子どもと季節の花を楽しむ生け花のことならハッピーノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
SFCフラワーデザイン・生け花講師阿多 星花
親子で楽しめる花歳時記
SFCフラワーデザイン・生け花講師 阿多 星花
季節の行事やお花について紹介しながら、子どもと一緒に楽しめる生け花やアレンジメントをご紹介します。お花を一緒に生ける時間が子どもと語らう豊かな時間となり、季節の行事やお花を楽しみながら日本の文化について伝えていくきっかけとなればと思っています。

親子で生け花に挑戦!菊の花を楽しもう

輝くママの NEWSな“おはなし”

2015年 8月

菊の節句ってご存知ですか?

3月3日は桃の節句、5月5日は端午の節句、9月9日は重陽の節句=菊の節句です。邪気を払い長寿を祝う節句とされています。もともとは中国の節句で、日本でも菊の花を浸した菊酒を飲む風習もあったようです。

ハウス栽培や輸入が増え、1年中目にする菊ですが、菊は秋の花です。菊の花を飾って、お子様と秋の訪れを感じ、菊の節句がある事や四季を大事にする日本の心を伝えていけるといいですね。

菊の種類と扱い方

菊には輪菊から小菊まで様々な種類があり、アナスタシア、ピンポンマムなどの洋菊も増え、可愛い色の菊も増えてきています。お花屋さんでお気に入りの菊を探してみてくださいね。

また、菊の葉は乾燥に弱く萎れやすいので、飾る際にはもったいなくても極力葉を取り除きましょう。菊は水揚げも良く持ちがよいので、こまめにお水をあげれば、1~2週間は楽しめます。

菊で生け花をしてみよう!

IMG_0952.JPG

材料

ソテツ(葉蘭やロべなど大きな葉)を1~2本

菊(大2~3本、スプレー菊1~2本)

 

生け方

花器に剣山とオアシスを写真のように配置します。

IMG_1029.JPGのサムネール画像

花器は華道用のものでなくても、剣山の上まで水がたまるくらいの深さのある大皿などで構いません。水は剣山の針が隠れる程度入れておきましょう。

 

葉は大・中・小の3段階に切って、形を整え、準備しましょう。

IMG_0982.JPG IMG_0983.JPG IMG_0985.JPG

大きい菊は葉より大きくならない程度に短めに切ります。

剣山の上に三角形を思い浮かべて、葉の大を頂点に、中を左下、菊(大)を右下に角度をつけながら挿しましょう。

IMG_1029 triangle.JPG

3本で作った空間の中に菊(大)を生けます。茎が三角形の中に入るようにします。あまりに空間が空いてしまう場合は、小菊や他の小さめの花を入れてみてもよいです。生け花は空間を楽しむものですので、あまり沢山入れすぎないように注意しましょう。

 

オアシスの方には小菊と葉(小)をお子様に好きなように入れさせてあげて下さい。小さめにまとめた方が綺麗ですから、ママが短めに切って渡してあげるとよいでしょう。こちらはなるべく空間があかないようにギュッと小さくまとめた感じの方が良いでしょう。子どもなりの考えがあるので、どんな風に生けてもあまり直さずに、いっぱいいっぱいほめてあげてくださいね。

お知らせ

湘南フラワーコーディネートスクールでは生け花もフラワーデザインも本格的に学べます。

お子様から大人まで幅広い年齢層の方が通われています。親子で是非お稽古を始めてみてくださいね!

藤沢本校:http://www.sfc-hana.com

自由が丘校:http://www.sfc-hana.com/sfc/jiyugaoka.html

facebookページ:https://www.facebook.com/sfchana

ブログ:http://blog.goo.ne.jp/sfchana

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る



画像の中に見える文字を入力してください。

ƒ

「阿多 星花」さんの記事一覧

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
輝くママへのお仕事依頼
Happy-Note Happy-Note

輝くママの NEWSな“おはなし”最新記事

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

ママ・パパの花粉症対策チェーック!
抽選で5名様にミキハウスの「ループ・マスコット付タオル」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.