ハッピー・ノート.com

手作りおもちゃ①/2014年3月

一緒に作る楽しさ

「子どもは遊びの天才」なんて言葉を聞きますよね? 高価なおもちゃでなくても、楽しく遊べるのが子どもなんです。ママやパパと一緒に作るおもちゃ・自分で作るおもちゃは、おもちゃ自体のおもしろさと、制作するおもしろさを楽しむことができます。また、指先の動きがまだ上手ではないお子さまとの作業は、細かい指先の動きを経験することで、脳へのよい刺激になるんです。

今回は、身近な材料でできるおもちゃを紹介したいと思います。このおもちゃは0歳(高月齢)~2歳のお子さまでも、たくさん振って、のばして遊べます。

『しゃかしゃか びよ~ん』の作り方

03126.jpg

◆◇◆材料◆◇◆

がちゃぽんの空容器、蛇腹になっているストラップ、鈴、中に入れるもの(ビービー弾やビーズ)

注:材料を落としてお子さまが誤飲しないよう気をつけてください

 

03125.jpgストラップをがちゃぽんの容器の穴に通し付けます。

 

03124.jpg好きな色のビービー弾やビーズを入れます。容器の穴から落ちない大きさの物を用意してあげるといいでしょう。

 

03123.jpg

鈴も入れると音に変化が出ます。

 

03122.jpg

しっかり容器を閉めます。

 

03121.jpg

出来あがり!!

アレンジしてもおもしろい

中に入れる物を色々変えてみるとおもしろいです。お気に入りの小さな人形でもいいですし、スパンコールのようなキラキラしたものでもいいでしょう。その際に、音が出るようなものも一緒に入れることで、視覚だけでなく音も楽しむことができます。また、マスキングテープなどで飾り付けをしてもいいですね。

03127.jpg

蛇腹のストラップをつけることで、蛇腹が伸びたり縮んだりする感覚を遊ぶこともできます。また、かばんやベビーカーにもつけられるのでお出かけで持っていくのにも気軽です。

おもちゃ作りを通してコミュニケーションを楽しんでみてくださいね。

Mama's profile/プロフィール

青木 美和子

青木 美和子 ー保育園看護師・ベビーマッサージ講師ー

記事テーマ

子育てを楽しくするきっかけ作りの『コミュニケーション』

子育てって楽しいことだけではなく大変なことも多いですよね…大変なことを少しでも楽しく取り組めたらいいですよね!ベビーマッサージ・ファーストサイン・ベビースキンケア・ふれあい遊び・手作りおもちゃなど、色んなコミュニケーションスキルをきっかけに、パパもママもみんなで子育てを楽しめる方法をご紹介させていただきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/青木 美和子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ