ハッピー・ノート.com

ベビーサインって何だろう?/2011年12月

ベビーサインの由来

「ベビーサイン」という名前は、アメリカのリンダ・アクレドロ博士と、スーザン・グッドウィン博士がつけたものです。1990年代中頃からアメリカで広まり、日本では2000年代に入ってから少しずつ知られるようになりました。

日本のベビーサインの現状

2000年に、現在NPO法人日本ベビーサイン協会理事長の吉中みちるさんがご自身のお子さんに実践し、その体験をご主人と一緒に「親子で楽しむベビーサイン」という書籍にしたのがきっかけです。その後、両博士が代表を務める「アメリカ ベビーサイン社」の世界で初めてのパートナーとなり、2004年、ご夫妻を中心にNPO法人日本ベビーサイン協会が設立されました。

 

その後、全国各地で教室やイベントを展開し、今では「ベビーサイン」という言葉が育児世代で広く知られるようになりました。

  

赤ちゃんにも意思がある。赤ちゃんとコミュニケーションしましょう!

なんで泣いているんだろう?何が伝えたいんだろう?と思ったことはありませんか?

赤ちゃんにも意志があります。でもそれをうまく伝える方法がないのです。ママも赤ちゃんも、もどかしい思いをしますよね。

 

まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんと

 簡単な手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションする

 

こんな夢のような事が出来たらステキだと思いませんか?

赤ちゃんと手の動きで話す=ベビーサイン

本当に赤ちゃんとコミュニケーションができるのか?というと、「できます!!」

しかもとても簡単にできます。

 

それは、ママや周りの人の語りかけに「手の動きを添える」だけなのです。

その「手の動き」=「ベビーサイン」なんです。赤ちゃんもその動きを覚えて、コミュニケーションをしてくれるようになります。

 

次回、「いつからはじめたらいいの?」というお話をご紹介します。お楽しみに!

Mama's profile/プロフィール

三上 千賀

三上 千賀 ー「ベビーサイン教室」きらり主宰 ー

記事テーマ

◆ベビーサイン◆ 赤ちゃんとお手てでお話しよう!

ベビーサインとは、まだ話せない赤ちゃんとおててを使ってコミュニケーションをする育児法です。 育児ストレスが軽減したり、幼児期の言語能力が高くなったりと沢山のメリットがあります。 そんなベビーサインのお話やベビーサインを中心とした我が家の育児の様子をご紹介していきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/三上 千賀さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ