ハッピー・ノート.com

ピンチがふれあい遊びでコミュニケーションのチャンス/2014年5月

日々の生活のお世話で追われてる?

まだ、自分で身の回りのことができない年ころのお子さまがいると、やらなくちゃいけないことがたくさんです。ましてや、お着替え・おむつ替え・はみがきなど嫌がることが多いのでママも大変です。ついつい抑えつけてしまったり、叱ってしまったり…終わったころには「はぁ~」とため息ついてしまいますね。

嫌がられて泣かれて、ママもイライラ…な時間になっていませんか?! その時間を楽しい時間に変えてみましょう!!

ふれあい遊びでコミュニケーションのチャンス

05013.jpgお着替え・おむつ替え・歯磨きなど…大人が手伝ってあげる場面は、実はコミュニケーションタイムのチャンスなんです。子どもに必然的にタッチする時間。やらなくてはいけない事という認識から、チャンスに変えてみましょう。

 

例えばお着替えの時、顔が隠れるのを嫌がったり、腕をつかまれて袖を通すのを嫌がったり…

そこで「かくれんぼう」のあそびを使って楽しくお着替え。

ママの手や、お人形を使って、「どこかな?どこかな?いないいないばぁ~」と遊びながら興味を引かせてみたり、お子さんの手を実際に通すときに、リズムをとって体をゆすりながら「出るかな?出るかな?出た~」と楽しくやってみたり。

 

ママが楽しそうに見せることで、お子さまの気分はすごく変わります。

 

おむつ替えもチャンスです。05012.jpg

ハイハイやあんよが出来るようになると動いてしまって大変ですね。

目的のおむつ替えだけではく、足を動かしたり足のベビーマッサージを楽しむチャンスでもあります。

童謡やお子さまの好きな歌を歌いながら、時々くすぐったりと遊びながらやってみてください。

 

♪フランスパン♪

  これはおいしいフランスパン

  (ママの手で足先から太もも方向に少しずつ進んでいく)

  バターを塗ってペタペタ クリーム塗ってペタペタ

  ジャムを塗ってペタペタ チーズ塗ってペタペタ

  (ママの手で上から下へ撫で下ろし)

  はい 出来あがり(2本指で足先からお顔まで上がっていく)

  パクパクパク(お顔を食べるふり)

 

今まで大変だった小さなお子さまの世話を楽しく工夫してみることで、ママもお子さまも楽しいコミュニケーションの時間に変わっていきますね。

Mama's profile/プロフィール

青木 美和子

青木 美和子 ー保育園看護師・ベビーマッサージ講師ー

記事テーマ

子育てを楽しくするきっかけ作りの『コミュニケーション』

子育てって楽しいことだけではなく大変なことも多いですよね…大変なことを少しでも楽しく取り組めたらいいですよね!ベビーマッサージ・ファーストサイン・ベビースキンケア・ふれあい遊び・手作りおもちゃなど、色んなコミュニケーションスキルをきっかけに、パパもママもみんなで子育てを楽しめる方法をご紹介させていただきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/青木 美和子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ