働くママならではの悩み、「私ばっかり」への対処策のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
ワー育.jp代表小田木 友依
ワー育美人への道
ワー育.jp代表 小田木 友依
妊娠しても出産しても綺麗でいたい! いつも輝いていたい! そんな願望は誰しもがもっているはず。 でもどこかで「そんなの無理」と諦めてしまってはいませんか? ちょっとしたコツやマインドの持ち方次第で、日々の生活が劇的に変わります☆ 育児も仕事も自分らしく楽しむ方法をお教えします。

働くママならではの悩み⑤ 『私ばっかり』

輝くママの NEWSな“おはなし”

2012年 8月

私がやらねば!の呪縛

仕事を持つ女性が結婚すると、急に負荷が増えるという現実があります。

家事が得意な男性と結婚すれば別かもしれませんが。

私の場合、結婚当初は心身へかかる負荷が一気に増し、とっても苦しくなりました。

これまでは自分の生活のことを中心に考えていればよかったのに、夫との生活になると2人分の生活のことを考えなければならない。との思いから

「朝食を作らなければならない」

「夕食を作らなければならない」

「洗濯をしなければならない」

「掃除をしなければならない」

「仕事もこれまでどおりに成果をあげなければならない」

といった具合に、気づけは「ねばならない」づくしの課題を自分に課し、

自分自身をがんじがらめにしていました。

余裕がなく、いつもイライラ。

そんな共働き新婚生活を続けた結果、ある日イライラが爆発して夕食を作っている時に夫に八つ当たり。

すると、待ってましたとばかりに夫からの反撃!

いつもイライラモードで家事をしたり夫との会話をしたりしていた私にうんざりし、嫌気がさしていたようでした。

冷静になってみれば当然のこと。

「そんなに嫌なら食事の仕度しなくていいよ!」

と言われ、一瞬頭の中が真っ白になって固まったことを覚えています。

でも、その言葉を言われてハッと我に返ることが出来ました。

元来私は楽天家なのもありますが、食事の支度をしなくて良いというのであればしないで良いのね。 

と割り切り、

“出来ないことは出来ない”“手伝ってほしいことは手伝ってほしい”と、思っていることを夫に伝えることをするようにしてみました。

自分に素直になったことで、足かせとなっていた「ねばならない」の呪縛がスルスルととけ、心身ともにとても楽になったのです。

頼ることは相手を認めること

誰かに助けを求めたり、自分が楽な方法を見つけることに罪悪感を感じていませんか?

以前の私はそうでした。

誰かに頼むこと = 依存

楽すること = 悪

そんなふうに感じていました。

だからこそ「ねばならない」が増えて自分への決まり事がどんどん増えていったのです。

そして、いつも苦しくて毎日楽しめなくて。そんな自分が嫌でした。

でも共働き夫婦として私たち夫婦らしい生活を求めていく中で、自分に素直になり、夫にも思っていることをきちんと伝え、頼んだり頼ったりするようになっていきました。

そんな風に自分たちらしい働き方や生活の仕方を夫と共に模索しているうちに

「人を頼ることは依存ではなくて、相手を認めることなのだな」ということに気づいたのです。

夫に助けて!ということは、夫に依存するのではなく、夫を認めているというメッセージを伝えること。

職場の同僚にしても友人にしてもこれは同じです。

相手を頼るということは、相手を認めているという証拠。

だから、頼られた相手は嫌な気がするどころか嬉しいのです。

自分の存在が認められているわけですから。

ただし、自分の意見や考えをきちんと持った上での“頼り”であり、頼りすぎは禁物です。

私がやらなきゃ!ではなくて共に模索

人はそれぞれ違うので、夫婦の形も千差万別。

共働き夫婦は2人で仕事し、稼ぐわけですから家事や育児も2人でやることをお勧めします。

家事と育児は妻の役目。という古き日本の考え方は置いておき、自分たちにとって都合が良く楽しく生活できる方法を2人で一緒に探してみてください。

相手の意外な一面を家事や育児の分担から見つけることが出来たり、思わぬところで自分の得意分野が見つかったりするものです。

そんなことも楽しんでくださいね。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


ƒ

「小田木 友依」さんの記事一覧

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
輝くママへのお仕事依頼
Happy-Note Happy-Note

輝くママの NEWSな“おはなし”最新記事

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

どうする初節句のお祝い
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.