んでいるんだと思い、幼稚園で辛いようであれば、家が子どもにとって居心地のよい場所にしてあげたいと思います。大事なことは、その子にとっての居場所と味方がいることです。

大きくなれば、友だちとのトラブルは当然避けて通れません。でも、親が壁になって子どもを守れば守るほど、子どもはトラブルを解決できないで成長をすることになります。小さいうちから、小さい世界での経験を小さいなりに考え、成長していくのだと思います。
ご主人やご両親など、心を開ける人に話をしてみてください。声に出すだけで、不安や悩みは軽くなります。あとは、幼稚園の先生に状況をお知らせして、園での様子を教えてもらい、家庭と園とで連携して見守っていくといいと思います。

先輩ママ:ジャムママ
2015年1月15日

「最近みんなに遊んでもらえてないんだぁ」と坊やが話してきたとき、そんなチャンスがあれば、坊やの気持ちをできるだけたくさん聴いてあげるのがいいと私は思います。
「え?遊んでもらえないの?さびしくなーい?」「なぜ遊んでくれないんだろう?」「かなしい?」「つまらない?退屈?」等。そして、そういった気持ちをすべて「そんな気持ちになるのも無理ないよね」と共感し認めてあげることが大切なのではないでしょうか。

子どもは、自分の失望感やかなしみ、怒り等マイナスな感情を身近な大人に認めてもらうことで「自分はこれでいいんだ」と思えるようになるそうです。この「自己肯定感」は大人になったときの適度な自信につながります。
坊やが困難な状況にいるとき、そのたびごとに坊やの気持ちを聴いてあげ、「そうか、くやしいんだ」「かなしいね」など、はっきりと言葉にして認めてあげるのがいいと思います。

子どもは幼稚園や学校でグループを体験して、その中で自分がどんなタイプなのかだんだん自覚し大人になっていくのではないでしょうか。わが子にリーダーになってくれと期待するのが親心かもしれませんが、それはリーダータイプでない子にとっては酷なことですね。
子どもには、親から与えられた価値観だけでなく、自分自身の本来の感覚や欲求を頼りに人生を歩んでいってもらいたいと思います。

臨床心理士:もとアリジゴク
2015年1月15日

アドバイザー紹介

ジャムママ
先輩ママ

11才(小6)と8才(小3)女の子のママです。転勤族で、頼る人が近くにいないので、ひとりで育児をしていく大変さを経験しました。子どもたちも年齢とともに友だち関係や習い事など、楽しいことや大変なこともありました。子どもと一緒に少しずつ成長しながら、子育てを楽しんでいます。どんなささいな悩みや不安でも、話してみると楽になりますよ。少しでも私の経験がお役に立てればうれしいです。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

美容院にいってますか?
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
【特別編】せっこうボードの記事 読後アンケート
抽選で30名様に『図書カード1000円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.