温泉のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

“温泉”行きたいですか?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第203回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

さむ~い冬に行きたくなる場所といえば、「温泉」ではありませんか?
ニッポンには各地にいい温泉がいっぱい。
最近は「スーパー銭湯」も続々とオープンし、ご近所で気軽に温泉が楽しめるようですね。

そこで今回は温泉について大調査。結果を読むだけで、日頃子育てに家事に仕事に大奮闘中の心と体がいやされちゃうかも!

Q1-1. 家族(子連れ)で温泉に行きたいですか?(スーパー銭湯を含む)

img203_1

スーパー銭湯を含む「温泉に行きたい」とお答えの方は約69.0%いらっしゃいました。

「機会があれば行きたい」とお答えの方も約24.7%で、大半のみなさんが温泉に行きたいと思っていらっしゃるよう。
日本人はお風呂が好きといわれていますし、TVや雑誌などの温泉特集も人気があるみたい。
このアンケートでもそんな「温泉好き」があらわれたようです。

Q1-2. 「行きたいと思わない」方にお伺いします。その理由は?(複数可)

img203_2

「温泉に行きたいとは思わない」とお答えの方は約6.3%で、理由としては
「元々あまり好きではない(約31.6%)」とお答えの方もいらっしゃいましたが、
「子どもが小さいので(約36.8%)」
「子連れだと落ち着かないので(約36.8%)」
「妊娠中なので(約26.3%)」とお答えの方の中には、出産したり、子どもがある程度大きくなったりすれば、温泉に行きたいなと思っていらっしゃる方もいるかもしれませんね。

Q2. この1年で温泉に行きましたか、または近々行く予定はありますか?(複数可)

img203_3

ここ1年で温泉に行かれた方は、全体の8割近くを占め、
「旅館・ホテルに宿泊(約43.7%)」
「日帰りで天然温泉(約24.7%)」
「スーパー銭湯(約19.0%)」となりました。

年末年始やお盆の休みを利用してお出かけされたり、帰省のついでにふるさとの温泉に行かれたりした方が多いのでは?
またお泊まりなしでも楽しめる日帰り温泉、気が向いた時、さっと行けるスーパー銭湯も人気が高いようですね。私も近くにできたスーパー銭湯によく行きますよ。
「行っていない」とお答えの方は約37.3%でした。

Q3. 子連れで温泉に行ったことのある方にお伺いします。はじめて行ったのはお子さまが何歳の時ですか?

img203_4

お子さまの温泉デビューの年齢は
「6ヶ月~1歳未満(約39.0%)」
「1歳~2歳未満(約31.4%)」とお答えの方が上位となりました。
お家でのお風呂やお湯になれはじめた頃に連れて行かれる方が多いようですね。

以下は
「6ヶ月未満(約17.5%)」
「2歳~3歳未満(約9.0%)」
「3歳以上(約3.1%)」の順になりました。

Q4. 温泉の魅力は?(複数可)

img203_5

温泉の魅力をお伺いしたところ、約77.0%の方が「ゆったりした時間」にチェックされました。
日頃、育児や家事に大いそがしのママパパにとって、のんびりしたいという気持ちのあらわれでしょうか。「疲労回復」にチェックされた約61.7%の方も同じような気持ちなのかもしれませんね。

次に多くの方が
「露天風呂(約62.0%)」
「広い湯船(約60.3%)」にチェックされました。
温泉の施設はお家のお風呂では味わえない開放感や充実感がありますよね。

続いては、
「美味しい料理(約59.7%)」でした。温泉に料理はつきもの。中には
「風呂上りのビール(約12.0%)」とお答えの方もいらっしゃいましたよ。
「肌がスベスベになる(約29.7%)」
「冷え性改善など効能(約19.0%)」といった効果・効能も温泉の魅力としてチェックされる方もいらっしゃいました。

Q5. 子連れ温泉の楽しみ方のコツがあれば教えてください。また、おすすめの温泉があれば紹介してください(所在の都道府県名も)

おすすめは、北海道札幌市にある定山渓ビューホテルです。とっても広いプールがありますよ。(ゆきえ/北海道札幌市)お勧めというわけではないけれど、子供が7ヶ月の時に初めて行ったのが、北海道積丹半島にある「岬の湯」。露天風呂から海が一望でき、海に夕日が落ちていくのが幻想的でたまらないです。子供にこの魅力はまだわからないけれども、施設は広いし、男女とも脱衣所にベビーベッド完備。やさしい造りになっている。(まんぷ/東京都江戸川区)子供と一緒の時は熱い温泉は避けています。子供が小さいうちは設備が整った所が便利です。あと、子供も風呂上りの一杯(ジュースや水)が楽しみなようで、お風呂上りにドリンクのサービスをしているホテルや旅館がいいですね。お湯で言えば岩手県の長栄館や青森県の八甲田温泉が好きです。(まるちゃん/青森県八戸市)新潟県にある‘じょんのび’がおすすめです。館内着やバスタオルの貸し出しや休憩室もあるので1日のんびりできます。売店で売っている地元の温泉街手作りの出来立てのお饅頭もおいしいです。(ぴいふく/神奈川県川崎市)地元なのですが、長野の別所温泉、よかったです。それから、夏休み中に新潟の赤倉温泉に行くと、温泉街のお祭りに参加でき、とてもよかったです。毎年やっているようで、二年連続福引でお米やら、宿泊券やらを当てました。(えみまま/千葉県千葉市)お風呂の数が多いとこがいいですね〜!伊豆の「つわぶき亭」がおすすめです!家族風呂がとても広くて、露天もなかなかのものでした!たしか、お風呂の数も16風呂くらいあったような・・・。(みぃちゃん/神奈川県横浜市南区)三重県榊原温泉は温泉の色が乳白色で入った後肌がつるつるになります。(まさよ/愛知県海部郡蟹江町)おすすめはスパワールド(大阪市)です。とにかく湯船がいろいろあり子供が多少騒いだりしてもぜんぜん気を使う必要がないぐらい広い。おまけに水着で入るゾーンもあるので家族で楽しめます。温泉を楽しむ施設です。(あちし/大阪府河内長野市)子供が小さいと、お風呂からあげるのが大変だけど、家族風呂があるところは手伝ってもらいやすいのでよかった。白浜のラフォーレ南紀白浜おすすめ!(のぶりん/兵庫県明石市)愛媛県松山市星岡町の星岡(ほしのおか)温泉千湯館 こぢんまりとしている所が気に入ってます。石の上(パワーストーン)に寝るだけの入浴もぽかぽかして気持ちいいです。(はるちゃん/愛媛県松山市)お勧めの温泉は、島根県にある「玉造温泉・ゆーゆ」です。浅い湯船もあるし、露天風呂も一部は浅いので助かります。ご飯も食べることができます。また同じ島根県の温泉プール「ゆうプラザ」も小さい子もちょっと大きい子も楽しめますよ。(あき/島根県益田市)熊本阿蘇にあるファームビレッジ!まだ一回しか行ったことないけどバイキング形式の料理は色んな国の料理を用意してあり、なんといってもオフロの数が多い!慣れるまで違う種類の温泉に移動する間がなんとなく気恥ずかしいけど慣れてしまえば開放的でいいです!でも子供はパパに預けて一人で楽しんでみたいなぁ。(りえっぴょん/宮崎県延岡市)子供がまだ小さくて行っていないんですが、そろそろ1歳なので近々行きたいです。楽しむにはやはりだんなだけでなく、両親もそろっていったほうがみんなで子供の面倒見れて楽ですよね。おすすめは、鹿児島の霧島温泉。あとは指宿の菜の花館。ここは露天もあって、260円くらいでは入れます。宿泊もできていいですよ。(りょこ/鹿児島県揖宿郡)

●感想

温泉について伺った第203回のリサーチはいかがでしたか?
今回もみなさまからたくさんのご協力をいただき、ありがとうございました。
とくにQ5のおすすめの温泉は、他にもいろいろな温泉を紹介していただきました。全部掲載できずにゴメンナサイ。

さて、昔は温泉といえば、大人の旅行、お出かけという印象が強かったのですが、最近は、子どもが楽しめる施設・設備が充実している旅館やスーパー銭湯も増え、家族のお出かけとしても定着しているようですね。
機会があれば、温泉に出かけてみてはいかがでしょうか。
ただお子さまは湯あたりや湯冷めをしたり、お風呂で転んでケガをしたりと、万一のこともあるので配慮をお忘れなく。

第204回目のゴーゴーリサーチNOWの投票テーマは「洗濯機&洗濯事情調査」です。今週もぜひ、ご投票ください。

家族そろってのんびり温泉。スキンシップ&コミュニケーションも深まり、心も体もポカポカだね…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
“温泉”行きたいですか?
投票期間
2005.01.27~2005.02.02
有効回答数
331
質問内容

Q1-1: 家族(子連れ)で温泉に行きたいですか?(スーパー銭湯を含む)
Q1-2: 「行きたいと思わない」方にお伺いします。その理由は?(複数可)
Q2: この1年で温泉に行きましたか、または近々行く予定はありますか?(複数可)
Q3: 子連れで温泉に行ったことのある方にお伺いします。はじめて行ったのはお子さまが何歳の時ですか?
Q4: 温泉の魅力は?(複数可)
Q5: 子連れ温泉の楽しみ方のコツがあれば教えてください。また、おすすめの温泉があれば紹介してください(所在の都道府県名も)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.