ハッピー・ノート.com

お子様の時間の管理、どうしていますか?/2012年9月

子ども別色分けスケジュールで時間の管理

小さなお子様をお持ちのママは、一日中忙しいですよね。さらに、ワーキングママはもっと大変でしょう。お子様の「時間の管理」どうしておられますか?

 

私は、家族のスケジュールを一つの大きな手帳にまとめていました。その時におススメなのが、「色分けスケジュール帳」。

 

パパは黒、長男は青、二男は緑、そして、私は赤。それぞれのスケジュールを、色分けして書くようにしていました。そうすると、「この日はお兄ちゃんが忙しい日」「この日は子どもたちの予定が重なっている」ことが、パッと見てわかります。

 

子どもたちが大きくなると、学校の行事や部活が入ってくるので、これはずっと続いていました。

起きる時間と寝る時間の時間の管理

学校に通うようになると、何時までに起きなければいけない…という風になりますが、小さいお子様の場合、規則正しい生活をすることは大変ですよね。

 

お子様が幼稚園くらいになったら、起きる時の声掛けに、少しずつ時間を入れていきましょう。子どもは「早く起きなさい!」と言われても、「早く」の感覚が分からないのです。

 

ですから、「7時だから起きましょうね」という風に、きちんと時間を入れて声をかけていると、だんだん、「7時=起きる時間」という意識が、子どもの頭にインプットされていきます。

 

これは寝るときも同じです。「もうすぐ9時だから、ベッドに行く準備をしましょうね」というように、時間を入れて、声をかけてあげましょう。

身支度をするときの時間の管理

これもまた、「早くしなさい」と言いたくなりますよね。でも、これこそ、ママが「待つ」ことが大事なのです!

 

つい、洋服を着るのを手伝ってあげる、ボタンもかけてあげる、靴もはかせてあげる、ママの気持ち・・・私もよ~くわかります。でも、ここはグッと「我慢」です。子どもが自立するためには、ママの「待つ気持ち」が大事です。

 

そのためにも、身支度する時間はたっぷり余裕を持って取ってあげましょう。子どもの体内時計と大人の体内時計は違います。子どもには、「遅れちゃうから急がないと・・・」といった感覚はあまりありません。

 

こちらが、余裕をもって時間管理してあげたいものですね。

遊びの時間の管理

近頃のお子さんは、2歳にして、ちょっと空いている時間に、スマホで遊ぶ、なんていうお子さんもおられるくらいです。ですから、どこまでが「遊び」か、難しいところですが、ここでも、やはり時間を意識させておきましょう。

 

「30分だけよ」「~時までよ」というのは、お母様がよくおっしゃることですが、子どもにはあまり「時間の長さ」の感覚がありません。ですから、たとえば、時計をみせて、「短い針がここまできたらね」とか、「長い針が6になったらね」というように、「可視化」して、提示してあげるといいでしょう。

 

おもちゃのお片付けなどは、「ママと一緒にやろうね」と言って、まず、こちらが「やり方」を教えてあげます。子どもはだんだん、「どうやったら時間が短くてお片付けが出来るのか」を学習していきます。

勉強の時間の管理

ママは、お勉強に限っては、時間が予定よりオーバーしても、あまり文句を言わないものですが…(笑)。それでは、時間の管理が「首尾一貫」している・・・とは言えませんよね?

 

ピアノの時間も、遊びの時間も、勉強の時間も、ママは同じスタンスで「管理」してくださいね。

 

15分と決めたら、「もう少しやりたい~」と言っても、「また、今度ね」と言って、終わりにしましょう。その方が、子どもは、「自分で時間を管理する」ということを覚えていきます。つまり、もっとやりたいのなら、ダラダラしない、集中する・・・ということを、です。

 

時間をまとめて取れない場合は、ちょっとしたスキマ時間に、ちょこっとお勉強・・・そうやって、時間の上手な使い方を覚えていくことも大事なことです。

 

「早く・・・」と急がせないで、「待つ」こともしながら、上手にお子様の「時間管理」をしてあげてくださいね♪

Information/お知らせ

□ 親と子が幸せになる中学受験 ブログは、こちらです →→★★

□ 「暮らしの中で身に着けるさんすう~はじめのいっぽ」セミナーを

  新宿・中野で、9月27日に行います。

     お問い合わせは、こちらまで info@mamas-salon.com

Mama's profile/プロフィール

大迫 ちあき

大迫 ちあき ー中学受験アドバイザーー

記事テーマ

「子供を算数好きにできる?幼少時の家庭学習法」

生まれつきの子供の能力に差はありません。大切なのは、学習の「環境づくり」です。「算数って面白い!」「お勉強って楽しい!」とお子様に感じさせてみませんか?ここでは、ママと子供が楽しめる、日々の生活の中で出来る「事物学習」を中心に書いていきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/大迫 ちあきさんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ