子連れ旅行のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

“子連れ旅行”実態調査

Weekly ゴーゴーリサーチ(第506回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

楽しい家族での旅行。先のゴールデンウィークにどこかへお出かけした方も、夏休みに向けて計画中の方も多いことでしょう。
そこで、今回は「“子連れ旅行”実態調査」と題してリサーチを実施。皆さまに定期的にお伺いする恒例のテーマでもあります。
子連れだからこその旅行のポイント、楽しい旅行先などがよくわかりますよ!

Q1.お子さまの年齢を教えてください。(きょうだいがいる場合は複数にチェック)

Q1.お子さまの年齢を教えてください。(きょうだいがいる場合は複数にチェック)

今回のリサーチで「子連れ旅行」の対象となる子どもの年齢は、

  • 「0歳(17.8%)」
  • 「1歳(24.7%)」
  • 「2歳(17.8%)」
  • 「3歳(18.4%)」
  • 「4歳(16.7%)」
  • 「5歳(10.9%)」
  • 「6歳(13.8%)」
  • 「7歳以上(29.3%)」
でした。

Q2.今までに子連れでいった旅行の宿泊経験(帰省を除く)を教えてください。(複数可)

Q2.今までに子連れでいった旅行の宿泊経験(帰省を除く)を教えてください。(複数可)

子連れ旅行の宿泊日数は、「1泊2日」とお答えの方が60.3%でトップ。1泊だと子どもにもママ・パパにも負担がかからず、気軽に行けますよね。
次は「2泊3日」で、40.2%の方がチェック。
一方、「4泊5日以上」と長く宿泊した経験をお持ちのファミリーも21.3%いらっしゃいました。

Q3-1.旅行先や宿泊施設はどうやって決めますか?

Q3-1.旅行先や宿泊施設はどうやって決めますか?

旅行先や宿泊施設を選んだり、決めたりするのは、「ネット」とお答えの方が80.5%とダントツ。今や何をするにも情報源は「ネット」!? ホームページから予約ができたり、交通手段や周辺の観光情報を調べたり、クチコミや評判をチェックできたり…と、便利ですよね。
続いては、「旅行情報誌」とお答えの方が36.8%。雑誌はシーズンごとに特集が組まれていたりして、お出かけのきっかけや参考にしやすいもの。じっくり選べるのもいいのでは?
「チラシやパンフレット」とお答えの方も多く、30.5%。航空券やホテルがパックになったプランやお得なプランがみつけやすいのでしょう。

Q3-2.「その他」の場合は、どうやって決めますか?

  • ・クチコミサイト
  • ・クレジットカード会社の割引が出来る所
  • ・気分で
  • ・行き当たりばったり

Q4-1.子連れ旅行で宿泊施設に準備があると助かるものや嬉しいサービスを教えてください。(複数可)

Q4-1.子連れ旅行で宿泊施設に準備があると助かるものや嬉しいサービスを教えてください。(複数可)

子連れで旅行する場合、気になるのが宿泊先のサービスやアメニティのこと。ママ・パパが助かる、うれしいと思っているベスト3は、

  • 「子ども用のメニュー(62.6%)」
  • 「貸し切り家族風呂(62.1%)」
  • 「和室・たたみ(60.9%)」

旅行のお楽しみといえば、やっぱり料理。それだけに、子どもが食べられないメニューばかりではかわいいそうですよね。
「貸し切り家族風呂」は、子どもが少しぐらい騒いでも大丈夫。まわりに遠慮せずに、ママもパパもゆっくり満喫できることがいいのでしょう。
また、小さな子どもの場合、ベッドだと落ちてしまう心配があるので「和室・たたみ」を選ばれるのかな。
以下は、「添い寝ができるベットサイズ(59.8%)」「従業員が子どもに親切(59.2%)」
「子連れ割引の宿泊料金(55.7%)」 「子ども用の浴衣や室内着(51.7%)」「近隣の遊園施設の割引券(51.1%)」がランクイン。
また「その他」のお答えでは、多くの方が細かい点まできっちり回答してくださったので、ぜひ参考にしてください。

Q4-2.「その他」の場合は、どんなことですか?

  • ・タオルがたくさん用意されていると便利
  • ・カットバン、小児用薬、体温計など突然の病気に対応できること
  • ・ミネラルウォーター
  • ・ベッドならサイドにとりつける落下防止の柵
  • ・ベビーチェア
  • ・部屋に子供用のイスがあれば便利です
  • ・防水シーツ、ベビーカー、洗濯干し
  • ・子ども用のお風呂セット、子ども用のスリッパ
  • ・ベビーシャンプーや洗面台の踏み台ステップ
  • ・温泉では脱衣所にベビーベッドがほしい
  • ・子どもが小さかった頃はバスチェアやベビーカー
  • ・温泉などから着替えなくてもいいようなポンチョバスタオル・洗い場での子ども椅子(お腹のところでロックできるもの)
  • ・子どもが喜ぶサービスの有無
  • ・送迎、部屋の配置への考慮、食事なしの子供への白飯などのサービス
  • ・土足じゃない
  • ・隣の部屋に音・泣き声が響かないこと。(安い宿泊施設は壁が薄い傾向があるので、避けています。)
  • ・ホテルの部屋がコネクトルームだと助かる。私の姉の家族や母と一緒に旅行することが多く、子どもたちが複数の部屋を行ったり来たりして廊下でうるさく、他の宿泊客の迷惑になるため。コンビニもあるとよい。牛乳だけ、おにぎりだけ買いたい時もある

Q5.今まで子連れで旅行・宿泊して良かった所の、具体的に場所や内容を教えてください。

〜東日本・北海道〜

十勝の「和みの風」。夕食のメニューがとても良く、親切でアットホームな宿でした。おもちゃや絵本もあるので小さなお子さんがいる家庭でも安心して泊まれると思います。(ペネロペ/北海道札幌市)北海道に行ったときに「リッチモンドホテル」に泊まりました。子供にプチタオルをくれたり子供用の寝まき・枕・ベビーベットも用意してくれていて大助かりでした。(たろう/徳島県徳島市)「アンバサダーホテル」。やはり、子どもの好きなキャラクターが随所に散りばめられている。子連れが一般的なだけに、子どもに対してのスタッフの対応も暖かく、かつホテルマンとしての意識も高い。「三井ガーデンホテル」。ホテルだけど大浴場があり、子どもをお風呂に入れやすかった。またベビー用お風呂イスも置いてあった。(りーじぇ/福井県福井市)「ディズニーサンルート」。子供連れでも安心。踏み台、歯ブラシ、パジャマ、ベッドガード、加湿器など色々付いていた。お風呂の洗い場も大きくて助かった。(あずまんま/山形県山形市)房総の方の紋屋という旅館が初めての旅行でしたが、グッズがそろっていたり、部屋でゆっくり食べられたり、写真をとってラミネートして渡してもらったり、とてもいい思い出になりました。ベビーマッサージ教室にも参加出来、親子で楽しめました。(こまめ/東京都練馬区)「ホテル昇龍館」。東京都内、お茶の水駅から徒歩5分でしたし、都内では珍しい和室や大浴場のある宿でした。ベッドだと子供が自由にはしゃげず色々心配ですが、和室はやはり安心です。お部屋は新しくすごくキレイでした☆☆☆美味しい朝食もお子様用にと(無料なのに)色々出していただきました(^^)子供イスもありましたよ♪東京観光にぜひオススメしたいです!!(ゆな/長野県長野市)東伊東の「米屋」さんという温泉宿がとってもよかったです!4歳の双子の娘たちはことあるごとに「米屋さんにいきたいよ?」というほど。よかったのは、お部屋に温泉がひかれていて気兼ねなく家族で温泉を楽しめた点と、客室の配置がよく考えられていてまったく他の宿泊客の気配を感じずに過ごせたことです。お部屋も手入れが行き届いていて本当に良かったです!(ゆずゆず/神奈川県横浜市)伊豆の「つるや吉祥亭」。子供には別メニューを用意してくれ、部屋もゆとりのある部屋に案内してくれて、夜店コーナーのような場所があり、子供を楽しませてくれる。大人は魚料理を味わえて、子供の喜ぶ顔が見れて、幸せ気分に浸れました。(りくりく。/石川県白山市)ディズニーランド近くのホテルは、お風呂がユニットバスではなく、トイレと別々だったので洗い場があり小さい子供とはいるのに良かった。またベッドガードを貸してくれたので子供がベットから落ちることがなくて良かった。山梨の三珠の湯という温泉は、子供用にタミーバスが洗い場においてあり、自分が体を洗うときに0歳の子供を入れておけたのでゆっくりと体を洗うことができて助かった。(ひでまる/山梨県甲府市)「ホテルグリーンプラザ軽井沢」。場所は、軽井沢にあります。部屋には、子供用の補助便座、椅子があり、子供がいても安心して宿泊することができます。食事も、離乳食も用意されており、バイキングなので、親子そろって楽しめました。すぐ近くには軽井沢おもちゃ王国があるので、子連れでの旅行におすすめです。(つぼっこ/長野県松本市)長野県の「樋口旅館」。宿泊数が最大5組という小さめの旅館でしたが,その分部屋も広く隣とも離れていて子どもの泣き声など気にすることなくすごせました。お子様連れ歓迎という文句につられて宿を決めたのですが、部屋にある障子も少し固めで触ったくらいでは敗れない強い紙だったのでたすかりました☆貸切風呂もあり家族で入ることもでき嬉しかったです。(じゅうべえ/新潟県長岡市)〜西日本・沖縄〜

伊勢・鳥羽に行くことが多くて、宿泊は「鳥羽シーサイドホテル」がよかった。バイキングも豊富で味もよく、部屋も広くてきれいな部屋にランクアップしてくれて、お風呂もよかった。(らりらり/京都府宇治市)鈴鹿サーキットのホテル。子供は添い寝で無料なのに、子供用の歯ブラシ、スリッパ、踏み台など、色々なものが親切に用意してあった。(ビーグル/愛知県名古屋市)和歌山県和歌山市マリーナシティー内の「ロイヤルパインズホテル」。家の近くですが、子供が1歳半の頃に旅行気分を味わいたいと思って宿泊しました。特に子供向けのサービスなどはなかったように思いますが、宿泊前、メールでの問い合わせにも丁寧に対応していただけ、添い寝ができるベッドサイズの部屋を提供してくれたり、従業員の方が皆さんとても親切にしてくださったので快適に宿泊できました。近くにはポルトヨーロッパや黒潮市場など子供と楽しめる施設もあり、プチ旅行(?)を満喫しました。(つっきー/和歌山県和歌山市)京都の「緑風荘」は小さいけどスタッフがとても優しく、食事も子供用でもきちんと豪勢でよかったです。現在リピーターです。(りょうちゃん/佐賀県伊万里市)淡路島の「グランリゾートホテル(会員制)」のキッズ対応の部屋は柱にクッションがつけてくれてたり、プレイマットが敷いてありよかったです。大浴場もベビー用のチェアやシャンプーが常備してありとても助かりました。(ひらひろ/静岡県浜松市)岡山の「鷲羽山ハイランドホテル」。夏に行ったのですが、こどもにアイスクリームや花火のプレゼントをしてくれた。(HM/広島県広島市)岡山県の渋川海岸にある「瀬戸内マリンホテル」。近くにおもちゃ王国がありチケットとセットになったプランもある。ホテルの人も親切だし食事もバイキングプランもあるので1人分も食べない頃の子供がいるととても助かります。夏は海岸前なので海水浴もいいです。(ちずちず/兵庫県高砂市)広島「庭園の宿 石亭」さんに宿泊しました。赤ちゃん連れとのことで、ベビー布団など用意していただきました。何といっても仲居さんの理解が一番だと思います。必要であろうものや申し訳なくて頼めないものなどの気配りが一番助かりました。(まろんちん/奈良県橿原市)沖縄の「ANAインターコンチネンタル」に宿泊したときは、子供用のサンダルや、加湿器、ベッドガードなどを貸し出ししてくれて、とても助かりました。(もえもまま/愛知県岡崎市)沖縄・北谷町の「ビーチタワーホテル」。隣はジャスコでいざという時安心。ホテルも子供に優しく部屋も広い。2つのベッドをくっつけてくれるので安心して寝れる。シンクがついているのでちょっとした洗い物(躾箸やマグなど)洗える。電気のタオル干しがあるのでちょっとした洗濯もできて乾きが早く助かる。(しろたん/北海道札幌市)〜海外〜

グアム旅行。3年くらい前だったので、上の子は5歳、下の子はまだ2歳になったばかり。 でも、海にのんびり浸かって疲れたらホテルの部屋で休み、またプールに行ってと、子供とべったりの旅行で本当に楽しかった。いろんな人種の人がいるということも子供にとっては新鮮だったみたいで、積極的にいろんな人にしゃべりかけていました(笑)ホテルはベッドが広くて子供が転がっても大丈夫で安心でした。(はな/愛知県名古屋市)ハワイです。まだ子供が年長の事でしたが思い切って連れて行ってよかったです。初めての海水浴がハワイだったとは自慢になりそうですし、、。飛行機が嫌で寝てばかりいて助かりました。(みっちゃん/東京都文京区)ヘルシンキ(フィンランド)の「ラディソンSASプラザホテル」。ベビーベッドやオモチャの用意がある。お国柄なのか、何といっても町全体がBabyに寛容。石でデコボコした道が多いが、街中でもベビーカーを数多く見かける。(やっち/兵庫県西宮市)

●感想

“子連れ旅行”実態調査と題した今回のリサーチにもたくさんのご投票、ありがとうございます。
家族での楽しい旅行。いい思い出を作るためには、やはり旅行先・宿泊先が子どもにやさしいことがポイント。子ども用の料理やアメニティが揃っていることはもちろん、多くの方が、従業員の方が親切、子どもを歓迎してくれることを重視されていました。
また、そういった旅行先・宿泊先のポイントは「ネット」が強い味方になるようですね。
今回の結果をはじめ、ハッピー・ノート.comでもたくさんのお出かけ情報を掲載しています。子連れにやさしいホテル・旅館、街を認定する「ウェルカムベビーのお宿」、「ベビーズヴァカンスタウン」もぜひ参考にしてください。

最後にこんなうれしいコメントをいただいたのでご紹介します。

「ベビーズヴァカンスタウン・北杜市へいってきました。子供がたくさんいて、周りに気を遣わず楽しむ事ができました。ちょうどハロウィンのイベントもしていて子どもと写真を撮ることもでき、大満足です。ハッピー・ノート、かなり参考になりました。離乳食のあるレストランなどがないと、なかなか気になって行けないですからね。(あらちゃ/沖縄県島尻郡)

第507回の投票テーマは「“子連れ旅行”実態調査・第2弾」です。
今週もぜひご投票ください。

旅先での子どものはじける笑顔がみたいから。さあ、次はどこいく?なにする?… (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
“子連れ旅行”実態調査
投票期間
2011.05.12~2011.05.18
有効回答数
242
質問内容

Q1.お子さまの年齢を教えてください。(きょうだいがいる場合は複数にチェック)
Q2.今までに子連れでいった旅行の宿泊経験(帰省を除く)を教えてください。(複数可)
Q3-1.旅行先や宿泊施設はどうやって決めますか?
Q3-2.「その他」の場合は、どうやって決めますか?
Q4-1.子連れ旅行で宿泊施設に準備があると助かるものや嬉しいサービスを教えてください。(複数可)
Q4-2.「その他」の場合は、どんなことですか?
Q5.今まで子連れで旅行・宿泊して良かった所の、具体的に場所や内容を教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.