ママと子供のお洋服事情のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
ル・バローン代表松前 博恵
美容・健康・ファッション・お受験など東京スタイルの旬ネタ情報
ル・バローン代表 松前 博恵
東京を中心としたママ達の口コミ情報などを基に記事を展開していきます。プレママさんや0歳児~小学生のママに向けた、今一番旬の美容・健康・ファッション・ジョギングやウォーキング・ゴルフ・幼稚園小学校のお受験や中学受験などの教育・旅行・政治・経済・イケダンなど、ありとあらゆる旬ネタ、時事ネタを是非お見逃しなく!

時代を斬る。ママと子供のお洋服事情。

輝くママの NEWSな“おはなし”

ママと子供のお洋服代。衝撃的一般データ。

 

あ~やっぱり!!そして・・う~ん。なるほど・・という衝撃が走った「ママこえらんきんぐデータ」。

 

「子ども一人分の衣類(靴・バッグ等含む)、月にいくら位使う?」「ママの衣類(靴・バッグ等含む)、月にいくら位使う?」という質問に対し、子供服もママ服も 5000円未満に86%、1万円未満が13%という結果。

 

子供服を買わない理由には「お下がり、フリーマーケットが多い」「沢山人からもらう」「おばあちゃんが買ってくれる」「まとめ買いするので、月平均だとこのくらい。」と、お下がりや中古品を買っている人が多く、とにかくお金を使わないという意見が大半。

 

次に、ママの服を買わない理由は「自分のものは殆ど買わない」「お金がない」「バーゲン時にまとめ買いするので」「汚れるから安いものを買う」「家のローンなどで、自分の分に回す余裕がない」「自分のものを買うなら子供の物を買う」「旦那さんに後ろめたい」「出かけるところがないので、特に必要ない」という意見が多数。

 

IMGP4139.JPG

仕事を持ち、自由に自分で購入できるママ達のお洋服の選び方

ジェネリーノの周りにいる、自分の仕事を持つ、子どもとママ達のお洋服購入は?を聞いてみたところ、子供服に関しては「0歳~未就学児までは、糸目をつけない」という意見がある。

 

反面、自分のお洋服に関しては「独身時代に、あれだけかけていたお洋服代は、ほぼ自分の仕事のための勉強代やお付き合いに消えている・・・」とのこと。つまり、お金をかけるのは子供服で、自分のお洋服に関しては、自分にかける金額の優先順位が変わったので、ほぼお金をかけていない。ということになる。

 

それでは、イベントやパーティや講演などに出かける機会が多い仕事を持つママ達は、一体どこでお洋服を購入しているのか?

 

皆さんから出てくるお店の名前は「ZARA」「H&M」「バナナ・リパブリック」などのファストファッションやセカンドラインのお店が多い。もしくは、バーゲン時に、セレクトショップで大量買いする。アウトレットや海外で購入する。など堅実な買い物が大半。

 

子供服は?と聞くと、インポートブランドのお洋服や海外のセレクト通販で購入するが圧倒的で、誰でも購入できる子供服。というよりは、少しこだわりのあるお洋服を子供に着せるという、自分の趣味感覚で選んでいることが多いようだ。

 

fuku1.jpg

何故、自分の衣服にお金をかけなくなったのか?

何故、独身時代は、流行のファッションに身を包んでいたファッショナブルなママ達も、子供が出来た途端に自分を飾らなくなるのか?

子育てを経て独身時代とは異なった買い方をするようになる理由には、機能的に使える服を選びたくなることが原因のよう。また、人と会う時間も減り、お洒落をする場所や回数が限られることも原因の一つ。

 

子育てはとにかく忙しい。自分の時間がない。子供に振り回される毎日。ハイヒールを履いて、走る子供を追いかけることは出来ないし、赤ちゃんがげっぷをしてミルクが服にこぼれることもしばしば。泥んこで遊んだお洋服のまま寝てしまえば、抱きかかえて自宅に戻るし、抱っこしている時に、うんちが漏れるなども日常茶飯事。

 

そうなると、機能的で何度も洗えて、なお且つお洒落。という服が一番需要が高くなるのは、当然だと言えよう。

 

それだけではなく、飾る意味も違ってきた。今までは自分を武装して自分をアピールしていた女性が、夫や子供に恵まれ安心感を経て、自分に自信を持ち始め、余裕のあるゆとりを醸し出すようになると、自然と服装もナチュラルに変換していくのではないか?

 

かけがえのない家族を得た自信の表れが、お洋服にお金をかけなくなった理由かもしれない。

ふく2.jpg

お洒落なマタニティウエアにも注目!

最近では、妊娠時期のマタニティウエアも随分変わってきたと思う。例えば、新世代のママ達に人気のある「ヴェリーナ マタニティ」は、妊娠出産で劇的に体型もライフスタイルも変わる女性のために、機能性が高く、オシャレなマタニティ&ナーシングウエアを世界中から買付けて、ネットで販売している。

 

妊娠していても、そうでなくてもお洒落に着られ、マタニティ期間しか着られない服ではなく、もっと格好良くて機能性とコストパフォーマンスが高い服を提案し、時には授乳に、パーティにとシーンを選ばない服達を、女性のライフスタイルにずっと寄り添ってくれる「オールインワンの服」の提案。。つまり着回しの聞く1枚。

 

ママにとって、嬉しい機能性アイディアは「着回しが効く」「効率が良い」ということ。こんなママのためのお洋服が沢山産まれてきて、どんどん選択肢が広がっている昨今。その情報を上手に選択し、生活に取り入れているママ達が多くなっていることは確かだ。

お知らせ

★ ママの声がつくるママのためのランキングサイト「ママこえ」はこちら☆

☆マタニティの通販サイト「ヴィリーナ マタニティ」は こちら★

☆次世代ママの口コミサイト 「ジェネリーノ」は こちら★
 

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

3

10

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


ƒ

「松前 博恵」さんの記事一覧

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
輝くママへのお仕事依頼
Happy-Note

輝くママの NEWSな“おはなし”最新記事

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

夫婦でなんと呼び合っていますか?
抽選で5名様にミキハウスの「ループ・マスコット付タオル」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.