継続とモチベーションのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
ブランドカウンセラー松前 博恵
子育てしながら自分の強みを生かす「自分ブランディング」の作り方
ブランドカウンセラー 松前 博恵
ジェネリーノには、多くのカリスマ・ママブロガーさんが登録されています。自分だけのオリジナル「強み」を生かし、その道の達人として著書を出したり、講師になったりと、普通の主婦から飛躍的な活躍をされる方も多数。活躍オーラを持つ秘訣、オリジナルブランド作りにはどんな秘密があるのでしょう?ブランドカウンセラー松前がその秘訣をお伝えします。

継続するモチベーション

輝くママの NEWSな“おはなし”

2013年 7月

継続のきっかけ

以前、「継続」することの重要性について、記事をアップ致しましたが、あれから4ヵ月間。まずは自分の体験からお話しします。

 

私がスポーツクラブに通い始めたのは、4ヵ月前。

ほぼ毎日の運動で、少しづつ変化がありました。

 

1、 カラダが軽くなった

2、 特にダイエットはしてないので体重の変化はないが、明らかにカラダが引き締まってきた

3、スポーツクラブだけではなく、ランニングも出来るようになった

4、中級クラスのボディコンディショニングが、簡単にできるようになった

 

カラダの変化だけではありません。

精神性も変わって来ていると感じます。

 

1、落ち込んだり、不満を溜め込むことが少なくなった。常に前向きな気分になれる。

2、イライラすることがあっても、運動をすることで忘れられる。

3、携帯電話を常にチェックしている状況の中、スポーツをしているときだけは、携帯から一切、離れられる。

4、 カラダに自信ができると、気持ちに自信がついてきた。

 

如何でしょうか? 運動をして、悪い方に変化したことはまったくないに等しいです。

一番気にしていた、「時間が作れるか?」に関しても、1日の中の1時間を費やし、汗をかいた服のまま、自宅に帰宅するだけなので手間がかかりません。

 

継続することは、意外に簡単だったのです。

そして、最初の2ヵ月さえクリアーしてしまえば、あとは自ら「行きたい!」という欲求が出てきます。

今では、「行かないと1日が終わった気がしない」という状況になってきました。つまり、顔を洗うのと同じくらい「当たり前」の事になってきました。

 

これを、習慣化と呼ぶのでしょうか?

 

継続とは?

前からの状態が途切れずに続くこと。また,続けること。

〔類義の語に「連続」があるが,「連続」は複数の物事が切れ目なく連なる意を表す。それに対して「継続」はある行為・状態が途切れずにそのまま続く意を表す〕

(コトバンク引用)

継続するには「目標や計画を立てなければいけない」って本当?

「いつまでに何を達成するか?継続するための目標を立てる」

「計画を立てる」

よく、そういう話を聞きます。

もちろん、間違いではありません。それが得意な人は、目標や計画を立てれば良いと思います。

 

しかし、目標や計画にとらわれすぎてしまうと、継続しようという意思が弱くなり、最初から「ハードルが高い」気がしたり、計画倒れに終わってしまうという話をよく聞きます。

 

「目標を立てよう」と言われたって、目標がなかなか見つからず、目標構築だけで、息がきれてしまいます。

「計画を立てましょう」と言われて計画書を書いている段階で、お腹いっぱいになって、やる気がおきなくなってしまいます。

 

「続けてみることが目標」でも良いのではないか?と思います。

いつまで続くか?を自分でトライしているうちに、自分の精神的な状況や環境が変化してきます。

 

私に限って言うと、運動をするための目標の数値なんて何もありません。体重計にも乗らないし、体脂肪も測らない。トレーナーをつけることもありません。

 

毎日同じことしていたら飽きちゃうから、音楽やダンスが好きだから、簡単な運動で、さらに音楽にのれる、エアロビクスの初級から始める。

音楽にカラダを合わせることで、運動する。→楽しい気分になる。

そんなものです。

 

「好きだから続く。続けることを見守ってくれる仲間がいる(私の場合はFacebookの友だちでしたが、特に仲間を作っている訳ではなく、時々つぶやくことで自分を奮い立たせています)」

 

先に何があるかなんて、考えてない。好きだからしているうちに、自分で変化に気づいてくる。そういう「継続」の仕方があっても良いと思いませんか?

ブランディングも、「目標型じゃなくていい」

そのように考えて行くと、特にスタートアップの人にとっては、仕事をするにあたって、目標や計画がないと絶対ダメ。という事は無いと思います。

 

自分がこの仕事を続けて行こう。と選んだのなら、とにかく、いろんなチャンスに食らいついて、どんどん前に進んで行くべきです。

 

机上の空論よりも、実践で学ぶべき事が沢山あります。

実際に、痛い想いをしたり、落ち込むような失敗があったり、そんなことは当たり前ですし、その経験こそがスペシャリストへの道となります。

 

みんなで、頑張りましょうね。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

6

3

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


ƒ

「松前 博恵」さんの記事一覧

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
輝くママへのお仕事依頼
Happy-Note

輝くママの NEWSな“おはなし”最新記事

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

夫婦でなんと呼び合っていますか?
抽選で5名様にミキハウスの「ループ・マスコット付タオル」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.