ハッピー・ノート.com

気になる赤ちゃん&キッズの紫外線対策/2013年5月

紫外線がもっとも多く降り注ぐ季節です

5月も半ばをすぎました。

この時期気になるのが紫外線。連休前後からどんどん強くなってきましたね。
 
ところで、ママだけではなくお子さんの紫外線対策やお肌のケアはしていますか?
(といいながらも野球少年の母であるワタクシ&ムスコ、すでに黒いですが…苦笑 焼けやすいのですよ。あはは…)
 
実は人は、18歳までに生涯の50%以上の紫外線を浴びるといわれています。 
また、紫外線の影響は蓄積するため、赤ちゃんの頃からしっかり紫外線対策をすることがとても大切。
 
今回は、ベビー&キッズの紫外線対策についてお話しさせていただきます。

a0001_006365.jpg

皮膚の構造

人間の皮膚は表面から表皮、真皮、皮下組織の3つの層に分かれ、表皮は上から順に角層、顆粒層、有棘層、基底層があります。

ベビーの肌は大人にくらべて皮膚が薄く、お肌のうるおいを守る皮脂膜も少ないため、バリア機能が未熟。
つまり外からの刺激にとても敏感なのです。
おまけに汗っかきなため、トラブルを起こしやすい状態になっています。 
 
バリア機能が薄くて刺激に弱いベビーの肌は、大人と同じ時間、日に当たっていても、紫外線のエネルギーが肌のより深くまで届いてしまうので、あっという間に日やけしてしまいます。大人以上に気をつけてあげましょう。
 
skin.jpg
紫外線の種類

また、1日のうちで最も紫外線の多いのは10~14時。

紫外線は、太陽光線の中で目に見える可視光線より波長が長く、目に見えない光線です。

波長の長いほうから、A、B、Cの3つにわけられており、地球上にはA,Bが届いています。(Cはほとんど到達しないといわれています) 

UVBは夏になると冬よりも数倍多くなります。
くもりの日はある程度、さえぎられていますが、やっかいなのがUVA。
くもりでも冬でも降り注いでいるので、油断するとジワジワと日やけすることに。
 
カンカン照りでなくても紫外線には注意をしてあげてくださいね。
日常で行う日焼け対策は?

それでは実際に有効な紫外線対策をいくつかご紹介いたします。

 

●外出するときは、帽子や長袖を着用させましょう 。
これからの季節、外出時はなるべく長袖で直射日光を防ぎ、帽子もかぶらせましょう。 
 
●紫外線の強い時間はできるだけ外出を控えましょう。 
紫外線が最も強くなる午前10時から午後2時はなるべくお買いものやお散歩も避けましょう。 
 
●日蔭を利用しましょう 
道を歩くときや公園に行くときなどは、ベビーカーの日よけ、木陰、建物の陰など日陰を利用しましょう。 
ベビーカーは大人の位置よりも低い場所にあります。道路に近い分、ベビーは暑く、熱中症などにもなりかねません。
 
●日焼け止めをつけましょう 
衣服でカバーできない手や足、お顔などには日やけ止めを塗ってあげましょう。 
日焼け止めは最近では様々な種類が販売されています。
選び方ですが、紫外線吸収剤よりも、紫外線散乱剤のほうが肌への負担が少ないといわれています。
ベビーの日焼け止めは紫外線吸収剤が配合されていないものをえらびましょう。tomokosaitoCIMG2497.JPG
もちろん手作りアロマもオススメです。
配合されているものもわかるので安心ですね。
 
また、日焼け止めをつけたあとは、お風呂などのときに石鹸や洗浄料をしっかり泡立ててからやさしく洗い流しましょう。
日焼けをしてしまったら?

日焼け対策をしても、うっかり強い日差しの下で遊んでしまうことも良くあると思います。

tomokosaito537658_176611519132652_100003514162560_241895_804261223_n.jpg


そんなときにオススメなのが「ハーバルウォーター」。

カモミール、ペパーミント、ネロリ…いろいろな種類がありますがオススメなのはラベンダーウォーター。

ほのかなラベンダーが香る、芳香蒸留水で、ほてりや炎症を抑えてくれる作用があります。

我が家でも大活躍です。

 

それでは紫外線に気をつけて、お外遊び、外出を楽しみましょうね!

Information/お知らせ

bienange_logo_150.png

ビアンジェは横浜たまプラーザ&世田谷区用賀を中心に「子どもと一緒に。楽しむ。学ぶ。自分時間」をコンセプトとして活動をしているママと子どものためのアロマ&ベビーケアスクールです。

 

 

◆5、6月は毎年人気の「ベビースキンケア&日焼け止めグッズ作りレッスン」を開催。

 日焼け止めグッズを手作りをしてみたい方はぜひ♡

◆最新情報はこちらから⇒☆☆☆ 『ベビマ整体・ホームームアロマセラピストスクール ビアンジェ』

◆ビアンジェHPはこちらから⇒☆☆☆

Mama's profile/プロフィール

齋藤 智子

齋藤 智子 ーアロマ空間スタイリスト&セラピスト プラスアロマ協会 代表理事ー

記事テーマ

五感に響くアロマテラピーで、心も体もハッピーに!

近年の研究で、脳と香りには深いつながりがあることがわかってきました。五感の中でも特別な器官である嗅覚を上手に使って、自身の子育てや香育を通して実践してきた「子供と一緒に使えるアロマテラピー」をキーワードに、家族の体や心に優しく働きかける香りを楽しむエッセンスをお届けします。親子のコミュニケーションとしても大切なタッチケアもお楽しみに!

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/齋藤 智子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ