ママの欲しいもののことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

日本中の子育てママが“今”欲しいものランキング!

Weekly ゴーゴーリサーチ(第600回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

2000年にスタートしたリサーチがなんと600回目を迎えました。これもたくさんのママたちが、毎週ご投票してくださっているおかげです。本当にありがとうございます。
そんな記念のリサーチのテーマは、「日本中の子育てママが“今”欲しいものランキング!」。日頃、頑張っているママが、プレゼントして欲しいな、こんなのがあればうれしいなと思っているものをジャンルごとに伺いました。さあ、全国のママたちが今欲しい!のはなにか。パパたちも要チェックですよ。

Q1-1.ママが“今”欲しいものは何ですか?5つまで選んでください。(モノ編)

Q1-1.ママが“今”欲しいものは何ですか?5つまで選んでください。(モノ編)

ママが“今”欲しいと思っているモノ、ベスト10は
「温泉など旅行(68.7%)」
「洋服などファッション(45.6%)」
「キッチン家電(44.0%)」
「車(40.7%)」
「レストランでの食事(38.3%)」
「お掃除ロボット(31.3%)」
「バッグやアクセサリー(26.9%)」
「家具・インテリア(26.4%)」
「電動自転車(25.9%)」
「持家(24.8%)」
となりました。

第1位は、「温泉など旅行」。旅行は、日頃の疲れを癒やせて、しかも家族でステキな思い出も作れますよね。
第2位は、「洋服などファッション」。ママもひとりの女性ですから、おしゃれには興味津々。いつまでもキレイでいたいですものね。「バッグやアクセサリー」もランクインしていました。
第3位は、「キッチン家電」。最新のキッチン家電があれば毎食の用意がラクになり、おいしさもアップするのでは?
家事をラクしてくれるモノはやはり人気で、「お掃除ロボット」も上位に。
ママをサポートしてくれるという意味では、「車」「電動自転車」も欲しいなと思っていらっしゃるよう。毎日の買い物やお子さまの送迎がラクになるだけでなく、急な発熱で病院へ行く時など、車があったら便利ですよね。
生活を豊かにしてくれる「家具・インテリア」、さらに夢の「持家」が欲しいママも多くいらっしゃいました。

Q1-2.その他の場合は何ですか?

  • ・幼稚園・保育園の枠!
  • ・癒されるくつろげる緑や花の多い広い庭
  • ・本
  • ・土地
  • ・洗濯機
  • ・3人乗り自転車
  • ・子供グッズ
  • ・高級肉
  • ・現金
  • ・楽器
  • ・運転免許(不便で困ってます)
  • ・一眼レフカメラ
  • ・ミシン
  • ・マッサージチェア
  • ・スイーツ
  • ・イージーダンササイズのDVD

Q1-3.Q1-1.の中で、最も欲しいものは何ですか?

Q1-3.Q1-1.の中で、最も欲しいものは何ですか?

Q1-1の中で、欲しいものはいくつかあったと思いますが、イチバン欲しいものは「温泉など旅行」とお答えの方が25.9%。育児、家事、仕事と毎日の忙しさから解放された〜い!というママの気持ちの表れですね。
続いては、「車」とお答えの方が13.3%。子どもを乗り降りさせやすい車、ママ専用の車など欲しい車種、タイプがあるのでしょう。
「持家」とお答えの方は10.8%。お家は一生に一度の大きな買い物。ママだけでなく、家族みんながいずれは欲しいと願っていらっしゃるのかも。

Q2-1.ママが“今”欲しいものは何ですか?5つまで選んでください。(モノ以外編)

Q2-1.ママが“今”欲しいものは何ですか?5つまで選んでください。(モノ以外編)

モノ以外でママが欲しい!と思っていらっしゃるのは、
「若さ・体力(60.4%)」
「自分ひとりの時間(56.0%)」
「睡眠時間(53.3%)」
「くびれたウエスト(49.6%)」
「ママのおこづかい(42.3%)」
「パパのボーナス(39.2%)」
「資格・仕事(26.3%)」
「好景気(23.2%)」
「子どもやパパからの感謝(22.5%)」
「平和・復興(18.3%)」
がベスト10にランクイン!

第1位は、「若さ・体力」。毎日頑張っていると体力の衰えを感じてしまうことが多いのでしょう。それに女性としてはいつまでも若く、美しくありたいですよね。「くびれたウエスト」も上位にランクインしました。
第2位は、「自分ひとりの時間」。お子さまがいると、自分だけの時間は皆無に近いのでしょう。
第3位は、「睡眠時間」。これも育児や家事のために削ってしまうことが多いのかも。

時間だけでなく、自由に使える「ママのおこづかい」も欲しいよう。それには、「パパのボーナス」のアップ、「好景気」が必要と、多くの方のチェックが入りました。
また、生活やママ自身の人生のために「資格・仕事」が欲しい方も。
「子どもやパパからの感謝」があれば、もっともっと頑張れますよね。
「平和・復興」にもチェックが入りました。これからの日本、子どもたちの未来のためにも、平和な世の中と一日も早い復興を願わずにはいられません。

Q2-2.その他の場合は何ですか?

  • ・夫婦だけの時間、夫の休暇
  • ・気持ちの余裕
  • ・家族とのゆっくりした時間
  • ・愛
  • ・かわいい容姿(笑)
  • ・張りのあるバスト
  • ・細いふくらはぎ
  • ・赤ちゃん
  • ・自分の昇進
  • ・経済的な自立
  • ・地震や放射能に脅かされない生活
  • ・パパの仕事(転職先)

Q2-3.Q2-1.の中で、最も欲しいものは何ですか?

Q2-3.Q2-1.の中で、最も欲しいものは何ですか?

Q2-1の中でイチバン欲しいものについては、意見が分かれましたが、「自分ひとりの時間」とお答えの方が19.2%。一日の多くの時間を家事や育児に費やしているママだけに、自分のことに没頭できるひとりの時間が欲しいと思われるのも当然ですよね。
「若さ・体力」とお答えの方は16.5%。これがあれば忙しさも乗り切れますよね。
「睡眠時間」とお答えの方は14.5%。ママがいかに満足いく睡眠をとれていないか、よくわかる結果になりました。

Q3.今一番欲しいものとその理由を教えてください。

旅行…今、主人の仕事も忙しく、実家も遠いため、ほとんど一人で育児をしています。家族の時間も取りたいし、自分もゆっくりとしておいしいものを食べたいので、今は一番家族で温泉旅行に行きたいです。(みちるママ/滋賀県栗東市)心の余裕。二人目を妊娠中で、体力的にも上の子の相手を十分してあげられないことが多く、イライラして叱ってしまうことが多い日々。子供に「ママ怒ってる?」と聞かれると、ふと我に返ってしまいます。子供を抱きしめながら自分の未熟さを多いに反省。リラックスしてゆとりを持つことを心がけなければと肝に銘じています。(沙和ママ/京都府京都市)フルタイムで働いているので、仕事の後に食事の支度や洗濯などをしていると自分の時間がなかなか思うようにとれません。それに、子供と接する時間を確保していますが、もっと増やさなければ、とも思っています。とにかく、時間です。一日30時間ぐらいほしいです。(喜美子ママ/ 愛知県あま市)お金に余裕ができれば、旅行に行ったり、食事に出かけたり、何か買おうかな…って気分にもなりますよね(笑)貯金もできると、さらに気持ちにも余裕ができそう。(雅代/兵庫県神戸市)毎日、仕事・家事・育児に追われて、自分一人の時間って…ないに等しいです(涙)。おトイレの中ですら、子どもが探しに来る毎日。は~っ。家族は大好きで大切だけど、たまにでよいから自分一人で出かけてカフェでお茶する時間…欲しいです。(江里ママ/東京都調布市)主人と二人きりの時間です。昨年夏に結婚10周年を迎え、記念に主人と二人きりで新幹線指定席に乗って東京スカイツリーを見る日帰り旅行をしました。新婚旅行のように、二人で手をつないで歩いたり、美味しい料理をじっくり味わったり、とにかく楽しい時間でした。子供が居ないとこんなに自由に二人の時間を楽しめることに驚きました。振り返ってみると、この10年間は、結婚してすぐに第1子を妊娠し3人の子供達に恵まれたお陰で、子供を預けて主人と二人だけでお出かけする機会がほとんどありませんでした。今は第4子を妊娠しているので、生まれたらまた当分の間、主人と二人きりの時間を持つことは困難になりますが、子供はあっという間に大きくなってしまいますので、まずは子供との時間を楽しみつつ、いつか来る主人と二人きりの時間を楽しみに日々過ごしていきたいと思います。(真由実ママ/福島県福島市)高齢出産だったので、出産はことわざ通り産むが安しでしたが、育児がこんなに体力がいるとは思っていませんでした。体力があればもっと子供と遊んであげれるのに…と日々思います。(智子ママ/大阪府堺市)家族の健康。我が家は、4歳から92歳までの8人家族。賑かに毎日が送れるのも、健康があってのこと。みんなで楽しく暮らすためにも健康であって欲しいです。(江身子ママ/宮城県石巻市)物が欲しいといったらきりがないので、今一番欲しいのは、家族からの感謝の言葉です。何気ない会話の中に「ありがとう」と一言いってもらうだけで、どれだけ心が安らぐか分かりません。パパからの、感謝の言葉は8年間で本当に数える程度です。もっともっと言ってもらいたいと思っている今日この頃です。(典子ママ/茨城県稲敷市)独身時代の自分が生き生きしていたのを思うと戻りたくなる。今は子育てで自分の身なりも雑になってしまっている。(美緒ママ/千葉県千葉市)世の中が好景気になれば、経済も良くなり、パパの給料アップが期待できるから。(麻衣ママ/三重県桑名市)震災の復興がまだまだ進んでいないので、できることがあれば協力したい。東北の未来は日本の未来だと思うので。(あすみママ/愛知県長久手市)今一番ほしいものは持ち家です。子供が生まれてから、一層その気持ちが強くなりました。子供の部屋も作ってあげたいし、子供を育てる環境として、一軒家の方が良いと思うからです。お庭で思う存分遊ばせてあげたいです。また、夏にはお庭にプールを出して遊ばせてあげたいです。(ゆきママ/愛知県額田郡)男の子の幼児が2人いるので、走り回ったりして毎日掃除してもすぐ汚れるので、仕事に行ってる間に、お掃除ロボットで掃除したら少し楽になりますね。(直子ママ/沖縄県浦添市)食器洗い乾燥機!理由:子供のオムツ替えなどで手を洗う回数がかなり増えて手荒れがひどく、痛すぎる。普段の家事も水仕事が多く、本当に手にかかる負担が大きいので、せめて食器洗い乾燥機で軽減したいなぁ、と…。(玲奈ママ/北海道北斗市)ほぼ一日子供につきっきりの毎日で、こうして就寝後にたまに付けるインターネットにかなり助けられています。今一番欲しいのはホームベーカリー!!パン屋さんにもなかなか行けないので、手軽に焼きたてのパンが食べられる幸せを子供と体感したいです♪まだまだ、一歳のハードルを超えたばかり。これからも子育ては笑顔で気持ちにゆとりを持って接していきたいものです。(佳代ママ/愛知県名古屋市)短期間で必ず痩せるサプリメント。高齢出産であれよあれよと20キロ太ってしまった。(芳世ママ/東京都江戸川区)出産後のスタイルがとても気になります。母になってもきれいでいたいという思いが強く、女磨きをすることで自信が持てると、子育ても頑張ることができます!!(裕美ママ/福岡県久留米市)全国どこでも通用する、医療事務や介護事務などの資格が欲しい。小さい子どもがいると、就職先を探すのはなかなか難しいから。(鮎美ママ/新潟県村上市)出産を機にこどものいない友達と少しズレがあるように感じるようになりました。しかし、ママ友となら共感できるところも多々あり楽しい時間を過ごせます。もっとママ友との輪を広げていきたいです。(まみママ/佐賀県鳥栖市)

●感想

「日本中の子育てママが“今”欲しいものランキング!」と題した600回記念リサーチはいかがでしたか? 
今、ママが欲しいものでは、旅行や洋服、お掃除ロボットなどママが楽しめる、家事や育児がラクになるものがランクイン。こういった欲しいを叶え、気持ちに余裕を持たせるためには「お金が欲しい」という現実的な声もありました。
一方、モノ以外でママが切実に欲しい!と思っていらっしゃるのが、ひとりの時間。家事や育児に追われがちで、お子さまと一緒の時間が多いママとしては、とにかく一人でリフレッシュしたいのでしょうね。
お子さまやパパのために、生活や将来のために、自分を後回しにして頑張るママ。欲しいものの中では、「子どもやパパからのありがとうの言葉」もたくさんの方が望んでいらっしゃいました。家族の幸せはママの笑顔があってこそ。ぜひ「ありがとう」をプレゼントしてあげてくださいね。
最後になりましたが、600回を迎え、リサーチはますますパワーアップしてまいります。もちろん、それにはママのご協力が何より必要! 今後ともよろしくお願いいたします。

第601回の投票テーマは「子連れ旅行の持ち物&ハプニング事情調査」です。
今週もぜひご投票ください。

ママの欲しいも、子ども、パパの欲しいも叶って、みんながハッピーになれますように!・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
日本中の子育てママが“今”欲しいものランキング!
投票期間
2013.04.04~2013.04.10
有効回答数
1,000
質問内容

Q1-1.ママが“今”欲しいものは何ですか?5つまで選んでください。(モノ編)
Q1-2.その他の場合は何ですか?
Q1-3.Q1-1.の中で、最も欲しいものは何ですか?
Q2-1.ママが“今”欲しいものは何ですか?5つまで選んでください。(モノ以外編)
Q2-2.その他の場合は何ですか?
Q2-3.Q2-1.の中で、最も欲しいものは何ですか?
Q3.今一番欲しいものとその理由を教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

6

2

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.