ハッピー・ノート.com

1年間、ありがとうございました!/2015年8月

「女性が輝く社会」ってなんだろう?

こちらのコラムを書かせて頂くようになって、はや1年あまりが経過しました。

これまで、扶養枠、社会保険のしくみ、お仕事復帰などについてお話ししてきましたが、今日はいよいよ最終回です。

 

今日は私なりに「女性が輝く社会」を考えてみます。

新しい助成金で、国が「働くママ」を後押し!

現内閣は、「すべての女性が輝く社会」づくりを推進しています。

その政策を後押しするべく、新たににさまざまな制度がつくられており、私はそれは素直に喜ばしいことだと受け止めています。

 

例えば、国が、条件を満たした企業に支給する「助成金」という制度がありますが、今年からスタートした助成金で、産後の復職制度を整えた会社がもらえる、というものがあります。

 

企業にとっても「もらいやすい」印象の助成金なので、これまで「女性社員は、妊娠したら退職するのが当たり前」という雰囲気だった会社が、こうした制度をきっかけに、少しでも「変わる」方向に向いてくれれば、それは私たちママにとっても、とてもありがたい話なのではと感じています。

じゃあ、ママも働かなきゃいけないの?

一方で、「女性が輝く」というのは、イコール「女性もどんどん仕事をしなさい」ということではない、とも感じています。

 

働くかどうかは、それぞれのご家庭の事情・環境や、ご家族・ママ自身の考え方によって、それぞれのご判断があると思います。

働きたいママは、自分に合ったお仕事を見つけて、おうちのことに専念したいママは、家事や子育てにきっちり向き合って、それぞれの場所で、そこで力を発揮できればよい、と思います。

 

最近感銘を受けたことには、たまたま目にしたテレビの料理番組で、とある出演者の方が、「私は、家族のために、いかにおいしく料理をつくるか、いつもベストを模索している」とおっしゃっていました。

 

食材に対する取り扱いの工夫、混ぜる順番、火の入れ方、それぞれは「ちょっとした」ことなのかもしれませんが、それらをやるのとやらないのとでは、全然結果が異なるそうです。

 

その方の言葉に、「いつでもどこでも、突然『ベスト』な結果が降ってくるわけではなく、日ごろ『より良いもの=モアベター』を模索し続け、ひとつひとつ積み重ねていくことが、『ベスト』をもたらす」ということを強く感じました。

私なりの「ベスト」を探して・・・

身も蓋もない言い方かもしれませんが、結局、「女性が輝く」「ママが輝く」というのは、他人からの評価でしかありません。

 

自分で自分を「輝いている」とはなかなか思いにくいものですが、つねに「より良いもの」を探していく、その姿勢が、他の方から「輝いている」というように思われるのであれば、それは本当にありがたいことですよね。

 

私もまだ、道の途中です。自分にとっての「ベスト」を探し続けて、これからも精進していきたいと思います。

 

1年間、お付き合い頂き、誠にありがとうございました。またどこかでお目にかかれますことを、心より願っております。

Information/お知らせ

★★こちらもよろしければご覧下さい!★★

【神谷綾社会保険労務士事務所HP】http://www.aya-sr.com/

【神谷綾社会保険労務士事務所Facebookページ https://www.facebook.com/kamiyaaya.sr/

【千葉県船橋市・津田沼の社労士 神谷綾のつれづれ日記】http://ameblo.jp/kamiya-aya/

Mama's profile/プロフィール

神谷 綾

神谷 綾 ー社会保険労務士ー

記事テーマ

家族のための「社会保険」のおはなし

「社会保険」や「年金」っていうと、なんとなく難しいことのよう…。でも実は、就職や退職、妊娠出産、病気やケガなんていう、様々なライフイベントごとに、私たちをいろいろ助けてくれるんです。もらえるお金。やっておくべき手続。知ってると、ちょっとトクするマメ知識。そんな「社会保険制度」について、ママの目線からわかりやすくお伝えします。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/神谷 綾さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ