ディズニーリゾートの楽しみ方のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子連れで“東京ディズニーリゾート”

Weekly ゴーゴーリサーチ(第80回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

さぁいよいよ、待ちに待った夏休みが近づいてきました。今年のバカンスプランはもうお決まりでしょうか。お子さまから、大好きな「ミッキーマウス」や「くまのプーさん」に会いたい!とせがまれている55192ママパパも多いのでは? 
そこで今回のゴーゴーリサーチNOWは“子連れで、東京ディズニーリゾート”をテーマに、お子さまといっしょに、もっともっと東京ディズニーリゾートを快適に楽しむ方法についてアンケートを行いました。「行きたいけど子連れじゃたいへん…」「子どもに関する施設のことがわからない」「ちょっと遠くて…」というママパパ必見! 今までのガイドブックとはちょっと違う[55192.com]ならではの『東京ディズニーリゾート 子連れマニュアル』。この夏休みにぜひ、役立てくださいネ!

Q1.子連れでディズニーリゾート(ランド)に行ったことある?

img717_1

『ある』という方の中では、「1回ある(約22.4%)」というお答えをトップに
「2~3回ある(約13.5%)」
「5~9回ある(約8.6%)」
「10回以上ある(約5.2%)」という結果に。

また『ない』方の中では
「まだないが、行きたい(約46.4%)」
「当分、行く予定はない(約3.9%)」との結果が出ました。

やはり1度は子どもを連れて行ってみたい!と願っているママパパが多いよう。もしかすると、子どもより私が行きたいっ!というママもいらっしゃるかも知れませんね(笑)。

Q2.子連れで行った(行く)ところを教えて!
Q3.初めて子連れで行った時のお子さまの年(月)齢は?

img717_2

やはりメインともいうべき、夢と魔法の王国「ディズニーランド」が約79.9%でトップ。
続いて2001年9月に“冒険とイマジネーションの海へ…”をテーマにオープンした「ディズニーシー(約52.3%)」、
そして、物語とエンターテイメントに満ちた街「イクスピアリ(約31.6%)」、
日本初のディズニーブランドホテル「ディズニーアンバサダーホテル(約19.0%)」、
スーツケース型の巨大なディズニーショップ「ボンボヤージュ(約14.4%)」、
ディズニーテーマパーク一体型ホテル「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(約11.5%)」という結果になりました。
遊ぶ・買う・食べる・泊まるのすべてを備えたディズニーリゾート。これからも、さらに行きたいところや見どころが増えるかも知れませんね~。

img717_3

また初めてお子さまを連れて行った時の年(月)齢については、
0~1歳(約45.7%)」
「2~3歳(約37.6%)」
「4~5歳(約9.8%)」
「6歳以上(約2.9%)」という順でランクイン。
55192ママパパにとって東京ディズニーリゾートが、小さいお子さまを連れてでも「行きたい、また行けるスポット」であることがわかりました。

Q4.買ってよかったお土産、またぜひ買いたいと思っているものは?

見るものみんな欲しくなっちゃう!というママもおられましたが(笑)、55192ファミリーいち押しのお土産・欲しいモノをお聞きしてみました。

第1位 お菓子
園内のワゴンで買える3つの味が揃ったポップコーン、今やお土産の定番といわれるチョコクランチをはじめとした缶入りのものに人気が集まりました。また、キャラクターの可愛い箱入りクッキーもおすすめだそうです。

第2位 ぬいぐるみ・グッズ・衣類
ぬいぐるみは、ミッキーマウスをはじめ、プーさんやドナルドが人気。グッズでは普段にも使えるタオルや食器フォトフレーム、また哺乳瓶母子手帳ケースといったママならではのものも挙げられました。衣類はTシャツ帽子が中心。大きな耳のついたキャラクターの帽子は、ディズニーランドに行くとぜひ欲しくなっちゃう一品ですよね。

第3位 限定品
ディズニーリゾートでは、シーズンごとのイベントにちなんで、さまざまなお菓子やグッズが登場します。“そのとき”にしか手に入らないもの(イベントT シャツ・シーズンコスチュームのぬいぐるみ・クリスマスオルゴール・シリアルナンバー付きのもの)、食べられないものはやはり人気。また一般のディズニーストアでは買えない、現地限定商品(Tシャツ・ぬいぐるみ)をゲットした(したい)という方も多かったです。

その他のお答えとしては「ミッキーのバルーン」「その年のイヤープレート」「首から下げられる扇風機」「ミッキーのキッチン用品」「パレードの音楽CD」「孫の手」などがありました。

さて、今年の夏の注目イベントは、7月8日から9月30日に行われるサマーパレード「ドナルドのスーパースプラッシュ」。お土産アイテムも登場するかな?

Q5.ディズニーリゾートの中で、小さい子どもが楽しめるスポットやイベント情報、また子連れで出かける時のコツなどを教えて!

チャレンジャー証明書!これはおすすめです。パークの乗り物には身長制限があるものがありますよね。身長を入口で測ってもらってパスできなかったら「チャレンジャー証明書」を出してくれます。すると身長をクリアしてから持っていくと、どんなに長蛇の列が出来ていようと、一番前にしてもらえるのです。

※「チャレンジャー証明書」(東京ディズニーランド)=身長が伸びた時には、同伴の家族も一緒に乗せてくれるそうです。担当のキャストにもらいましょう。

(まーくん/千葉県市川市) 子どもが生まれてからはイクスピアリオンリーです。ベビーカーが無料はじめに保証金1000円を払うが返却時に戻ってくる)で借りられるし、授乳室も完備。それにほとんどのところが屋根つきなのでこれからの時期にはぴったり。子どもが小さい今はイクスピアリでディズニー気分を満喫!?してます。

※「ベビーカー」(イクスピアリ)=舞浜駅側とガーデン・サイトの2カ所にあるインフォメーションで借りられます。

(こらくだ/東京都台東区) 0歳の時に行ったので乗り物には乗れなかったんですけど、ディズニーシーのマーメードラグーンの所に子供の遊び場がある床は柔らかくなっていたり、水の出る仕掛けがあったりと色もパステルなので喜んでいました。

※「マーメイドラグーン」(東京ディズニーシー)=リトル・マーメイドのアリエルたちが住む“アンダー・ザ・シー”の世界です。

(ちぐさ/神奈川県川崎市) 1歳2ヵ月の時に行きました。歩くだけでも楽しい時期だったので、マーメイドラグーンだけで十分楽しめました。あと、何組かの親子で行くなら「チャイルドスイッチ」というシステムを使えば「子連れだから…」とあきらめがちな絶叫系のアトラクションも大人だけですが楽しめるはずです。

※「チャイルド(ベビー)スイッチ」=アトラクションに乗れない子どもを連れたママパパが、交代で乗り物に乗れるシステム。このシステムは、時間や混み具合などの都合で、変更されることもあります。キャストと相談してみてください。

(ヨネヲ/茨城県つくば市) 8ヵ月のとき連れて行きましたが、うっかり離乳食を忘れてしまいました。でも大丈夫!!ベビー休憩室にたしかキューピーの離乳食が売っていて、スプーンもついていて、ついでにミッキーのエプロンももらえましたよ。これがまた、紙でなくてこぼれてもふけばまた何度でも使えたのでとても重宝しました。(ようし/愛知県名古屋市) アンバサダーホテルの“シェフ・ミッキー”良かったです。まだ子供が小さかったので(2歳9ヵ月)乗り物は今回パスしてキャラクターとの2ショット写真に頑張りました。シェフ・ミッキーで撮りまくり、TDLではひと回りした後、エントランスにいたらキャラクターがたくさん来てくれました。ミニーちゃんが娘のほっぺたをすりすりしてくれた写真かわいかったです。プーさんは人気アイドル並みでなかなか2人っきりでというのは難しかったです。あと夕方ベビーカーで娘をお昼寝させながらパレードの場所とりをして、ゆっくりパレードを見てから帰りました。

※「シェフ・ミッキー」(アンバサダーホテル)=朝食は宿泊客のみの利用となりますが、ランチとディナーは一般のゲストもOK。ただしどちらにしても受付(予約ではありません)の電話をしておく必要があります。詳しいことをお店に確認することをおすすめ。

(むっく/石川県小松市) オフィシャルホテルに泊まって、昼寝をしっかりとってあげたほうが、お互いに楽だと思います。何か時間はもったいない気がしますけど。

※「オフィシャルホテル」=オフシャルホテルには宿泊者限定の特典がたくさんあります。パークからも近い(シャトルバス利用)ので、お子さまのお昼寝にも便利です。

(ともりほママ/大阪府羽曳野市) お勧めは、シーの「リドアイル・ミート&スマイル」。まだ、小さくてアトラクションにはほとんど乗れなかったのですが、このショーはキャラクターがすぐ目の前まで来てくれて、握手したり話しかけてくれて、目を丸くしながら大喜びでした。場所取りは通路沿いがベスト。後ろまで来てくれるので、前列でなくても大丈夫。1日1回なので見逃さないように!

※「リドアイル・ミート&スマイル」=中海に面した広場リドアイルで朝10時頃から行われます。各テーマポート代表のキャラクターが挨拶をする短いショーです。

(みわっちゃん/新潟県燕市) こまめに水分補給が夏は絶対ですが、飲み物も買おうと思うと長ーい行列です。自分で水筒やペットボトルを持っていくことが大切です。またシェラトンホテルのオアシスは暑すぎて日中遊べないときや雨のとき楽しく遊べます。

※「オアシス」=シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの中にあるリラクゼーション・スペース。プールやショップ、リトル・メイト(託児施設)をはじめ、キッズランドには0歳から安全に遊べるタドラエリア、アメリカ生まれの教育遊具「プレイポート」などがあります。一般のゲストも利用できます。

(くまさんまま/埼玉県所沢市)ディズニーシーは1歳以上ならジェットコースター系以外のアトラクションならほとんど乗れます。ファストパスは必ず使うべきです。有効に時間が使えます。もし途中でぐずってもマーメイドラグーンのアリエルのプレイグランドで子供を自由に遊ばせることができて機嫌も直ります。ディズニーシーの中は階段があるので自分のベビーカーを持って行った方がよいです。

※「ファストパス」(東京ディズニーランド&シー)=アトラクションの入口近くにある発券所にパスポートを入れてパスを受け取ります。パスに記された利用時間に戻ってくれば、少しの待ち時間でアトラクションを楽しむことができます。ただし、ファストパス対象外のアトラクションもあるので注意して。

(くまちゃん/東京都江東区) 昼食や夕食は予約のできるお店を選んでいます。ダイヤモンドホースシューやポリネシアンテラスレストランはショーも楽しめてお勧めです。が、入園と同時にパパまたはママが予約にダッシュする必要があります…。

※「ダイヤモンドホースシチュー」=ウエスタンランド内。素敵なピアノ演奏と歌、さらにミッキーやグーフィーが大活躍のショーが見られます。予約はお店の右隣の窓口で。「ポリネシアンテラスレストラン」=昼はビュッフェスタイル、夜はディナーショースタイルのお店。予約はアドベンチャーランドのインフォメーション&チケットブースで。

(りゅうまま/千葉県千葉市) まさに!先週行ってきました!ミラコスタのポルト・パラディーゾ・サイドは高いけどショーも部屋から見れるし、昼寝もすぐにさせることができて本当に快適でしたよ。新しく始まるディズニーランドのショー「ドナルドのスーパースプラッシュ」もちょうど予行練習みたいなのがある時に行きました。びしょびしょになるゾーンもあるけど暑い日は子供は大喜びでしょう。着替えとかを持っていくと面白いですよ!!

※「ポルト・パラディーゾ・サイド」(ホテルミラコスタ)=東京ディズニーシーにあるホテルミラコスタの中で、部屋の窓が港に面した客室ゾーン。活気に満ちた南ヨーロッパの街並みを一望することができます。

(にんじん/福岡市西区) 女の子だったら絶対ディズニーランドのミニーちゃんのおうち。とっても喜んでなかなか出てきませんでした。パレードやショーはめちゃくちゃノリノリで、踊ってましたよ。パレードやショーの音楽CDは絶対買い!今でも家で聴いて、家族で踊ってます。ランチショーやディナーショー。レストランなどは要予約。食事と休憩の場所をGETしておくと子供連れは安心して遊べます。行くなら土日は避けて平日で人の少ない時をおすすめします。1時間待ちなんて子供には無理ですから…(笑)。

※「ミニーちゃんのおうち」=トゥーンタウン内にあります。可愛いインテリアやキッチンの食器洗い器、冷蔵庫などは触って楽しめるからお子さまも大喜び!

(みんみん/大阪府和泉市) とにかく着替えをたくさん持っていく。暑さ寒さにすぐに対応できるように多すぎるくらい持っていって少し手荷物で持ち歩き、残りはコインロッカーに入れておく。(かおっち/愛知県尾張旭市) トゥーンタウンのミッキーの家は並んででも行った方がいいと思います。必ずミッキーに会えます。娘はミッキーの似顔絵を描いて持っていったのですが、ミッキーがとても喜んでくれて抱きついてくれました。もちろん一人ずつ記念撮影できます。キャラクターに会おうと思ったらトゥーンタウンでゆっくり過ごすと、次々に出てきてくれますよ。(ひとみママ/大阪市阿倍野区) あらかじめ、おやつ・おもちゃなどをちゃんと持参すると便利かなと思います。(れいまさ/広島市東区) とにかく疲れないように、地図と格闘して子供に合うものを探して計画を練る。とりあえず大体の順番(どこへ行くか)を決めてから出発!地図は忘れず、トイレの確認が出来るようにしておく。(ゆみっち/埼玉県秩父市) 安心してみていられるのはショー関係。DLではやっぱりイッツアスモールワールド!(こうちゃんのまま/東京都板橋区) 暑い時期は絶対避けて、荷物になるけど必ずベビーカーを持っていく(寝ても背もたれが倒せるもの)。後は平日に行くこと。ねらい目は火曜日と木曜日。5月中の火曜日に行ったらすごいすいていました。(はた坊/埼玉県八潮市) やはりパレードでしょうか。夜のパレードは、みんな早くから席取りしますね…。場所を確保してから、テイクアウトの食べ物を買ってきて食べていると待ち時間もあっという間です。あと、ワンスアポンアマウスは、良かったと思います。暑い時には、クーラーの冷風がくるスペースマウンテンの出口付近のベンチで子供を遊ばせたりするのがいいかも。日陰なので、涼しくて、親が休憩するのにも良かったです。

※「ワンス・アポン・ア・マウス」(東京ディズニーランド)=トゥモローランドのショーベースで毎日開催される、ディズニー・アニメーションの世界を再現した愛と夢と魔法がいっぱいのショーです。ショーの待ち時間は場内のテレビカメラにゲストが映し出されたり、ディズニーアニメーションのダイジェスト映像が見られるので、待ち時間も十分楽しめます。

(あきちゃん/山梨県西八代郡) 子供のペースでゆっくり遊ぶことだと思います!(ナオ/名古屋市南区) 子連れはやはり、じじばば同伴。それからイベントやショーを中心にまわると待ち時間など気にしないでいいので、結構疲れず楽しめます。(もも/山口県新南陽市) 家族(子+両親)だけで行かないようにする。(おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に。私は弟を連れてきて大変助かりました。3人や4人で行くとほとんど乗り物に乗れないので。一人で乗るのも、どうかと思うしね)。(なおやん/北海道紋別市) 小さい子は、アトラクションも乗れるものが少ないから、ショーやパレードを中心に見ることにしています。そして必ずオフィシャルホテルに最低1泊は宿泊することに…。我が家にとっては、年に一度の大イベントだから、ゆっくり楽しめるように工夫しています。(さおちんママ/東京都練馬区)

●感想

家族みんなで楽しめる「東京ディズニーリゾート」をテーマにした第80回目のゴーゴーリサーチNOWの結果はいかがでしたか。全体的に見ると「小さな子どもにはディズニーシーよりディズニーランド。アトラクションよりもショー」「トイレやオムツ替えの場所はあらかじめチェック」「飲み物の用意」「便利なシステムは前もって知っておく」などのご意見が多く寄せられました。
お子さまといっしょに出かけたことのある55192ママパパならではのコメントは、きっと役立つはず…。この夏、東京ディズニーリゾートに出かけるなら、このリサーチ結果をしっかりチェック!思い出いっぱいの楽しい旅になるよう[55192.com]もお祈りしていま~す★


第81回目の投票テーマは「暑さに負けるな!夏バテ対策」です。
今週もぜひ、ご投票ください。

夏の思い出つくりに行こう、家族の思い出つくりに行こう。 夏本番へ…レッツゴー! (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
子連れで“東京ディズニーリゾート”
投票期間
2002.07.11~2002.07.17
有効回答数
422
質問内容

Q1: 子連れでディズニーリゾート(ランド)に行ったことがありますか?
Q2: 子連れで行ったことのあるところ、また行く予定のところを教えてください(複数可)。
Q3: はじめて子どもを連れて行った(行く)のは、子どもが何歳の時ですか?
Q4: 一番買ってよかったお土産、または必ず買いたいと思っているものがあれば、教えてください。
Q5: ディズニーリゾートで、子どもが小さくても楽しめるスポットやイベント、また子連れで行く時のコツがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.