子どものアレルギー対策のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どものアレルギー対策

Weekly ゴーゴーリサーチ(第791回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる どんな時に症状が出やすいですか?また、参考になった情報源や実践していることなどがあれば教えてください。 花粉症やアトピーなど、アレルギーの症状は大人でもツライもの。症状があるお子さまはできるだけラクにしてあげたいですよね。そこで、お子さまのアレルギーの症状が出やすい時、実践されている対策、参考に情報などを具体的に教えていただきました。
ママ・パパの答え 花粉症なので、雨降ったあとの翌日につらそうです。布団乾燥機を使い、外に干さない。家に入る前に体中をはたいてから、家に入るようにして、花粉を家に入れないようにしてます。食事は手作りのものを食べさせて、冷凍食品やスナック菓子はとらないようにしています。(海大好き/埼玉県蓮田市) 喘息は、季節の変わり目、黄砂やPM2.5を吸い込むと喘息症状がひどくなる。(子供3人とも)乾燥する時期になるとアトピーがひどくなる。(長男)汚れたプールの水などお風呂上がりに、全身にじんましんが出る事がある。お風呂は、一番風呂にしたり、公園のプールは行かないようにしたりしている。出たときは、シャワーで流している。(次男)(えりっち/滋賀県彦根市) 主人(父親)に食物アレルギーがあったので、娘にも遺伝しているのでは、と慎重になっていました。素人判断が一番危険だと思ったので、かかりつけ医に相談しました。幸い子どものアレルギーに関しても専門だったので色々とアドバイスを受けながら食品を試していくことができました。(もえんが/山口県萩市) 夜、寝ているときやお風呂あがりなど体が温まったとき。お風呂のときは石鹸の泡でとにかくやさしく洗うようにし、長湯をしないように心がけています。保湿もスピード勝負なので、お風呂から出たら即保湿です!(キレンジャー/大阪府東大阪市) 暖房を入れると鼻がつまっていました。あと、卵の卵白を試した時に、じんましんと呼吸が少しおかしくなったので、救急へ行きました。今は、エアコンをまめに掃除して卵は完全除去しています。市販のご飯でも卵を使っていないことを確認し、パンやスイーツは、手作りしています。(みさやん/和歌山県和歌山市) 食物アレルギーなので、触れたり食べたりすると蕁麻疹が出ます。外出先などで出てしまった時に備え、蕁麻疹を抑える服用薬を常備しています。(どんちゃん/東京都練馬区) まだアレルギーかどうかわかりません。ですが、参考になったのは育児情報雑誌に載っていたスキンケアです。とにかく乾燥していると思ったらすぐクリーム。口回りもよだれかぶれを防ぐためにワセリンをミルク前と後に塗っています。おかげでひどい湿疹などもなく、良い感じに皮膚にバリアができているのでは?と思える感じです。とにかく保湿!(かおりん/神奈川県横浜市) 真夏のプール時期以外、年中、全身がかゆくなる。本人にどんな時が一番辛いかと聞いたら、服を着ているとかゆい。裸でいるのが一番楽だ、と涙ながらに言われた。小児科の先生に皮膚科を紹介してもらった。泌尿器科や他の科と一緒に皮膚科の看板を出しているところは、ついでに出しているのでこれだけひどいアトピーにはダメだと言われ、激混みの皮膚科に通っている。(きゅあぱんだ/宮城県大崎市) 息子は軽いアトピーで、冬と春など空気の乾燥する季節は、目の周りに痒みを伴い皮膚が赤くなったりします。冬と春という季節限定のアトピーで、湿度が低く暖房を入れた暖かい部屋やドライヤーの温風が顔にかかると痒がるので、加湿器で部屋の湿度は上げながらも痒くならない程度に部屋をあたためています。参考にしている情報源はセカンドオピニオンを含めた皮膚科医の話、周りのアトピーの友人の話や、胡散臭くないインターネットの情報です。(パスタ/鳥取県鳥取市) 対策の参考に情報収集するのはHP、育児雑誌です。衣類に限らず、カーテン・ぬいぐるみ・カーペット・毛布等、洗えるものはこまめに洗います。玩具類は除菌スプレー等を使用し、こまめに拭きます。(Aママ/三重県多気郡) 1回、9カ月頃にシフォンケーキを食べて症状がでました。なので、卵を除去していましたが、いつも通院している近所のお医者さんは「いつ頃から食べていい」「負荷試験」とかの話が全くないまま1才半が過ぎて、最近は「食べさせるのが遅いとアレルギーが出る」とかいう話もあるので心配になりました。なので、別のアレルギー科がある病院で検査をし、大きい病院を紹介してもらい、負荷試験をしてきました。結果、ゆで卵ならOKといってもらったので、今は普通に食べています♪自己流に除去すると、どこまでもしなくてはいけないし、外食事も細心の注意を払っていなくてはいけなくて気苦労が絶えなかったです。本当にホッとして、安心してたべさせられるのでとても良かったです!!(はるぱらぶ/山形県山形市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

元気をもらえた子どもの言葉
抽選で10名様に、ミキハウスの「クリスタルラインストーン付きフォトアルバム(ポケット式)」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
マザーズセレクション大賞 &ベストマザー賞
ミキハウス子育て総研が発行している子育て情報誌「Happy-Note」の特別号では、ママたちの投票によって選ばれた「マザーズセレクション大賞」の受賞商品を紹介しています。今回は、ハッピー・ノート ドットコムをご利用いただいているママたちがオススメしたい商品への投票をお願いします。
投票する
今週のプレゼント

特別編リサーチ!

子育てファミリーの移住意向調査2016年
Weeklyゴーゴーリサーチ特別編として、お子さまがいるファミリー(妊娠中含む)の 地方移住についてのお考えについて、結果にまとめました。
見る

特別コラム!

子育てママと子どもにオススメ 防災対策10ヵ条
第606回「防災対策してますか?」のリサーチに寄せられたママ・パパの声をもとに、 Happy-Note.com編集部が「子育てママと子どもにオススメ 防災対策10ヵ条」を提唱します。
見る
保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.