ハッピー・ノート.com

簡単♪贅沢♪いちごのコンフィチュールのパフェ/2013年2月

いちごのコンフィチュール

IMG_8131.jpg

春めいた日が増えてまいりました。まだまだ寒い日もあるけれど、気分は早くも春ですね。

 

IMG_8185.jpgスーパーにも、春の素材が出始めてきました。
クリスマス時期にはあんなに高かったいちごも、日ごとにお値段が下がってお求め安くなってきています。

コロンとかわいい山積みのいちごを八百屋さんで見かけたら…♪
今日はお子さん一緒に、美味しい手作りのコンフィチュールを作ってみませんか?

 

~confiture・コンフィチュール~
 IMG_8277.jpg
響きが軽やかで、口に出すだけで気持ちも華やぎますよね。
フランス語でジャムに当たる言葉です。

ジャムはお砂糖を加えて原型がなくなるまでしっかりと煮込みますが、コンフィチュールは生のフルーツのフレッシュさとジャムの保存性の両方の良さを兼ね備えています。

ルビーのようにきらきらとしたシロップが本当に美しいコンフィチュール。
 ちょっぴり早い春を感じながら心軽やかに作ってみましょう♫
 

キラキラシロップ

IMG_8254.jpgIMG_8178.jpg 

 

コンフィチュールの最大のお楽しみは、ルビーのようにきらきらと光る透明感のあるいちごシロップ。 
そのシロップの中に、軽めに火を通したいちごが浮かんでいるように作ります。 

 

 

今回の秘密のお話はお砂糖です。

レシピでは精製度の高いグラニュー糖を使っています。
グラニュー糖を使うことによって、ガラスの瓶を通して向こうの景色まで見えてしまいそうな綺麗な透明シロップが出来上がります。

 

「うーん、グラニュー糖、我が家には無いなあ…。」
そんなお宅だったら、お次の候補は上白糖。

もちろん、三温糖やキビ砂糖でも同じように作れます。
「お砂糖の種類によって透明感が変わってくる。」
IMG_8184.jpgそのことだけ覚えておけばプレゼント用にはこちらのお砂糖、日々お家で頂くときには普段使いのお砂糖を…そうやって作りかえることができるというのも手作りならでの強みですよね。

お砂糖を選んだら、いちご全体にまんべんなくふりかけて、あれば香りづけにちょっぴりバニラビーンズも入れて一晩おいておきましょう。
砂糖の浸透圧効果で、朝になったらきれいな透明ジュースが、いちごからたっぷりと出てきています。
レモンを少々絞って酸味を付けたら、他には一切水分を加えずこのジュースでさっといちごを煮ていきます。

たちまちキッチンにふわ~っと甘いいちごの香りが広がって、生で頂くいちごとはまた違う「春の楽しみ方」♪

では…一緒に作って参りましょう♪

材料と作り方

__材料______________________IMG_8210.jpg
いちご          1パック(小粒)(大きな場合は1/2に
              カットしましょう)

グラニュー糖       イチゴの総量の1/4~1/3 量
                                         (今回はパフェ用としてアイスクリーム

             と一緒に頂くので1/4量と甘さ控えめ

             に。ジャムとしてお使いになる時は

             1/3量で。お好みにより調整してください)
                

レモン汁         少々

バニラ棒         1/4本 (あればで構いません)

 

__作り方___________________

 

IMG_8158.jpgIMG_8164.jpgIMG_8178.jpgIMG_8229.jpgIMG_8249.jpgIMG_8261.jpgIMG_8263.jpgIMG_8271.jpgIMG_8277.jpg

IMG_8271.jpg ①いちごを水洗いしヘタを取る。蓋付きの密閉容器に入れ、重さを計量する。

②イチゴの総量の1/4量のグラニュー糖をいちごの上にふりかけ、蓋をし、タッパーを上下に振ってグラニュー糖を全体に絡める。
あればバニラのさやに切れ目を入れ観音開きにし、ナイフの背で種をこそげ落とし、バニラのさやと共にいちごに加えておく。

③そのまま一晩おく。

④朝になって見てみると、きれいな色のジュースがたっぷりと出てきていると思います。
レモン汁を少々加え酸味を補ったら、ホーローかステンレスなど酸に強い鍋に入れ強火にかける。
一煮立ちしたら中火におとし、あくをきれいに取りのぞきながら5分煮る。
⑤長期保存する場合は、耐熱保存容器を煮沸しペーパータオルで水けをふきとる。
コンフィチュールが熱いうちに容器の8.5分目まで入れ、蓋を締めたらすぐに伏せておく。こうすることによって殺菌ができます。
また写真のWeck社製の容器を使用する場合は、容器にコンフィチュールを入れゴムを挟み、パッキングしてからお湯の中に入れて煮沸していきます。(詳しくはそれぞれのメーカーのHPをご覧くださいね)

 

   

アイスクリームと一緒に

市販のアイスクリームをグラスに盛り付け、間にコンフィチュールを入れましょう。IMG_8289.jpg

シロップが程よくアイスに絡まり極上の美味しさです。

余力があれば、トッピングにはフレッシュいちごと生クリーム。

お家で簡単、贅沢な春のイチゴパフェの出来上がりです。

多めに作っておけば、ヨーグルトにかけたり、パンケーキ、クレープにと…なんにでもあいますよね♪

我が家では、これを作ると春が来た♪という気持ちになるいちごのコンフィチュール。

皆さんのご家庭でも春を感じて、楽しんでいただけたらなと思います。
寒い日々もあともうちょっと。早く本当の春が来るといいですね♪

Mama's profile/プロフィール

山下 久美子

山下 久美子 ーお菓子教室 Sugar Box Studio主宰ー

記事テーマ

~チチンプイプイおいしくなあれ!~ 今日はママと一緒にお菓子を作ろう

「初めて作ったお菓子」その思い出は皆さんの心の奥底に優しく大切に仕舞われていませんか?私達の子供も初めてお菓子を作った時のわくわく!ドキドキ!そしてお菓子を囲んでいる家族の優しい笑顔をいつまでも覚えていてくれるかもしれませんよね。「チチンプイプイおいしくなあれ!」ママとお子さんに倖せの魔法がかかるお菓子作りのアイデイアをお伝えします!

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/山下 久美子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ