お財布事情・家計のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

我が家のお財布事情チェック!

Weekly ゴーゴーリサーチ(第530回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

家族が暮らしていく上で欠かせないお金。お子さまの教育費、毎日の食費、マイホーム購入や夫婦の老後のための貯金など、やりくりされていると思います。
今回は皆さんのお財布事情を大調査! お金のことって親しい間でもなかなか聞きにくいこと。さっそく結果をチェックしてくださいね。

Q1.お財布のヒモはパパとママのどちらが握っていますか?

Q1.お財布のヒモはパパとママのどちらが握っていますか?

ズバリ家族(夫婦)でお財布のヒモを握っているのは誰か伺うと、「ママ」が61.5%、「パパ」が26.5%で、ママの勝利(笑)。食費や光熱費など家計を預かっているのは、やはり家事の多くを担当しているママなのでしょう。

Q2.パパのおこづかいは毎月いくらですか?

Q2.パパのおこづかいは毎月いくらですか?

パパの毎月のおこづかい額ですが、「特に決まっていない」という方が25.8%。会社で行事があったり、欲しい物があったりと、その都度“家族の財務大臣・ママ”との交渉の末、金額が決まるようですね。

決まっている方は、

  • 「10,001円~20,000円(18.4%)」
  • 「20,001円~30,000円(18.1%)」
  • 「10,000円以下(12.3%)」
  • 「30,001円~40,000円(10.1%)」
という順に。

パパの仕事やライフスタイルなどによって変わってくると思いますが、おこづかいは、1万円から3万円という方が多いようです。

Q3.ママのおこづかいはどうしてますか?

Q3.ママのおこづかいはどうしてますか?"

ママのおこづかいは、47.1%の方が「おこづかいと呼べるものはない」とお答えに。家計を預かる“大蔵大臣”としてはお子さまやパパ、将来への備えなどが優先となり、自分のおこづかいを捻出したり、自由に使ったりできないのかも。あるいは、その月の収支を見ながら、上手に自分のために使っているというママもいるかもしれませんね。
一方、「毎月一定の金額を決めている」とお答えのママも21.8%いらっしゃいました。

Q4-1.貯金や積立(保険含む)の目的は、主に何ですか?(複数可)

Q4-1.貯金や積立(保険含む)の目的は、主に何ですか?(複数可)

日々の支出と共に、家族に欠かせないのが貯金や積立。その主な目的は、

  • 「子どもの教育・学資(75.8%)」
  • 「自分たちの老後の生活(46.2%)」
  • 「住宅の購入・ローン返済(39.6%)」
  • 「病気事故・災害への備え(34.3%)」
  • 「家族旅行(28.6%)」
が上位にランクイン!

ダントツの1位は「子どもの教育・学資」。お子さまを大学まで通わせるとかなりの額に!習い事や塾などにも費用がかかりますよね。もちろん、「ない」というワケにはいかないので、しっかり貯金するのも親の務めなのでしょう。

続いては、「自分たちの老後の生活」。年金制度が大きく揺らいでいることもあり、お子さまが巣立ち、パパが定年になった後も、安心して暮らしていけるように早めに備えておられるよう。
そういった意味でも、マイホームは早めに購入。ローンを返済しながらも、将来、少しでも余裕が生まれるようにと、今から貯金や積立をされているのかもしれませんね。

「病気事故・災害への備え」は家族の安心のため、 「家族旅行」は家族の楽しみや思い出づくりのための貯金や積立なのでは?

Q4-2.その他の場合はどんな目的ですか?

  • ・貯金はしていないではなく、できていないというのが正解
  • ・趣味への資金
  • ・車検や税金
  • ・事務所の運転資金
  • ・開業資金
  • ・安心のため(手持ち金があると安心できる)
  • ・もしもの時のため

Q5.節約のために心がけていることや、上手なへそくりや貯金のコツがあれば教えてください。

家計簿をしっかりつけて先月、今月、一年を通して何にいくら使っているか家族で認識していること。(デイジー/埼玉県和光市)目的のないウインドウショッピングはしない。毎月ごとの予算をカテゴリ別に封筒に入れておく。毎週末お出かけするクセをつけない。(おはぎ/新潟県上越市)無駄なものを買わないよう、何か欲しいと思った時は夫に相談して客観的な意見を求めている。(そらまめ/愛媛県西予市)夕方特売。ポイントの付くお店。クーポン券利用。(ふくしげちゃん/愛知県大府市)毎日買い物に行くとついつい買ってしまうので、毎日は行かない。買い物に行く前に本当に冷蔵庫の中にあるもので済ませられないか良く考える。(ゆうしょうママ/神奈川県横須賀市)懸賞などで割引券などあてて少し安くなってお出かけする。お弁当を作って食費をうかせる。(せごまま/東京都中野区)日中は電気をつけない。使わない電化製品はコンセントから抜いておく。お風呂の水を洗濯にまわす。(にこにこ/兵庫県三田市市)風呂の残り湯の利用。残り湯での掃除、洗濯はもちろんのこと、残り湯をペットボトルに汲んでトイレ使用時(用を足したあと)にその残り湯をタンクに注ぎいれる。住宅ローンの早期返済を目標にがんばってます。(ぎんぞう/山形県山形市)節約への第一歩は自分のお小遣いを持つこと!前月の収支で黒字になったらお小遣いを持ち、おやつ代やママ友へのおもたせ代、雑費代にしています。自分の自由に使える費用が増えることでストレスも減り、お小遣いを確保するために節約もがんばるという好循環で、この制度にしてから毎月黒字になっています。(Rinrin/兵庫県高砂市)自分のお洋服は今までさんざん買ってきたので、それを着回し。今までのお洋服を着用できるように体型維持にもなります。家の支払いは全部私のカードで支払うようにして、何に使ってるか主人にわからないようにしてます。へそくりはネット銀行にて。(みおみお/東京都世田谷区)お菓子が大好きなんですが、買わずに家で作るように心掛けてます。たとえばケーキは買うと高いけど、作ればホールでも500円以下でできちゃうので、手土産にも喜ばれるし節約になってます。(えりんぎ21/兵庫県西宮市)親に甘えられる物は素直に甘えておく。娘の洋服やおもちゃなど。(まなちゃんのママ/福井県あわら市)外に出るときは飲み物を持参。自動販売機で購入すると高くなる。いろんなところのポイントをうまく活用しポイントで浮いた分をへそくりへ。(てる/熊本県八代市)大雑把な性格で、なかなか家計簿が続かないので、レシートを貼りつける形式の家計簿にしてから続くようになりました。(ききママ/東京都江戸川区)前の残り物ご飯を再利用します。金平にマヨネーズ&キューリでサラダにしたり、ラーメンの残り汁で雑炊にしたり・・・・・・(くっきー/東京都新宿区)近所のスーパーの広告は必ず毎週集め情報を集める。食費や光熱費など月々いくらと始めに確保して、そこからはみ出さないように。貯金は給料が入り次第すぐにして始めから月々の収入にはなかったものだとして生活。料理は食材を無駄にしないようにレシピが思いつかないときはネットを利用するなどしてなんとか使い切る。(たっちー/埼玉県さいたま市)外出時は落とせるブレーカーを落としておく。いらなくなった物を売って貯蓄(ゆみゆみ/千葉県千葉市)料理でおからをよく使ってます。かなり食費が浮いてます。(よまたけ/広島県呉市)夫とそれぞれ固定額を拠出してそこから光熱費や保育園の料金、生活費を出しています。生活費は1週間1万円+外食等で1ヶ月6万円を超えないよう、お札入れにファスナーのついたお財布にお金を入れて週はじめに1万円ずつ出すようにしています。また自分のお金は1割引いて銀行から下ろしたりするとそれで足りる気もしています。(3万円おろそうという時は2万7千円にしてみる)(そらまめ/東京都江東区)外食やお惣菜を買うことは控えて家で作るようにしています。野菜もカット野菜ではなく、まるごと買ってきたほうが安くつくし、野菜自体も長持ちするのでそうしています。あとはできるだけベビーカー+徒歩で移動し、ガソリン代や交通費は使わないように心がけています。(ゆきだるまんじゅう/愛知県瀬戸市)家計簿はつけていませんが、何にどれだけのお金を使っているのか大体把握します。他に、曜日と金額を決めて、お財布にお金を入れています。また、親戚や知り合いにお洋服やおもちゃのお古をいただいています。最初の子供にお古を使うのは抵抗があるかも、と気遣って人にあげるのを控えたりする方もいらっしゃるようなので、お話する機会があれば、我が家はそんな事気にせずお下がりを大活用していることをアピールします。(ちゃむ/埼玉県)

●感想

「我が家のお財布事情チェック!」と題したリサーチはいかがでしたか?
家族の生活、将来に不可欠なお金。とくにお子さまの教育費の貯蓄はママ・パパにとって必須! 住宅、夫婦の老後など「お金がいくらあっても足りない・・・」と思ってしまいますよね。
そのため、皆さん日々の食費・光熱費を抑える、無駄な物を買わないと節約をしっかり心がけられているよう。また、500円玉貯金、買ったつもり貯金など楽しみながらできる「貯蓄」を実践されている方も多かったです。あまり締めすぎるとストレスまでたまってしまうもの。何事もバランスが大切なのかもしれませんね。
今回もたくさんのご投票、ありがとうございました。

第531回の投票テーマは「おコメ食べてますか?」です。
今週もぜひご投票ください。

貯金箱に貯まっていくのはお金と家族のHAPPY♪ そう思うと節約モチベーションもアップだね!… (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
我が家のお財布事情チェック!
投票期間
2011.11.03~2011.11.09
有効回答数
566
質問内容

Q1.お財布のヒモはパパとママのどちらが握っていますか?
Q2.パパのおこづかいは毎月いくらですか?
Q3.ママのおこづかいはどうしてますか?
Q4-1.貯金や積立(保険含む)の目的は、主に何ですか?(複数可)
Q4-2.その他の場合はどんな目的ですか?
Q5.節約のために心がけていることや、上手なへそくりや貯金のコツがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.