ハッピー・ノート.com

入学準備にピッタリ!すうかあどでかずに強くなろう(続々)/2016年10月

100までのかず
100までの数が数えられるようになったら、
 

次は、数の並びと量感を同時に体験してみましょう。
 

1から100のすうかあどを使ってみましょう。
小さい数から並べましょう
1から10までのカードを順に並べましょう。hp14-1.jpg
 
 
「10の次はどのカード?」とたずねましょう。
 
 
11のカードを選んだら、1の下に並べます。
hp14-2.jpg
 
 
続けて、12、13…と続け、100まで同じ要領で並べます。
 
 
hp14-3.jpg
1段ずつ枚数をかぞえましょう
全部並べ終わったら、1段ずつカードをまとめ10枚のたばにします。hp14-4.jpg
 
 
10のかたまりが10になりました。
 
 
全部たばねると、100枚のたばができます。
 
 
 
 
hp14-5.jpg
数の並びと量感
さんすうセットで大きな数を体感する教材に数え棒があります。
 
 
10本ずつたばにして、100本という本数や量感を学びます。
 
 
100枚のすうかあどは、数の並び、大きさ、量感などを同時に体感することができます。
 
 
100枚のすうかあどなら、手作りも楽しそうですね。
 
 
ぜひ、おためしください。

Information/お知らせ

☆歌劇の街・宝塚で幼児・小学生・中学生を対象にした学習塾をひらいています。
 
 
☆子どもといっしょにさんすうを楽しみたい!
 
 サークルや保育園、幼稚園でママ友といっしょに幼児さんすうで遊びたい!
 
 そんなママたちのためのワークショップ、講座も開講いたします。

 お気軽にお問い合わせください。
 
 
 ホームページはこちら >>> http://pc-apple.com
 
 ブログはこちら    >>> http://ameblo.jp/takarazuka-firstline

Mama's profile/プロフィール

渡辺 貴子

渡辺 貴子 ー幼児さんすうインストラクターー

記事テーマ

幼児期からできる「さんすうせっと」をつかった算数勉強法

算数につまづく理由に「基本的な数やかたちの概念が身についていない」ということがあります。つまづくと苦手意識がでやすいのが算数ですが、問題解決力を育成できるのも、「わかった!」「できた!」という達成感を味わうことができるのも算数です。幼児期に身につけておきたい算数、低学年でつまづきそうになったらすぐに家庭でできる算数勉強法をお話します。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう


画像の中に見える文字を入力してください。

Archives/渡辺 貴子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ