ママの仕事のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ママの“お仕事”事情調査

Weekly ゴーゴーリサーチ(第336回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

今、ますます増えつつある「ワーキングマザー」。
仕事と育児の両立は大変ですが、「家計を支えたい」「自分の生きがいを持ちたい」などの気持ちがあるのでしょう。
もちろん、ママが働くことはパパをはじめまわりの人の理解、ご家庭の状況などによっても異なり、いろいろな考え、お悩みもあるはず。

そこで、今回は「ママのお仕事」について調査。
「子どもがある程度大きくなったら働きたい」「働くより子育てに専念したい」など、ママの思いを教えていただきました。

Q1.現在、仕事をしていますか?

img018_1

現在、ママはお仕事「していない」とお答えの方がもっとも多く、64.0%でした。
55192ママの場合、赤ちゃんや小さいお子さまをお持ちの方が多いので、仕事を持つことは難しいのかも。

仕事をしているママは、「フルタイムでしている」とお答えの方が14.0%、「パートタイムでしている」とお答えの方が10.1%でした。

Q2.現在、仕事をしていない方にお伺いします。いずれ仕事をしたいと思いますか?

img018_2

Q1で仕事を「していない」とお答えのママも、いずれはお仕事をしたいとお考えのようで、「子どもの手が離れたら仕事をしたい」とお答えの方が64.0%でトップに。

「できるだけ早く仕事をしたい」とお答えの方も15.4%いらっしゃいました。

一方、「積極的に仕事をしたいとは思わない」とお答えの方は20.6%でした。
ママ・パパの気持ちやお子さま、お家の状況によるのでしょう。

Q3-1.現在、仕事をしている、または仕事をしたいと思っている方にお伺いします。仕事をする主な理由は?(複数可)
Q3-2.その他の場合は具体的に?

img018_3

ママが仕事をする理由は、
「生活や教育などお金のため(60.1%)」
「家事や育児以外の時間を持ちたい(36.7%)」
「社会的、経済的に自立したい(24.0%)」
「今までのキャリアを無駄にしたくない(17.5%)」
「新しい可能性や夢に挑戦したい(11.4%)」
「仕事が好きだから、生きがいだから(10.1%)」
という順番になりました。

もっとも多かったお答えは、「生活や教育などお金のため」。
景気が回復しているとはいえ、なかなか先行きが不透明な世の中。
生活費や教育費の値上げもあり、お子さまの将来を考えてお仕事をされているのでしょう。

続いては、「家事や育児以外の時間を持ちたい」「社会的、経済的に自立したい」といったママ自身のために仕事をするというお答えに多くのチェックが入りました。
仕事をしていると生活にメリハリが生まれ、育児にもまた違った気持ちで取り組めるのでしょう。
ママ以外にも、女性、社会の一員としての自分でありたいという気持ちも多くの方がお持ちのようです。

また、キャリアをお持ちの方は「無駄にしたくない」ことが理由になっているよう。
「仕事は好きだから、生きがいだから」にチェックをされた方もいらっしゃいました。

その他では下のような場所が挙げられました。

Q3-2:【ママが仕事をする理由~その他のお答え】

・肥満防止のため
・家業なので
・子どもを保育園に入れたかったから
・自分の自由に使えるお金が欲しい
・主人が土木業を経営しています。陰で支えることが私の仕事です。
・主人のためです
・生活のリズムを作るため
・専業主婦だと肩身が狭いから
・復職するのが当然の職場なので

Q4.仕事と育児の両立や仕事探しのコツなど、これから仕事をしたいと思っている方へのアドバイスがあれば教えてください。また、これから仕事をする上で、不安なことやネックになっていることなどを教えてください。

1歳の子供を保育所に預けてパートで働きたいけど、1歳だと保育料がすごく高くて、私の給料がほとんどなくなる・・・。 だったら預けないほうが良いような感じになる。生活のために少しで働きたいと思っていても、他に子供を面倒見てくれる人も近くにいないし、実際できる環境ではなくて悲しい。(ハル/福島県二本松市)いざ仕事を始めるとなると、子供の病気で仕事に穴をあけてしまう恐れがあるので、病児の保育者が確保できないとなかなか仕事探しに踏み込めない。また、金銭的にはゆとりが出ても、主人や子供が安心して安らげる家庭環境がつくれるか心配。(dougenmama/鹿児島県奄美市)これから就職活動をするにあたり、やはり小さい子がいるのはハンデになります。そのハンデをカバーできるくらい得意な仕事分野があればいいのですが、特にありません。経理のエキスパートだったり、専門分野の資格ない。かなり不安です。(おやつ/岩手県奥州市)元々の仕事がIT系(サーバ管理)で残業が多い。また深夜や休日残業、急な呼び出しもあり得る。夫婦だけのときはバリバリ働けたけれど、この先子どもを抱えては無理だし、といってこの年齢で今さら新しい業種というわけにもいかないし…働きたいのにとても悩んでいます。(ともぞう/東京都小平市)歳が35歳過ぎると思うので雇ってもらえるのかが心配。子供もいると採用されづらいのを目の当たりで見てきたのでそこが心配です。(yu-mi-/北海道帯広市)社会から離れ、専業主婦になって早5年。正社員として働いていた時の感覚というか、社会人としての判断基準を失っている気がして、自分が再び会社組織の中で通用するのか不安です。 あと、パソコン操作にしても最新のソフトを使いこなせるかどうか、技術面の不安もあります。(かおっち/広島県福山市)

●感想

第336回のリサーチ「ママの“お仕事”事情調査」にもたくさんのご投票いただき、ありがとうございます。
お子さまをお持ちのママにとって育児と仕事の両立は大変なこと。国や地域、企業も「子育て支援」に力を入れ、ママが働きやすい環境を今以上に整えようという傾向にありますが、保育園に空きがない、病気になった時どうする?など問題も山積みで、働くことに躊躇しているママもいらっしゃいました。

一方、仕事をしているママからは働く意味や目的、目標を持っておくこと、そしてパパ、家族、親戚、職場などまわりの方に理解してもらうことが大切という声が多く聞かれました。
家事や育児など任せられる部分は任せながらも、社会人である以上、責任をしっかり果たすことが重要なのでしょう。

もちろん、育児・家事に専念することも、ママにしかできない大きな「仕事」です。
社会に出て仕事をするにしても、しないにしても、ママがいきいきと輝き、パパやお子さまも幸せになる道を選びたいですね。

第337回目のゴーゴーリサーチNOWの投票テーマは「どうなる・どうする七五三!?」です。今週もぜひ、ご投票ください。

パパ、子どもにハッピーをもたらすママの笑顔!もっと笑顔がはじけるよう自分らしく生きたいね…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
ママの“お仕事”事情調査
投票期間
2007.10.11~2007.10.17
有効回答数
336
質問内容

Q1: 現在、仕事をしていますか?
Q2: 現在、仕事をしていない方にお伺いします。いずれ仕事をしたいと思いますか?
Q3-1: 現在、仕事をしている、または仕事をしたいと思っている方にお伺いします。仕事をする主な理由は?(複数可)
Q3-2: その他の場合は具体的に
Q4: 仕事と育児の両立や仕事探しのコツなど、これから仕事をしたいと思っている方へのアドバイスがあれば教えてください。また、これから仕事をする上で、不安なことやネックになっていることなどを教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.