ハッピー・ノート.com

ベビーサインの4つメリット/2012年2月

ベビーサインのメリットって?

2人の子育てやクラスに通っていらっしゃる生徒さんのお話を聞くとベビーサインをやって良かったなぁと思うことがよくあります。

ここでは4つのメリットをご紹介します。

育児ストレスが減ります

娘が10ヶ月の頃、一番の悩みは寝ぐずりでした。

 

眠くなると手をニギニギして「【おっぱい】(ちょうだい!)」と私の目を見て一生懸命教えてくれるようになりました。「わかったよ、【おっぱい】ね。」とサインをしながらお話しするとにっこり。

それまでは大泣きだったので、この変化でストレスも激減。泣かないで伝えられる様になった娘もストレスが減ったのではないかと思います。

親子の絆が深まります

サインをする事で普段接する機会が少ないパパも育児もより参加できるようになります。

例えば、赤ちゃんから「【ウンチ】(出たよ)」、「【食べる】(おなかすいたよ)」、「(ボールで)【遊ぼう】」、「【ねむい】」など、お話してくれたらわかりやすいですよね。

 

我が家ではサイン育児が出来る様になった頃、パパから「留守番できるから美容院に行ってきたら?」と優しい一言が!とても嬉しかったことを思い出します。ママはもちろん、パパも娘との会話を楽しみにしていました。【パパ】のサインを教えてあげておくとポイントアップです。

幼児期の言語能力が高まります

ベビーサインをすると言葉が遅くなりませんか?と良く質問されます。

答えはNOです。

 

ベビーサイン育児をすると逆に幼児期の言語能力が高くなるという研究結果がベビーサインの本場、アメリカで発表されています。

娘は8ヶ月の終わり頃には「ママ」、1歳の頃には「パパ」「ワンワン」等を、1歳3ヶ月の頃には「パパ、いないねぇ~」と文章を話していました。早生まれでしたが言語能力はびっくりするほど発達していて、保育園の先生からも驚かれました。

 

サイン育児の場合は、赤ちゃんは「耳」で聞くだけでなく、「目」でみて実際に「手」を動かすので、物の名前や使い方を早くからしっかり覚える様になります。

健康と安全に役立ちます

ある日の午後、娘が私のところにきて喉をさわった後に初めて自分から【痛い】のサイン。熱はなく、娘も楽しそうに遊んでいたのでそのまま様子を見ていたら、夜40度の熱が。病院に連れて行くと先生から「喉が真っ赤だよ」と言われ、あの時信じてあげれば良かったと反省したことがありました。

【痛い】のサインを覚えた赤ちゃんは、大人が気付いてあげられない不調を教えてくれる様になります。

 

他にも、赤ちゃんが大好きなコンセントも【危ない】を理解することで触らなくなり、ホットプレートも【熱い】を覚えると近づかなくなります。

ベビーサインは危険防止にも役立つのでとても便利です。

Information/お知らせ

春開講の日程が決まりました!

 

是非お教室に興味がある方はこちらよりお問合せ&お申込くださいね☆

ママ友作りにもとっても人気の講座です♪

また、マタニティベビーサイン講座もいよいよ春から本格始動します!! 

「きらり 楽しい子育て」ベビーサイン・ベビーマッサージ・マタニティベビーサイン

 

お友達同士の出張クラスやサークル・支援センターなどの出張イベントも行っています!

お気軽にお問合せ下さいね★

Mama's profile/プロフィール

三上 千賀

三上 千賀 ー「ベビーサイン教室」きらり主宰 ー

記事テーマ

◆ベビーサイン◆ 赤ちゃんとお手てでお話しよう!

ベビーサインとは、まだ話せない赤ちゃんとおててを使ってコミュニケーションをする育児法です。 育児ストレスが軽減したり、幼児期の言語能力が高くなったりと沢山のメリットがあります。 そんなベビーサインのお話やベビーサインを中心とした我が家の育児の様子をご紹介していきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/三上 千賀さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ