アイフルホームのことならハッピー・ノート.com!

"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる

“LIXIL住宅研究所 アイフルホーム”/

ママの姿が見えるから、安心して遊べる

マイホームを建てるなら、お日さまの光と自然の風を感じられるバルコニーやウッドデッキをつくって、お子さまが情緒豊かに過ごせる環境にしたい。LDKは、吹き抜けのある開放感いっぱいの空間にして、のびのびと過ごせるようにしてあげたい。そんなイメージを描いている方も多いでしょう。
こうした住まいをさらに進化させたのが、アイフルホームです。「キッズデザイン」をコンセプトに、子どもにも、大人にも快適で安心な住まいを研究開発。中でも、親子の絆を育むように工夫された独自の設計やアイデアは必見です。
例えばバルコニーやデッキ、吹抜けなら、上の写真で紹介しているように、ただ普通に設けるのではなく、家族が集まれる場所になるように工夫されているのも特徴です。お子さまとママ、パパがいつでもお互いを感じ合いながら過ごせるし、すぐ声を掛け合えるので、自然に会話や笑顔も生まれます。

9年連続でキッズデザイン賞を受賞

こうした住まいを提供できるのは、独自の研究機関「キッズデザイン研究所」があるから。その設計・アイディアは、9年連続でキッズデザイン賞を受賞しています。「まだ希望が具体的でなくても大歓迎です。気軽にモデルハウスに遊びに来て、キッズデザインを体験してみてください」とアイフルホームの担当者。キッズデザインの家づくりがわかる資料も合わせて請求してみましょう。

バルコニーを広めに設け、書斎や居室と隣接させるだけでなく、床の段差をフラットに。「窓越しに子どもたちの遊ぶ様子を見られるし、窓を開放すれば一体空間になって、いつの間にか一緒に遊んじゃいますネ!」と潤パパ。
心地よい自然の光と風を楽しめるウッドデッキをダイニング・キッチンの横に設けるアイデア。「DKのすぐ横にあるので、休日に家族 で気軽に朝食やバーベキューができますね!」と潤パパ。「この間取りだと、子どもたちがお皿を運んだり、嬉しそうにお手伝いしてく れたのには驚きました」と優希ママ。
「ママ、この本、面白いよ!」と心花ちゃん。吹抜けを通して、上下階にいる家族同士が、それぞれのことをしながら、お互いを感じ合っ て過ごせるので、すぐに声がけや会話も生まれます。

間取りの中心をキッチンにすることで、家族がどこにいても、キッチンに立つママから目が届きます。「様子を見守りながら調理や後片付けができるので安心だし、姿が見えず、手を止めて探しにいくこともないので、効率的に家事をこなせますね!」と優希ママ。

階段ホールは、単なる1階と2階の移動スペースではなく、壁をスクリーンにしてプロジェクターで投影すれば、みんなのシアタースペースに。階段がひな壇状のシートになるので、背が異なる大人と子どもが一緒に見ても快適!


アイフルホームの住まいには、お子さまがのびのび育つための多彩な工夫があります。安心・安全に配慮さ れているから、思い切り遊ばせてあげられるだけでなく、ママが「ハラハラ/ヒヤリ」や、「走っちゃダメ」「ドアを バタンと閉めたらダメ」「落書きしちゃダメ」と叱ることもなく、楽しく子育てができます。


子どもにやさしい住まいを作れる理由はこれ!!

子どもと家族にやさしい住まいづくりが得意なアイフルホーム。そんな工夫やアイデアいっぱいの住まいを提供できる理由は、同社に独自の研究・開発機関である「キッズデザイン研究所」があるからです。「キッズデザイン研究所」は、さまざまな研究で蓄積してきたノウハウをもとに商品開発に活かすだけでなく、環境意識を育む活動も行っています。

キッズデザイン賞を9年連続で受賞

アイフルホームは、子ども目線、子ども基準で考える「キッズデザイン」の家づくりが評価され、2008年以降、9年連続でキッズデザイン賞を受賞しています。

お知らせ

facebook

facebook

アンケート

【2017年9月10日(日)締切】
アンケートに答えてプレゼントをもらおう!

記事を読んでアンケートに答えてくださった方から、
抽選でティファールのハンドブレンダー クリック&ミックスプラス(カラー:ルビーレッド)を1名様にプレゼント。
※アンケート回答は1家族あたり1回でお願いいたします。

記事についてのアンケート
タイアップ:2017夏号アイフルホームアンケート2
記事についてのアンケート
あなたについて教えてください