アイフルホームのことならハッピー・ノート.com!

忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます

LIXIL住宅研究所 アイフルホー

ママの姿が見えるから、安心して遊べる

毎日の家事は小さなお子さまがいると、なかなかはかどらないですよね。そんな忙しいママに知ってもらいたいのが、注文 住宅メーカーのアイフルホームから9月に発売された「働くママを応援する家」。様々な工夫が家事の負担やストレスを軽減してくれます。
例えばキッチンはオープン型なので、リビングで遊ぶお子さまを見守りつつ、調理や後片付けに集中できます。また、極力、無駄な移動や手間がないよう動線に配慮されているのも嬉しい工夫の一つ。テキパキと流れるように家事をこなせ ます。何かを別の場所に取りに行ったり、どこにあるか探し回ったりするストレスもないので、時間にもゆとりが生まれますね。

10年連続でキッズデザイン賞を受賞

こうした住まいを提供できるのは、独自の研究機関「キッズデザイン研究所」があるから。その設計・アイデアは、10年連続でキッズデザイン賞を受賞しているほどです。ぜひモデルハウスでその良さを体感してください。またキッズデザインの家づくりがわかる資料もオススメ。いますぐ請求してみましょう。

モデルハウスを私が体験してきました!

キッチンからお子さまを見守れるから手を止めずに調理や後片付けできる

志保里ママは、料理をしている最中、お子さまの姿が見えなくなる度に、手を止めて探しに行くため、どうしても支度に時間がかかってしまうそう。「こんな見通しのいいキッチンなら子どもの様子がよくわかるし、リビングの床が高いので視線が合って、自然にお話ができちゃいますね」。

玄関そばの廊下にプチクローク。パッと支度して、サッとお出かけ

玄関に向かう廊下の途中に設置された、鞄やコートを仮置きできるクローク。「これならサッとお出かけできるし、鞄やコートを2階の部屋まで取りに行く面倒もなくていいですね」。

2方向から出し入れできるパントリーなら買い物後にしまいやすく、使うときにとりだしやすい

廊下側とキッチン側のどちらからも出し入れできる便利なパントリー。買い物から帰ったらスグにしまえるだけでなく、キッチン側からサッと取り出せて、しかも手前の古いものから使えるのも特長です。

干す〜たたむ〜しまうが流れるようにできる家事動線

2階はバルコニーの前を室内干しスペースに。日中、外出する際や、急な雨で外干ししたものをかける場所としても重宝。「すぐ近くにカウンターがあるので、取り込んだ洗濯物を置くにも、畳んだりアイロンがけをするにもラクですね」と志保里ママ。各部屋への動線上にあるので、家族が洗濯物を部屋に持ち帰る習慣もつけられます。

アイフルホームの住まいには、お子さまの安心・安全に配慮した工夫が数多く用意されています。だから、お子さまをのびのびと思い切り遊ばせてあげながら、ママの「ヒヤリ」「ハッと」を軽減。だから「走っちゃダメ」「ドアをバタンと閉めたらダメ」と叱ることもなく、楽しく子育てができます。


キッズデザイン賞を10年連続で受賞

アイフルホームは、子ども目線、子ども基準で考える「キッズデザイン」の家づくりが評価され、2008年以降、9年連続でキッズデザイン賞を受賞しています。

子どもにやさしい住まいを作れる理由はこれ!!

子どもと家族にやさしい住まいづくりが得意なアイフルホーム。そんな工夫やアイデアいっぱいの住まいを提供できる理由は、同社に独自の研究・開発機関である「キッズデザイン研究所」があるからです。「キッズデザイン研究所」は、さまざまな研究で蓄積してきたノウハウをもとに商品開発に活かすだけでなく、環境意識を育む活動も行っています。

お知らせ

アイフルホームの公式SNSをチェック

facebook

instagram

アンケート

【2017年12月10日(日)締切】
アンケートに答えてプレゼントをもらおう!

記事を読んでアンケートに答えてくださった方から、
抽選でBALMUDA The Toaster(バルミューダ ザ・トースター)・カラー:ブラックを1名様にプレゼント。
※アンケート回答は1家族あたり1回でお願いいたします。

記事についてのアンケート
タイアップ:2017秋号アイフルホームアンケート
記事についてのアンケート
あなたについて教えてください