大掃除のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
夫の魅力再発見プロデューサーよしだ るりこ
パパに贈る魔法のひとこと
夫の魅力再発見プロデューサー よしだ るりこ
夫婦ってあわせ鏡。 ママが笑顔になればパパも笑顔になる。パパが笑顔になればママも笑顔になる。 パパに魔法のひとことを贈ることで、まずはパパに笑顔になってもらいませんか?笑顔になったパパの行動で、ママもとびっきりの笑顔になっちゃいますよ!

年末の大掃除はパパがリーダー!

輝くママの NEWSな“おはなし”

2013年 12月

パパにリーダーになってもらうには?

年末が近づいてきました。年末と言えば、大掃除!
家をキレイにして新年を迎えると気持ちいいですよね。
 
ただ、正直気が重いものでもありますよね。。。
ここもあそこもやっておきたい。でも今日は天気が悪いからできないし、明日はでかけなくちゃいけないし、あぁ予定した通りにちっとも進まない!
そうやってママは一生懸命大掃除をしているのに、パパと言えばのんきなもの。掃除をしている横でごろごろしながらテレビを見ていたりしたら、もうイライラしてしまいますよね。
 
「そんなパパがほんとに大掃除リーダーになってくれるの?」
と思われるかもしれませんが、意外なことでパパがやってくれるようになります。
 
どうするかというと、「頼む」のです

なぜ頼むといいの?

パパから「言ってくれたらやったのに~」とのんびり言われて腹が立ったことありませんか?女性は「大変そうなところを見たら察して手伝ってほしい」と思うのですが、男性はそれができません。女性は察して動くことができますが、男性はそもそも察するということができない方が多いからなんです。なので、「言ってくれたらやったのに~」は無神経なのでもとぼけているのでもまったくなくて、本音なんです。だから、もう遠慮せず頼んでしまいましょう。
 
「でも、頼んだってやってくれなかったけど?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。実は、頼むと言っても、「窓を拭いておいてね」とか「ベランダを掃除しておいてね」と頼むのではないんです。なぜかというと、「窓を拭いておいてね」とか「ベランダを掃除しておいてね」は、男性からすると命令されているように聞こえてしまうからなんです。言葉を受け取る脳の仕組みって、男女でこんなに違うんですね~。
 
では、どうやって頼むかと言うと、「大掃除の全体計画から立ててもらうよう」に頼むのです。
いつ、どこでだれがなにをやるか、というのをパパに決めてもらいます。どうやってやるかは、ママがアドバイスしてくださいね。。

うまくできなかったらどうしよう。。。

「年内に終わらなかったら困る」
「パパがやったんじゃきれいにならない」
「そもそもやってくれなかったらどうすればいいの?」
 
などなど心配もありますよね。心配で頼めないともったいないのでひとつアドバイス。ずばり!「期待しない」です!!結果を期待しすぎるとなにをやってもダメなところが目についてしまいますが、去年はやってくれなかったんだしと思えば計画してくれたり、もっと言うと大掃除を気にかけてくれただけでも進歩ですよね。
 
でも、案ずるより産むが易しで、意外とお願いしても大丈夫だったりします。男性は頼られることを喜んでくれますよね。

大掃除が終わったら

大掃除が終わったら、(ママの当初の計画通りに行っても行かなくても)パパに言っていただきたい言葉があります。
それは「パパって頼りになる~」。「ありがとう」よりもパパが喜んでくれる言葉は、頼ったあとの「頼りになる」です。満面の笑みで、お子さんと一緒に言ってみてくださいね

お知らせ


この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
輝くママへのお仕事依頼
Happy-Note

輝くママの NEWSな“おはなし”最新記事

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

夫婦でなんと呼び合っていますか?
抽選で5名様にミキハウスの「ループ・マスコット付タオル」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.