風邪のことならハッピー・ノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

風邪! ひいてませんか?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第533回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

今年は急に暑くなったり、寒くなったりの繰り返しで体調管理が大変! 風邪をひいてしまった方も多いと思います。そこで、今回は「風邪!ひいてませんか?」と題してリサーチを実施! 風邪をひかないように気をつけていること、風邪をひいた時の対策などを教えていただきました。

Q1-1.お子さまが風邪をひかないように、日頃、気をつけていることは?(複数可)

Q1-1.お子さまが風邪をひかないように、日頃、気をつけていることは?(複数可)

お子さまが風邪をひかないよう気をつけていることは、

  • 「手洗い(80.4%)」
  • 「外出時の防寒(59.6%)」
  • 「うがい(52.8%)」
  • 「部屋を加湿する(44.3%)」
  • 「バランスの良い食事(37.5%)」
  • 「早く寝る(37.0%)」
  • 「人ごみを避ける(32.8%)」
  • 「無理をしない(28.5%)」
という順になりました。

トップは「手洗い」。風邪のウイルスはどこで付着するか分からず、手から感染するケースも。外でいろいろなところを触ってしまいがちのお子さまはとくにしっかり手洗いが必要ですよね。「うがい」も感染や乾燥を防ぐためには不可欠。

「外出時の防寒」も体温調節がまだ未熟なお子さまには必要ですよね。 風邪のウイルスは乾燥するほど繁殖しやすいので、「加湿」も実践されているよう。

また「バランスの良い食事」「早く寝る」「無理をしない」と、お子さまが風邪にかからない体力作りや体調を整えることもママ・パパの役割かもしれませんね。

風邪をひいている人=ウイルスが多数の「人ごみを避ける」という方も多くいらっしゃいました。

Q1-2. その他の場合はどんなことですか?

  • ・夜中何度もおきて布団をかけなおす(寝相が悪いのでどうしても出てしまう)
  • ・部屋にクレベリンを置く
  • ・厚着させない
  • ・空気清浄機で除菌
  • ・まだ0歳なので帰宅後は顔・手・足を必ず濡れタオルで拭きます
  • ・ハチミツ生姜湯を飲む
  • ・インフルエンザワクチン接種

Q2-1.ママ・パパが風邪をひいたかな?と思ったときの療養は?(複数可)

Q2-1.ママ・パパが風邪をひいたかな?と思ったときの療養は?(複数可)

ママ・パパが風邪のひき始めの療法として行っていることは、

  • 「寝る(65.5%)」
  • 「風邪薬を飲む(61.7%)」
  • 「うがいをする(60.4%)」
  • 「栄養のあるものを食べる(45.5%)」
  • 「気合いで乗り切る(30.2%)」
  • 「病院へ行く(28.9%)」
  • 「栄養ドリンクを飲む(26.8%)」
  • 「熱いお風呂に入る(13.6%)」
という順になりました。

育児、家事、仕事などがあるママ・パパは風邪では休めないのがツライところ。こじらせる前に早めの対処が欠かせません。
対処法のトップは「寝る」。とにかく休んでこじらせるのを防がれているのでしょう。

「風邪薬を飲む」「病院に行く」と、即治療にかかられる方も。お子さまに移っては大変ですからね。

「うがい」によって感染や喉の乾燥を抑える方も多くいらっしゃいました。
「栄養のあるものを食べる」「栄養ドリンクを飲む」と体力をつけることもポイントのようです。

また、「気合いで乗りきる」とお答えの方もいらっしゃいましたが、無理は禁物ですよ。
「熱いお風呂」は体が温まって良いのですが、湯冷めには気をつけてくださいね。

Q2-2. その他の場合は具体的にはどうしてますか?

  • ・寒気がしたらホッカイロを貼って温める
  • ・家の中でもマスクをする
  • ・のどスプレー
  • ・サプリメント
  • ・あえて体を動かす

Q3-1.ママ・パパが風邪をひいた時に、よく食べるものは?(複数可)

Q3-1.ママ・パパが風邪をひいた時に、よく食べるものは?(複数可)

Q2.でも多くの方がチェックされていたように、風邪をひいた時は「栄養のあるもの」を食べて、体力をつけることも早く治すポイントですよね。
そこで、ママ・パパが風邪の時に食べるものを伺ってみると、

  • 「うどん(44.7%)」
  • 「おじや・雑炊(37.9%)」
  • 「しょうが湯(34.0%)」
  • 「みかん(28.5%)」
  • 「おかゆ(25.5%)」
  • 「ねぎ(24.7%)」
  • 「ヨーグルト・ゼリー(20.4%)」
  • 「りんご(20.0%)」
  • 「梅干(17.0%)」
  • 「ホットミルク(16.6%)」
がベスト10に!

栄養をつけなければ・・・とはいえ、風邪をひくと食欲が落ちたり、消化機能が弱ったりするもの。皆さんも食べやすい、消化に良いものを食べられるようで、「うどん」「おじや・雑炊」「おかゆ」などが上位にランクイン。
「ヨーグルト・ゼリー」も食べやすくて人気ですよね。

また体を温める食べ物も風邪には必須のようで、「しょうが湯」「ねぎ」「ホットミルク」がランクイン。

さらに、「みかん」「りんご」「梅干」といった風邪に良いとされるビタミンCが豊富な食べ物も、多くの方が摂取されていました。

Q3-2.その他の場合はどんなものですか?

  • ・肉
  • ・娘も食べれるので、薄味のお鍋にします
  • ・あつ~いスープ(味は何でも)で体を中から温めます
  • ・生姜入り豚汁
  • ・パン粥
  • ・イチゴ
  • ・熱い緑茶
  • ・ゆず茶
  • ・大根のはちみつ漬け
  • ・きなこ牛乳
  • ・ホットコーラに生姜を入れる

Q4.風邪をひいた時に大変だったことがあれば教えてください。また、我が家の風邪対策(秘訣)があれば教えてください。

娘が風邪をひいて高熱が出た時に、夜中も何度か起きて看病していたので、ママは十分な睡眠時間がとれなかったことが、つらかったですね。次の日はパパのお弁当作りや家事などやることはたくさんあるのに、睡魔との闘いで、頭がボーッとしてました。普段から加湿してノドを痛めないようにしたり、風邪をひきそうなときは、こじらせる前に早めに薬を飲んでいます。外出時、まだ娘はマスクができないので(外してしまう)、ハンカチやタオルを口元にあてています。(エンジェルママ/長野県北佐久郡)一人が風邪を引くと順番に移ってしまうので、とても苦労した。一か月くらい風邪のウイルスがいたかもしれない。(ヒナ/愛知県あま市)今が大変です~。上の子が40度近い熱で幼稚園を一週間休み、下の子はまだ3カ月。家に置いていくわけにいかないので、ベビーカーを押しながら上の子をなんとか歩かせて病院に行っています。子供が一人の時は自転車でさっと受診できていただけに、私もしんどい…とにかく気合いで移らないようにしています!(おでんこ/東京都練馬区)生後三ヶ月の子を抱えての風邪!親は風邪を引いてる場合じゃない!と。大根を切って蜂蜜につけ、出た汁を飲む。喉の痛みが和らぐ。(かずか/佐賀県唐津市)今年の4月、幼稚園に行きだした上の子がロタウイルスにかかり、嘔吐・下痢がかなりひどいのに点滴をしてもらえず脱水症状になってしまった。夜間外来を受診してそのまま入院になった。その直後に下の子も発症してしまい一緒に入院。ベッドを二つ並べ真ん中に付き添いベッドを置き、約一週間泊り込んだ。まだ余震もあり夜中に強くゆれた時は、頭の上がガラス壁で、さらに点滴もしている子供二人を連れてどう逃げようかとばかり考え本当に怖かった。風邪を引き始めた時は引き始めに、とにかく体をあたためる!これが一番です。(かっぱこママ/埼玉県戸田市)母親である私がインフルエンザにかかってしまったこと。主人は夜勤でどうしても仕事が休めず、高熱の中、7歳のお兄ちゃんに2歳の妹を託して、ひたすら眠ったこと。やっぱり、母親が風邪をひいてはいけないと実感しました。風邪対策は特に行っていません。日ごろの体調管理だと思っています。(rika1979/奈良県大和郡山市)風邪予防のために冬になると、しょうがを使った料理をよくつくります。いちばん簡単なのは、お鍋に薄切りのしょうがをいれることです。うどんすきなんかは体があったまって最高です。(ゆいママ/兵庫県尼崎市)仕事をしていて、有給は子供が病気の時のために使いたいので風邪薬や解熱剤で乗り切ろうとしたが、無理をしすぎて肺炎になった。結局入院し3週間休むはめに・・・。家族にも職場にも迷惑をかけた。風邪予防に毎朝ヨーグルトを食べています。そして風邪をひいてしまったら、しっかり体を休めてあげることだと悟りました。体が弱っているからひいてしまった風邪、さらに体を酷使するのは絶対いけませんね。(ちびポン/兵庫県神戸市)風邪で熱が出てフラフラしていた時に、子供が幼稚園でケガをしたという電話が入って、園まで迎えに行きそのまま病院へ連れていったこと。その間の記憶がありませんでした。冬場は、手洗いうがいはもちろんですが、お風呂でしっかり温まってから30分以内に布団に入らせるようにしています。(そにー/京都府京都市)授乳中で、薬も飲みたくないし、体は本当に大変だった。ゆず茶は、本当に体に効いた。少しのしょうがも、本当に体があたたまる。あとは、少し荒いけど、たくさん汗をかいて、熱を発散させた。(MON/東京都新宿区)喉が痛くて声がかすれて高熱にうなされ大変な思いをしました。喉が楽になってきたと思ったら、今度は咳が止まらなくて大変でした。気管支にまで細菌が入り込みました。それから五年たちましたが、いまだに風邪をひくと最後に渇いた咳がしばらく続いて大変なんです。風邪は早めに完治させるのがよいです。(きなこ/東京都世田谷区)毎朝、必ず温かいルイボスティーを主人と2人で飲むようにしています。ルイボスティーはビタミンCが豊富なので、風邪予防になります。(かみー/千葉県市川市)私自身がのどの痛みから風邪を引くことが多いので、寝室はエアコンを使わず、オイルヒーター暖房&加湿器を使っています。のどに少しでも痛みを感じたら乾いたタオルを首に巻いてあたためると良くなることが多いです。1才の息子はうがいが出来ないので、鼻水が出たら塗る風邪薬を胸にぬって、睡眠の邪魔にならないよう心がけています(夜中に起きられると私もつらいので笑)(そらまめ/東京都江東区)今月出産後初めて風邪を引きました。9ヵ月の娘は後追い真っ最中。私は39度の高熱で横になっていたかったのに、まだ授乳もしないといけないし、娘は私と一緒にいたくて寝てる私に乗っかってきたり、バシバシ叩いたり、ギャーギャー泣いたりと大変でした。母親は常に健康でいないとダメだなと思いました。風邪対策は「鼻うがい」です。ぬるま湯に食塩を入れて鼻ですすって口から出すうがいをしています。花粉症の時期にも効くのでお勧めです。(ミキマイリ/栃木県宇都宮市)子供が二人いるので私が寝込んでしまうと大変なことになってしまいます。今年二人目を出産してからは余計に風邪には気をつけるようになり、まだ風邪をひいていません。対策としてはまず手洗い、うがいは必ず、そして家の中でもストールを首に巻いて首を冷やさないようにしています。靴下ももこもこのを履き、足首も冷やさないようにしています。これが結構大きいと思います。(そうりく/神奈川県川崎市)私も子供も扁桃腺が大きくて、扁桃腺熱をよく出します。掛かり付けの鍼灸院に行って治療してもらい。後は自宅で睡眠をよくとる。熱がなければ、入浴時シャワーを出してミストを作り、お風呂で加湿します。(ふ~こ/福岡県福岡市)今、まさに風邪ひき最中です。。。のどの痛みから始まり、がんばって痛みは治ったものの、長引く咳に悩まされております。夜中も咳き込んで眠れず、昨夜の睡眠時間は約2時間です。病院に行かなきゃと思うけど、よっぽどでないかぎり、子供優先の生活だからと理由をつけて行きそびれてしまいます。(こばこ/宮崎県宮崎市)

●感想

「風邪!ひいてませんか?」と題した今回のリサーチにもたくさんのご投票、ありがとうございます。
ついつい軽く考えがちな風邪ですが、こじらせると大変! とくにママ・パパが風邪をひいてしまうと大変度はさらにアップ。
コメントでは、「熱でフラフラになりながら子どもの世話をした」「もうあんな思いはしたくない」という声が多数寄せられました。
また、風邪は家族の誰かがかかると移ってしまうもの。だからこそ、日頃の対策が大切なんですよね。皆さん、手洗い・うがいはもちろん、体を冷やさない、加湿をする、食事・睡眠をきちんととることなどを、しっかりと実践されていました。
これからますます寒くなります。風邪には十分気をつけてくださいね!


第534回の投票テーマは「我が家は大丈夫?防犯対策チェック!」です。
今週もぜひご投票ください。

毎日のちょっとした心掛けで風邪知らず! わが家は元気モリモリだね♪… (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
風邪! ひいてませんか?
投票期間
2011.11.24~2011.11.30
有効回答数
327
質問内容

Q1-1.お子さまが風邪をひかないように、日頃、気をつけていることは?(複数可)
Q1-2. その他の場合はどんなことですか?
Q2-1.ママ・パパが風邪をひいたかな?と思ったときの療養は?(複数可)
Q2-2. その他の場合は具体的にはどうしてますか?
Q3-1.ママ・パパが風邪をひいた時に、よく食べるものは?(複数可)
Q3-2.その他の場合はどんなものですか?
Q4.風邪をひいた時に大変だったことがあれば教えてください。また、我が家の風邪対策(秘訣)があれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.