ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
子育て応援隊のズバリ!アドバイス とは
小児科のお医者さんや専門医、助産師、保育士、栄養士などの有資格者、それに先輩ママで結成した「子育て応援隊」が、育児中の相談に答えます。困ったことがあったら、みんなの悩みQ&Aを探してみて。読めばスッキリ!あなたの悩みも解決しますよ。

子育て応援隊のズバリ!アドバイス 記事一覧

子どもの病気 > 皮ふ
水疱瘡で湿疹が100個くらい出て、痕が残らないか心配(2歳9ヶ月)
男の子ですし、100個程度ならなんの問題もないと思います。痒みの強い疾患で、ひっかいて二次感染、とびひを起こすとやっかいですから、爪をきれいに切って、手指を清潔にし、身体が温まりすぎないように管理してやってください。
子どもの病気 > 小児科なんでも
つかまり立ちはするようになったが、なかなか歩かない(1歳11ヶ月)
いわゆる「シャフリングベビー(いざりっ子)」ではないでしょうか?立つこと・歩くことに慎重な性格の子が、たまたまお尻移動を覚えてしまうと、それはそれで不自由なく移動できるので、なおさら立つことや歩くことに意欲がわかないようです。
子どもの病気 > 耳鼻咽喉
いつもよだれで服がべとべと、口呼吸はどうやって治す?(3歳)
まずは耳鼻科か小児科でのどと鼻の疾患を診てもらうことをオススメします。その上で、習慣的な口呼吸だけを直すのであれば、唇を閉じて食事をする練習を鏡を見ながら行ったり、大きくなれば「メディカルパタカラ」という唇の筋力を増進するトレーニング用品も利用できます。
子どもの病気 > 皮ふ
乳児湿疹で処方されたお薬を塗らなくなったら、またひどくなった
湿疹の状態をみて、わりとしっかりめに治してくれるお薬、キンダベート軟膏を処方されたのでしょう。お顔だから赤ちゃんだからと効果のゆるい薬を使い続けているより、皮膚の症状に応じてくすりの種類を使い分け早く湿疹を治してあげるほうがよいとされています。
子どもの病気 > 小児科なんでも
大きな出べそが破裂しそうなほどパンパンに膨らんでいる(2ヶ月)
典型的な臍ヘルニア(でべそ)でしょう。ほぼ100%自然治癒しますが、大きさによって、治癒後も皮膚がたるんでしまうことがあります。それを防ぐために、適切に圧迫固定をしてやるといいでしょう。小児科で見てもらい、指導を受けてください。
子どもの病気 > 目
結膜炎は目薬で落ち着いたが、その後、目の充血を繰り返している
原因がはっきりしないのですから、再度受診して診断を受けて下さい。「結膜炎の原因は何でしょうか?」と聞かれるのがよいかも知れません。
子どもの病気 > 小児科なんでも
うつぶせが大嫌いで、寝返りもはいはいもしない(11ヶ月)
少しでも寝返りが促される遊びをしてみてはいかが?お子さまを腹ばいにさせて、お子さまの好きな興味を持つ玩具を見せて、それを取らせようと動かしてみたり、お座りさせて、前かがみになるように玩具を取らせようとさせたり、膝の上にお子さまを座らせて、ピョンピョンとしたりしてみては?
子どもの病気 > 歯
口臭の原因が内科的なものなのではないかと心配(小学1年生)
アレルギー性鼻炎があるとのことなので、口を開けたまま寝ている可能性があり、唾液が乾いてしまっていることが考えられます。唾液が少なくなると口臭は強くなる傾向があります。枕の高さや位置が関係していることもありますので一度チェックしてみてください。
子どもの病気 > ストレス、発達障がい
髪のゴムを取った時に、髪の毛が束になって抜ける(3歳4ヶ月)
今回の抜け毛と直接関係があるかどうかわかりませんが、妹さんが生まれたことは大きなストレスです。トイレトレーニングも負担をかけます。トイレトレーニングは百害あって一利なしといえます。双方が相まって抜け毛の原因になっている可能性は充分あると思います。
子どもの病気 > 目
本を読んでいてしばらくすると、首の後ろが痛いと言う(3歳)
まずは眼科で詳しくチェックしてもらいましょう。この年齢のお子さんは、本を読むにせよ、テレビを見るにせよ、結構集中して長い時間目を使っています。視力に左右差があったりすると首や肩に負担が来る可能性があります。
子どもの病気 > ストレス、発達障がい
語彙も増えたが、言葉がスムースに出てこないようだ(2歳4ヶ月)
どもる事はしばしば見受けられますが、多くは語彙が爆発的に増える時期です。ある程度は仕方がないと思います。歩いたり走れるようになったお子さんが転ぶのと一緒でしょう。
子どもの病気 > 目
強度の近視と乱視と診断されたが、セカンドオピニオンを聞くべき?
検査方法としては問題ないと思いますし眼鏡装用は妥当だと思います。ただ、違う病院でもう一度診てもらって、十分納得される方が今後のために良いと思います。経過、受けた検査内容をすべて話して受診してください。視能訓練士がいる眼科がベターですから、最初にその点を問い合わせるのも良いでしょう。
子どもの病気 > ストレス、発達障がい
テレビを見てパニックになり、壁や床に自分から激突して泣く(4歳)
TVの場面だけに反応するのであれば、TVの中の映像と、現実が一緒になっているからかもしれません。T音声・映像ともに実際よりも誇張されますから、大きい音や、激しい映像効果に反応していることも考えられます。本や、喧嘩を見たときや喧嘩をした時にもパニックを起こされるようでしたら、「ケンカや戦い」「破壊」そのものに対して、少しザワザワするのかもしれません。
子どもの病気 > 耳鼻咽喉
鼓膜にこびりついた耳垢は真珠腫?それともただの耳垢?(10歳)
鼓膜を超えて中耳に進入したものが中耳真珠腫、外耳道に付着して骨部外耳道を破壊する傾向がある場合に外耳道真珠腫、簡単に除去出来るものは耳垢ですが、移行するようなものや判別できないケースがあります。
子どもの病気 > ストレス、発達障がい
ちょっとした物音などを怖がるが、どう対応すれば良い?(1歳)
街のカウンセリングや専門のお医者さんにもアドバイスをお受けになり、心にトラウマができないうちに、適切な心のアドバイスをお受けになることもお勧めいたします。便利になることが本当に幸せをもたらすのか、音や環境、自然のバランスを崩壊させ、一番そのしわよせが、小さなかわいい子供達に来てしまうことを、私も大人として大変考えさせられます。
子どもの病気 > 歯
前歯6本が反対咬合と診断されたが、矯正の方法は?(4歳)
下あごの骨がこれからも前に伸びやすいと予想される場合は、かみ合わせの改善は永久歯が生え変わるまで待って様子を見ることが多いです。顎の成長パターンを予測して、適切な時期に適切な装置を検討する必要がありますので、できれば小児歯科や矯正歯科をかかりつけにしていると安心ですよ。
子どもの病気 > 皮ふ
鼻の下や口の周りは白いのに、頬だけ真赤になるのは何故?(5ヶ月)
頬を中心に、母乳やミルク、涙やよだれによって常に刺激を受けており、多少の赤みはやむを得ません。こまめに拭き取ってやりワセリン系の外用剤で保護をしておくといいでしょう。
子どもの病気 > 小児科なんでも
体を細かく震わせることがあるが、病院で相談すべき?(2歳6ヶ月)
2歳6ヶ月では、いろんな動作が出来ると思いますが、細かい作業は、まだ難しい年齢と思われます。このため、精度を求められる動作では「震え」が見られると思います。寝起き、踏ん張ったときの足、などは特に問題ないと思います。日常生活のご様子からも、今のところ、正常範囲内、特に病的な現象とは考えにくいように思われました。
子どもの病気 > 小児科なんでも
車の振動で「揺さぶられっこ症候群」になる事もあるの?(4ヶ月)
車の振動などで起きることではありません。チャイルドシートは振動を少なくするわけではありません。事故の際の身体の飛び出しなどを防ぐシートベルトと同じ役割です。この症候群は、1972年に米国で虐待児症候群の1つとして報告[shakenbabysyndrome(SBS)]され知られるようになりました。医学界ではよくあることですが、結果的に発表されたご本人が意図されたように扱われていません。
子どもの病気 > 皮ふ
目の下の引っかき傷、跡は消えないものですか?(2歳10ヶ月)
通常、顔の傷が治るのは最低でも3ヶ月以上かかります。色素沈着は半年ぐらいかかるのが普通です。これから治っていく可能性があります。詳細は診察が必要です。
< 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

美容院にいってますか?
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
【特別編】せっこうボードの記事 読後アンケート
抽選で30名様に『図書カード1000円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.