おじいちゃん・おばあちゃんエピソードのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

孫へのプレゼントはどんなもの?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第105回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

赤ちゃんの誕生は、ママパパはもちろんおじいちゃん・おばあちゃんにとっても大きな喜び。
ママパパには厳しかったおじいちゃんが、孫にはもうメロメロで…なんていうお宅も多いのではないでしょうか。

そこで今回のゴーゴーリサーチNOWは、そんなおじいちゃん・おばあちゃんにスポットを当て「孫へのプレゼントはどんなもの?」と題して、アンケートを行いました。赤ちゃん誕生、お誕生日、記念事、入園入学…と、お子さまには、プレゼントの機会もたくさん。

全国のおじいちゃん・おばあちゃんは、お孫さんにどんな贈り物をされているのでしょう? 興味津々の結果発表で~す!

Q1.おじいちゃん、おばあちゃんが孫にプレゼントを買ってくれるのはどんな時ですか?

img123_1

プレゼントの機会として一番多かったのは
「誕生日」で約84.7%。続いて
「クリスマス(約71.9%)」
「お正月(お年玉含む)(約64.1%)」
「お宮参り、七五三、入園入学など成長の節目(約30.9%)」
「ひなまつりや子供の日(約26.9%)」
「会った時はいつも(約16.0%)」
「孫の日(約6.4%)」
「プレゼントはもらわない(約1.2%)」
という結果になりました。
遠距離だったりすると会うたびにもらう、ということになるのかも知れませんね。
また1999年から提唱されはじめた「孫の日」が、プレゼントの機会のひとつになっているのが印象的でした。

Q2-1.孫のために、おじいちゃん、おばあちゃんが、今までにお金を出してくれたもの、または、今後お金を出してもらえそうなものを教えてください。

img123_2

お金を出してくれたもの、また出してくれそうなものとしては
「ベビー服や子供服(約89.5%)」
「おもちゃ(約84.7%)」
「雛飾りやこいのぼり(約69.1%)」
「三輪車や自転車(約55.8%)」
「絵本やビデオ、CD (約49.2%)」
「学習机やランドセル(約46.4%)」
「外食や家族旅行(約45.6%)」
などが上位にランクインしました。
雛飾りやこいのぼりといった節句用品については「おじいちゃん・おばあちゃんから贈られる」という慣習が残っている地方もあるようです。

Q2-2.おじいちゃん、おばあちゃんに子供服を買ってもらった方にお伺いします。どうやって選びましたか?

img123_3

Q2-1で「ベビー服や子供服」とお答えになったみなさまに、その選び方を伺ったところ
「選んで買ってきてくれる(約62.8%)」
「買い物に一緒に行き自分で選ぶ(約52.1%)」
「お金をもらって自分で買いに行く(約22.5%)」
「希望を伝えて買ってきてもらう(約12.5%)」
「福袋やギフトセットをもらう(約3.0%)」
という結果に。
選び方や贈られ方は違っても、プレゼントしてくれる気持ちは同じ。ママパパにとってもうれしいことですよね。

Q3.おじいちゃん、おばあちゃんからのプレゼントで一番高かったものは何ですか?
(差し支えなければ金額も)

金額の高かったものとして一番多かったのは
「雛人形」で、およそ100,000円から700,000円程度でした。
他には
「五月人形・こいのぼり(約50,000円~1200,000円)」
「ベビーカー(約20,000円~80,000円)」
「チャイルドシート(約35,000円~150,000円)」
「学習机(約40,000円~150,000円)」
「学資保険料(約1000,000円~5000,000円)」
などがありました。

Q5.孫ができたことの、おじいちゃん、おばあちゃんの喜びのエピソードがあれば教えてください。

「絶対『じいちゃん』とは呼ばせない!!」と言っていた父が、孫と対面した途端「ばあー、おじいちゃんでちゅよー!!」と自分で言ってしまった…というネタを自分で楽しそうに披露している。(ほい/横浜市戸塚区)3人目の孫なのですが、ベビーシッターの免許を取りに講習を受けに行き、自分も仕事をしているのに合間をぬって取得してしまいました。(さっちゃん/神奈川県大和市)いままで1人で遠方まで足を運ぶことがなかった義母が、孫ができてから孫の顔みたさに、はじめてひとりで新幹線に乗り訪ねてきてくれた事。主人もびっくりしていました。(のりさな/長野県小諸市)とにかく孫にもうメロメロです。何かひとつ出来るようになったら「うちの孫は賢いなぁ」と本気で感心しています。他の人から見れば、普通の事なんですが…。(さくぼん/大阪府高石市)じじは抱きたくってしかたないらしい。ばばが抱いているのに「こっち」と言ってまた抱いています。(みーやん/埼玉県深谷市)それまでこわ〜いかみなり親父だったうちの父が、孫には甘い甘い。「じ〜たん」と言われれば目じり下がりっぱなしです。(りゅうまま/千葉市中央区)とにかく「目の中に入れても痛くない」という言葉はこの人達のための言葉だというくらい、二人の孫をかわいがってます。飛行機が大嫌いで電車で行ける所しか旅行に行かなかった父が、一緒に行きたい一心で3回も海外旅行に連れて行ってくれました。飛行機の怖さより、孫の喜ぶ顔って感じです。(なほ/千葉県市川市)顔がメロメロ〜〜! 孫は違うと人から聞いていたけど、こんなにかわいいものだとは思わなかった!!!!!! 何でもしてやりたいし、何でも教えてやりたい。とにかくかわいい、といつも言っている〜。家にいても「今ごろなにしてるかな〜!」とそわそわしているらしい。(^▽^)(namo/滋賀県大津市)私の両親よりも母方の祖母(娘にとっては曾おばあちゃん)が、娘が生まれたことを一番喜んでくれました。年の差なんと90歳!! お手玉やおはじきなど、私が子供の時に祖母に教わった事を今は娘に教えてくれます。二人が遊んでいる姿を見るのが私の喜びであり、祖母の喜びでもあります。祖母には、いつまでも長生きして娘にたくさんの事を教えてほしいと願っております。(むらりん/山口県下関市)結構こわ面のおじいちゃんなのですが、孫(息子)にはメロメロです。先日孫を連れて映画を見に行きました。そのあとマクドナルドでお昼を食べたそうです。どんな顔をしてハンバーガーを食べたのか…考えるとちょっと笑えます。(erumo/富山県富山市)とにかく喜んでくれました。最近は新幹線が好きと子供が言えば、ただ乗るだけで大宮から宇都宮まで日帰りで連れて行ってくれます。(mizo/埼玉県さいたま市)最近すごくお喋りになってきて「じーちゃん、ばーちゃん」と声に出して呼ばれた時の嬉しそうな顔といったら…めちゃめちゃ幸せを感じる瞬間なんだろうな〜と思って見ています。(KIKI/大阪府大阪市)私たちの小さい頃は食事を絶対に残してはダメ、テレビはつけてはダメだったのに、孫には「食べられんかったら無理に食べさせたらあかん」「テレビは何見るんや」と言う。(ぱぱまん/兵庫県西宮市)私の実家には、そこら中に孫の写真が貼ってあります。なんせ初孫なので嬉しくて可愛くて仕方がないみたい。一緒にお出かけするときはいつもカメラを持参して撮りまくっています。(ぽか/愛知県知多市)主人の義母の話です。長男が0歳の時(今は2歳)、よくベビーカーで散歩に連れて行ってくれたのですが、2歩ぐらい歩いては止まって「寒くない?」とか「大丈夫?」とか話しかけるので、なかなか前に進まなかったらしいです(というのを主人の実家の近所の人が言っていました)。(あこ/大阪府堺市)親という責任のない分、我が子以上に可愛く、惜しみなく愛情を注ぐ事が出来ると聞いた時、もっともその通りだなと思いました。親だからこそ、しつけなどに厳しくなってしまう。おじいちゃん・おばあちゃんは、孫を甘やかしすぎるとよく言われがちですが、我が子の幼い頃に重ねながら、子供を厳しく育ててきたおじいちゃん・おばあちゃんがひと仕事を終えて、心から再び子育てを楽しんでいるのかもしれませんね。(なのたん/広島市西区)とにかくガンコ者で、人付き合いも悪かったおじいちゃんが、孫のために子守歌を歌ったり、外で子づれの人に会うと「何ヵ月ですか?」などと声をかける姿に、仰天!(トモリン/大阪市中央区)親戚が集まった時にお互いの孫の話になり、ウチのばあばは百日の記念写真を額ごともって行き『うちの子が1番かわいい』と自慢してきた! と私たちに報告してくれました。(いっくんママ/札幌市西区)生後3ヵ月から保育園に通っているので「小さいのに毎日がんばっている孫の事を思うと、自分達も元気でいなくては」と生きる励みになると言っていました。(あき/神奈川県横須賀市)主人の母は息子2人に男孫3人、甥っ子2人と子供は男だらけでした。そこに生まれた私の娘! すごい喜びようったらありません。家が近いので私達をしょっちゅうデパートに誘っては服を選んでいます。いつもしみじみと「スカートっていいわね〜、ピンクのヒラヒラっていいわね〜♪」と語っています。(なっとちゃん/大阪府豊中市)

●感想

「孫へのプレゼントはどんなもの?」と題してお届けした第105回目のゴーゴーリサーチNOWの結果はいかがでしたか。

思わず笑ってしまうような、微笑ましいおじいちゃん・おばあちゃんのエピソードもたくさんいただきました。プレゼントについても、決して金額ではなく、喜ぶお孫さんの顔が見たい、何かしてあげたい、という気持ちがあふれているように感じました。

ママパパも、今はそんなおじいちゃん・おばあちゃんの様子を「不思議だ、意外だ」と思っていらっしゃるでしょうが、将来自分たちがその立場になったら…同じように“ジジババぶり”を発揮してしまうのかも知れません。笑ってばかりいられないですね!

第106回目のゴーゴーリサーチNOWの投票テーマは「結婚記念日、どんな風に過ごしたい?」です。
今週もぜひ、ご投票ください。

子育ては“しあわせ育て”。スマイルの輪、大きくひろげて…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
孫へのプレゼントはどんなもの?
投票期間
2003.01.16~2003.01.22
有効回答数
716
質問内容

Q1: おじいちゃん、おばあちゃんが孫にプレゼントを買ってくれるのはどんな時ですか?
Q2-1: 孫のために、おじいちゃん、おばあちゃんが、今までにお金を出してくれたもの、
または、今後お金を出してもらえそうなものを教えてください。
Q2-2: おじいちゃん、おばあちゃんに子供服を買ってもらった方にお伺いします。
どうやって選びましたか?
Q3: おじいちゃん、おばあちゃんからのプレゼントで一番高かったものは何ですか?
(差し支えなければ金額も)
Q4: 孫ができたことの、おじいちゃん、おばあちゃんの喜びのエピソードがあれば、教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

3

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

元気をもらえた子どもの言葉
抽選で10名様に、ミキハウスの「クリスタルラインストーン付きフォトアルバム(ポケット式)」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
マザーズセレクション大賞 &ベストマザー賞
ミキハウス子育て総研が発行している子育て情報誌「Happy-Note」の特別号では、ママたちの投票によって選ばれた「マザーズセレクション大賞」の受賞商品を紹介しています。今回は、ハッピー・ノート ドットコムをご利用いただいているママたちがオススメしたい商品への投票をお願いします。
投票する
今週のプレゼント

特別編リサーチ!

子育てファミリーの移住意向調査2016年
Weeklyゴーゴーリサーチ特別編として、お子さまがいるファミリー(妊娠中含む)の 地方移住についてのお考えについて、結果にまとめました。
見る

特別コラム!

子育てママと子どもにオススメ 防災対策10ヵ条
第606回「防災対策してますか?」のリサーチに寄せられたママ・パパの声をもとに、 Happy-Note.com編集部が「子育てママと子どもにオススメ 防災対策10ヵ条」を提唱します。
見る
保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.