おもちゃの与え方のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どもに与えるおもちゃ

Weekly ゴーゴーリサーチ(第20回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

ニックネーム「チャンマン仮面」さんのリクエストにお答えして、子どもに与えるおもちゃ をテーマにした第20回目の投票。有効回答数は180票でした。新しく会員になられた方、また今回もご協力いただいた方、皆さままことにありがとうございます。
さて、いつの時代もお子さまが大好きな“おもちゃ”。ママやパパも小さい頃にお気に入りのおもちゃで楽しく遊んだ思い出がおありのはず…。でも今はご自分たちがお子さまに与える立場になりました。さぁ、かつての自分を思い出しながら今回のアンケート結果もじっくりご覧ください!

img020_1

おもちゃの具体的な数については、「大きいおもちゃだけ」「ミニカーの台数まで」と皆さんの数え方が均一ではなかったために、正しい結果を得ることはできませんでした。ただし、お持ちのおもちゃの数に対する意識としては「やや多すぎるかなと思う」という方が約38%で第一位。続いて「ちょうど良い分量だと思う(約35%)」「たいへん多すぎると思う(約17%)」「まだ少ないと思う(約10%)」の順になりました。 多いと感じるか少ないと感じるかはママ・パパの小さい頃の環境やまわりのお友だちとの比較など、判断の仕方にもよりますが、後ほどご紹介するフリーコメントの中には“収納場所がなくて困る”や“使わないおもちゃが収納スペースを占領し、ムダを感じている”というご意見もあり、「きちんと収納できているうちは許せる範囲の分量」と感じておられる方もいらっしゃるのかな、と思いました。

Q3.おもちゃの買い方・与え方についての方針は?
Q4.その主な考え方は?(Q3で決めているとお答えの方のみ)

img020_2

お子さまの「これ、欲しい!」に付き合っていたらもうたいへん! 家計はパニックだし、何よりお子さまのためにも良くありませんよね。やはり全体の約40%の方が、おもちゃ購入の方針を決めていらっしゃいました。もちろん「とくに決めていない(約60%)」とお答えの方もご自分の中である程度のものさしをお持ちのことでしょう。でもたまには「欲しい!」に付き合っても「まぁいいかな」って思ってしまったり…。だからこそ“方針”が必要なのかも知れませんね。さてそれでは貴重なご意見、うかがってみましょう!


第1位  高額なものは特別な日(誕生日・クリスマス等)に買う=約44%
第2位  子どもの年(月)齢に合わせて選ぶ=約19.0%
第3位  長く使えるものを選ぶ=約7.9%


安全で、3つ以上の遊び方ができるか。おもちゃによって考えたり発見したりするような、遊びができるか。 長く、壊さずにあそべるか。色が、あまりにも原色過ぎる物、塩化ビニールなど人体に影響のある素材は、ダメ。(おにいに) 月齢や成長にあったおもちゃを与えるようにしています。今だったらこれは どういう風に遊べるかとか考えながら…。あと、肌ざわりや丁度よい重さ、口に入れても大丈夫か等も重要なポイントです。おもちゃは子どもの成長にとってとても大事なものなので、慎重に選んでいます。(みまっちん) 主人と私では「おもちゃ」に関する考え方が違い、最初は困りました。 私は、色んなおもちゃで色んな遊び方が出来ることも知って欲しく、ある程度の量の中から選ばせたいと思っていたのですが、主人は全く逆で、 おもちゃは少ない方が良い派なのです。自分もそう育ってきたようです。 今は、私が折れ、私の実家からのプレゼントも断っています。 また、どうしても買ってやりたいと言われた時は絵本や洋服をもらうようにしています。(KSK) 欲しがるものを無差別には買わない。買い物に連れていく時も、カートを押させたり、荷物を少しでも持たせて、「今日はよくお手伝いをしてくれたね」と言って、お菓子を買うが、おもちゃのオマケが入ったものは絶対買わない。誕生日やクリスマスの時のみ大物を買う。しかし、私の両親が孫かわいさのあまり、毎回おもちゃを買うので、あまり教育的効果がないというのが現実です!(ラッキーしまうま) お誕生日・クリスマスなどの記念日やイベントディのみ欲しいおもちゃを買います。その時は、分不相応であったり扱えない物でない限り、希望のおもちゃを プレゼントします。子供もその日が来るまで、買ってと騒ぐ事はありません。(桜樹)

●感想

お子さまのおもちゃの買い方・与え方とお気に入りのおもちゃ大公開!でお届けした第20回目のゴーゴーリサーチNOWの結果はいかがでしたか。おもちゃは、その与え方さえ考えれば、子どもたちにとって“いい友だち”になってくれます。子どもが「自分のおもちゃ」を持ち出す年頃になったら、モノの大切さやずっと使うことの楽しさを教えてあげたいもの。そのためにはママ・パパからモノを大事にしなくっちゃね!
第21回目は「母の日、私はこんな風に過ごしてみたい」です。
今週もぜひご投票ください。


遊ぼうパパ!遊ぼうママ! 休日は子どもに返って…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
子どもに与えるおもちゃ
投票期間
2001.04.19~2001.04.25
有効回答数
180
質問内容

Q1: 現在、ご家庭にお子さまのおもちゃはどのくらいありますか?
Q2: 現在、ご家庭にある分量は?
Q3: おもちゃの買い方、与え方についての方針は?
Q4: Q3で決めているとお答えの方にお伺いします。そのおもな考え方を教えてください。
Q5: おもちゃはおもに誰が買ってきますか?
Q6: おもちゃはおもにどこで手に入れますか?(複数回答可)
Q7: お子さまの今いちばんお気に入りのおもちゃと、その理由と思われることを教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
2017年も開催「ミキハウス ハッピー・ノートファーム」
2017年も開催「ミキハウス ハッピー・ノートファーム」
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
婚活サービスの株式会社IBJが「お子さまの健やかな未来を応援する会」オフィシャルサポーターに仲間入りしました。
婚活サービスの株式会社IBJが「お子さまの健やかな未来を応援する会」オフィシャルサポーターに仲間入りしました。
"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
深さ5㎝の深皿で煮込みもスイーツもお手軽に調理できちゃう「東芝 オーブンレンジ」
深さ5㎝の深皿で煮込みもスイーツもお手軽に調理できちゃう「東芝 オーブンレンジ」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
うるおいを保ち、肌を守る
うるおいを保ち、肌を守る"セラミド"に着目 メリーズ スキンケアシリーズ
保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.