ママの自転車のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ママの自転車はどんなの?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第374回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

6月1日に道路交通法の一部が改正され、6歳未満の子どもを乗せるなどの場合を除いて二人乗りには罰金が科せられることになりました。
とはいっても、自転車はお子さまを持つママにとって不可欠な移動手段。
二人乗りだけでなく、子どもを自転車の前後に乗せて走る三人乗りを見かけることも…。

一方で自転車での事故が増えていることもあり、ママたちの現実と自転車の安全性などを伴わせていくことも必要となっています。
そこで今回は「ママの自転車はどんなの?」と題し、リサーチを行いました。

Q1-1.どんな自転車に乗っていますか?
Q1-2.その他の場合はどんな自転車ですか?

img724_1

55192ママが乗っている自転車は「いわゆるママチャリ」とお答えの方が44.4%でトップ。
前カゴや荷台が付いて、また乗りやすい、お値段がお手頃な点も魅力ですよね。

また「子ども乗せ専用自転車」に乗っておられる方は18.0%でした。
道路交通法のこともあり、安全性を考えると、専用のシート、足置きなどが付いた自転車が安心ですよね。

一方、今回のリサーチでは自転車を「持っていない」とお答えの方も23.6%と多くいらっしゃいました。
お子さまが赤ちゃんの方、マタニティの方は、自転車はまだ必要ないのかもしれませんね。

その他では下のような自転車が挙げられました。

Q1-2: 【55192ママが乗っている自転車~その他のお答え】

・トンボと呼ばれてる普通の自転車(ハンドルが横一直線)
・プジョーのシティーサイクル
・学生時代に使っていた普通の自転車
・小型で車の座席の後ろに横向きで乗せられるもの

Q2-1.自転車を使うのはどんな時ですか?(複数可)
Q2-2.その他の場合はどんな時ですか?

img724_2

ママたちが自転車を使われる時は、「日常の買い物や用事」とお答えの方が55.6%でトップ。
さっと出かけられ、荷物を積めるのもいいですよね。

続いて、「公園やお友達の家など」とお答えの方で29.6%でした。
自転車なら駐車場の心配もなく、小回りが利くのでしょう。

「保育園や幼稚園の送迎」とお答えの方は22.8%でした。
忙しい朝夕は少しでも時間を短縮したいもの。グズるお子さまをとにかく乗せて疾走するママの姿もよく見かけますね(笑)

また「あまり使っていない」とお答えの方も24.8%いらっしゃいました。
お子さまが小さい、ごきょうだいが多いなどの場合、自転車で出かけるのがかえって不便な場合もあるのでしょう。

その他では下のようなお答えが挙げられました。

Q2-2: 【ママたちが自転車を使われる時~その他のお答え】

・駅までの交通手段として
・帰省 ・病院への通院
・幼稚園・学校の行事

Q3.自転車はどこで購入しましたか?

img724_3

自転車を購入した場所・お店は、「自転車屋さん」とお答えの方が33.0%でトップ。
自転車屋さんは種類も多く、乗り方やチャイルドシートの取り付けなどいろいろな相談ができますよね。

続いては「ホームセンター」とお答えの方で24.5%でした。
ホームセンターの場合、お値段がリーズナブルなのかも。

「スーパー」とお答えの方は14.6%でした。
最近はオリジナルブランドの自転車を販売しているスーパーもあり、購入される方が多いのでしょう。

Q4.パンクの修理はどうしてますか?(複数可)

img724_4

自転車の故障といえばパンク。
修理は「自転車屋さんに頼む」とお答えの方が多く、54.4%。
やはりプロに任せるのが早くて安心です。

「パパに頼む」とお答えの方は12.8%でした。
最近はホームセンター等でパンク修理が簡単にできるキットも売っているそう。近所に自転車屋さんがない、定休日にパンクしたなどの際はパパが頼りになりますね。

「パンクしたことがない」とお答えの方は16.4%でした。

Q5.自転車に子どもを乗せるコツ(すぐ寝てしまうなど)や自転車でのトラブル(雨の日や駐輪)があれば教えてください。

うちの子は乗り物乗せる=寝る・・だったので、寝てもある程度カバーできるよう、高い背もたれのある、肩から固定できる、子供乗せる用のものを後に取り付けました。(なおねず/神奈川県茅ヶ崎市) 必ずヘルメットの着用をする。子供のもち手にぶつかっても良いように専用のクッションをつけた。(まめちゃん/広島県広島市) ハンドルを固定できるようになっているので子供を乗せるときは必ずストッパーをかけてから乗せる。雨の日は子供と一緒には極力自転車に乗らない。(でん子さん/大阪府八尾市) 月齢が小さければ小さいほど補助椅子で寝る率は高いです。なのでベルトはクロスするタイプのを使うと安全です。特に後ろは見えないのでベルトとヘルメットは必須です。(☆ひかる☆/新潟県新潟市) ヘルメットをかぶるのを嫌がったので、ロードレースの出場者がかぶっている様子を見せ「かっこいいね!ほら、みんな同じヘルメットかぶってるでしょ?」といってヘルメットはカッコイイという印象をつけたので、それ以来、かぶってくれるようになりました(^^)(霧丸/福岡県福岡市) 最初は娘が自転車に乗るのを嫌がっていて手を焼いていたのですが、ある突然自ら乗りたいと言う様に・・・。というのも、娘の好きなバスに乗った時『そうだ、屋根のない自転車バスに乗せたつもりにさせればいいんだ〜』と名案(?)が浮かび、それ以来私は娘を自転車に乗せて、『次は市役所前〜、運賃は230円頂きます〜』と運転手兼アナウンス係になっています。他人から見たら、おかしいかも??(笑)(ジャスミン30/大阪府門真市) 雨の時に、傘をさしながらの運転は危ないので、少しくらいの雨だったら、傘をささずに洋服のフードをかぶって、両手でハンドルを持つようにしています。後ろに乗っている子供は、カッパ+傘で濡れない対策です。(ゆいなっち/東京都足立区)

●感想

「ママの自転車はどんなの?」と題した今週のリサーチにもご協力いただき、ありがとうございます。
ちょっとしたお出かけやお買い物、保育園・幼稚園の送迎などにさっと使えて便利な自転車。
昨今のガソリン高騰やエコロジーのことを考えると、お得&クリーンですよね。
ただお子さまを乗せる場合は、転んだり、お子さまが寝てしまったりと、危ないことも…。
ヒヤっとした経験をお持ちの方もいらっしゃいました。

もちろん55192ママは子ども乗せ専用自転車に乗る、チャイルドシートを付ける、必ずヘルメットをかぶせるなど配慮されていましたが、一般的には自転車はあまりにも身近な乗り物だけに自動車に比べると安全への意識が低いかも。
今一度、安全運転を心がけたいですね。
また自転車購入の際は、どういうシチュエーションで使うことが多いか、ママの自転車乗りのスキルなども考えて、ぴったりな一台を選びましょう。

第375回目のゴーゴーリサーチNOWの投票テーマは「暑さに負けるな!夏バテ対策」です。今週もぜひ、ご投票ください。

心地よい風を感じながら自転車でGO!思わず鼻歌を歌いたくなっちゃうね…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
ママの自転車はどんなの?
投票期間
2008.07.17~2008.07.23
有効回答数
308
質問内容

Q1-1: どんな自転車に乗っていますか?
Q1-2: その他の場合はどんな自転車ですか?
Q2-1: 自転車を使うのはどんな時ですか?(複数可)
Q2-2: その他の場合はどんな時ですか?
Q3: 自転車はどこで購入しましたか?
Q4: パンクの修理はどうしてますか?(複数可)
Q5: 自転車に子どもを乗せるコツ(すぐ寝てしまうなど)や自転車でのトラブル(雨の日や駐輪)があれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.