年賀状のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

どうする!我が家の年賀状2006

Weekly ゴーゴーリサーチ(第245回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

12月を迎え、そろそろクリスマスやお正月の準備を始める頃ですよね。
その中のひとつが年賀状ではありませんか?
そこで今回は「どうする!我が家の年賀状2006」と題してリサーチしました。

このテーマは、第3回(2000.12.14~2000.12.20)、第146回(2003.11.20~2003.11.26)でも実施しており、年代によってどんな変化があるかもポイント。
さっそく興味津々の結果を発表しましょう!

Q1. 来年の年賀状、我が家では何枚ほど出す予定ですか?(まだ決めていない人は推定で)

img208_1

年賀状を出す方の予定枚数は、
「51~100枚」とお答えの方がもっとも多く、約40.8%いらっしゃいました。
過去2回のリサーチでも「51~100枚」がトップでした。
ママ、パパ、子どもたちと、それぞれのお付き合いを考えると、100枚近くまで枚数が増えていくのでしょう。

以下は、
「21~50枚(約25.2%)」
「101~150枚(約19.1%)」
「151枚以上(約7.4%)」
「1~20枚(約4.2%)」
となりました。

Q2. 年賀状はどのように作成しますか?(数種類つくる場合は複数可)

img208_2

年賀状を作る方法は、「パソコンを使ってつくる」とお答えの方がもっとも多く、約78.1%いらっしゃいました。
今回は複数回答可とさせていただいたのですが、ほとんどの方がパソコンのみで作成されるよう。
過去2回もパソコンを使う方がトップでしたが(2000年・約62%/2004年・約75.9%)、今回はパソコンを使う方がさらに増えています。
郵政公社が発行するお年玉付郵便葉書も、家庭用のプリンターでの印刷に対応するインクジェット用が売れているよう。
一家に一台のパソコンがあたりまえになりつつあるんですね。

以下は
「写真を指定してDPEで(約11.9%)」
「ネットで発注する(約5.5%)」
「すべて手書き、手作り(約4.5%)」
「出来合いのものを購入(約2.6%)」
となりました。

Q3-1. どんなデザインにする予定ですか?(数種類つくる場合は複数可)
Q3-2. その他の場合は、どんなデザインですか?

img208_3

年賀状のデザインは、「子どもの写真」とお答えの方がもっとも多く、約64.3%いらっしゃいました。
過去2回も「子どもの写真」がトップ(2000年・約63%/2004年・約57.9%)。
なかなか会えないおばあちゃんやおじいちゃん、親戚などに子どもたちの成長を伝えるには、写真入りがいいですよね。

さらに今回の傾向としては複数回答された方が多く、「家族全員の写真」とお答えの方が約33.8%、「干支のイラスト」とお答えの方が約33.8%いらっしゃいました。
パソコンで手軽に作れることから、いろいろなデザインにチャレンジされるのかもしれませんね。

その他ではこんなデザインも挙げられました。

Q3-2:【年賀状のデザイン~その他のお答え】

・パソコンで家族全員の絵を書いて載せる
・愛犬の写真
・来年の干支が戌なので、愛犬2匹と子供の写真
・干支のイラストと子供の写真をデザインします
・相手の子供の写真
・既成ソフトに写真をはめこみ
・絵の具使った絵手紙(ハガキ)
・子供作成の干支絵をプリントゴッコして印刷予定
・自家製の干支ハンコ
・風景

Q4. 住所や名前と一緒にメールアドレスは入れますか?

img208_4

Q2.でお答えいただいたように、多くの方が年賀状作成のためにお使いのパソコン。
メールも活用されていると思いますが、年賀状にはメールアドレスを「いれない」とお答えの方が多く、約62.0%いらっしゃいました。
セキュリティ面を考えて記載しない方が多いのかもしれませんね。

「パソコンのメアドを入れる」とお答えの方は、約30.5%でした。

では、携帯のメールアドレスはどうでしょう。
パソコン、携帯の「両方のメアドを入れる」とお答えの方は約4.9%、
「携帯のメアドを入れる」とお答えの方は約2.6%で、携帯のメールアドレスを記載される方は少なめでした。

Q5. 住所や名前と一緒に電話番号は入れますか?

img208_5

電話番号の記載は、
「固定電話の番号を入れる」とお答えの方がトップで、約58.9%いらっしゃいました。
家族の連絡先として固定電話の番号を記載されるのでしょう。

続いて多かったのは、
「入れない」とお答えの方で、約35.9%いらっしゃいました。
メールアドレス同様、セキュリティ面が気になりますよね。

個別に電話がかかってくる携帯電話の場合、さらに心配なのか、
「携帯の番号を入れる」とお答えの方は、約1.0%でした。

「両方の番号を入れる」とお答えの方は、約4.2%となりました。

Q6. 年賀状に関する我が家ならではの工夫があれば教えてください。

住所録は私がやって、デザインなどは主人がやります。片方がやると大変だけど、二人でやると早いしお互い納得なので。一番の問題は家族そろった写真を撮ることですね。(げんなお/大阪府堺市)毎年、パパのこだわりで手作りハンコを作っています。気持ちが入った年賀状ができるから、ずっと続けたいんだって。(クラウディア/東京都中野区)和紙の切り紙を貼ったり、スタンプ押したり可愛らしくする。(かよなん/埼玉県川口市)子どもにその年の干支の格好をさせて撮った写真を使う。(パル/香川県 丸亀市)市販の本は購入せずに無料写真テンプレートをネットで探します。言葉を足したりすればなかなかのものに仕上がりますよ。(もえ/東京都福生市)元デザイナーのワタシの年一回の出番が年賀状。プリンターの余白を念頭に入れて、あまりインクを使わないデザインを考えてます。(CIRO/愛知県大府市)1枚余分に印刷して子供のアルバムに貼ります。(じぶもる/神奈川県横浜市)相手によって変わるけどキラキラシールや可愛いシールを貼りまくる。目立つように・・・。子供の写真は厳重に吟味して選びます。(happy!yoshiko/兵庫県神戸市)

●感想

第3回(2000.12.14~2000.12.20)「どうする!我が家の年賀状」、第146回(2003.11.20~2003.11.26)「どうする!我が家の年賀状2004」と行ってきた恒例の年賀状リサーチ。今回の結果はいかがでしたか?

デザインを重視されるだけでなく、相手によって違うパターンを用意したり、子どもの写真を避けたり、手書きでメッセージを添えたりなど、きめ細かな配慮が行き届いていて、「さすが!55192ママパパ!」と感心しちゃいました。
確かに年末の忙しいときに書いたり、作ったりするのは大変ですが、お正月に年賀状がたくさん届くとうれしいように、送る相手もきっとあなたの年賀状の到着を待っているはずですよ。

第246回目のゴーゴーリサーチNOWの投票テーマは「2005年クリスマスプレゼント事情」です。今週もぜひ、ご投票ください。

2006年の「おめでとう」と「よろしく」のため…心を込めて年賀状を作ろう…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
どうする!我が家の年賀状2006
投票期間
2005.12.01~2005.12.07
有効回答数
333
質問内容

Q1: 来年の年賀状、我が家では何枚ほど出す予定ですか?(まだ決めていない人は推定で)
Q2: 年賀状はどのように作成しますか?(数種類つくる場合は複数可)
Q3-1: どんなデザインにする予定ですか?(数種類つくる場合は複数可)
Q3-2: その他の場合は、どんなデザインですか?
Q4: 住所や名前と一緒にメールアドレスは入れますか?
Q5: 住所や名前と一緒に電話番号は入れますか?
Q6: 年賀状に関する我が家ならではの工夫があれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.