内祝いのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

内祝い、こうしました♪

Weekly ゴーゴーリサーチ(第794回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる 内祝い、こうしました♪ 出産祝いをいただいた方へ贈る内祝い。どんな品がいいか、金額、贈るタイミングなど、いろいろ考えられたと思います。そこで、皆さんが内祝いを贈った時の工夫、反対に困ったことも伺いました。
ママ・パパの答え 名前を覚えてもらいたいので名入れギフトを選びました。両親には名前が刻印されているお酒や桐箱などを、それ以外の方には、写真入りメッセージカードにして、相手がもらっても困らないようにしました。(神ほっぺ/静岡県浜松市) 物だと相手が既に持ってないか考えてしまいキリがなく、金券類だと直接的かと考えてしまいキリがなく、結局自由に選んで頂けるカタログギフトが最強だとの考えに至りました。(いしころころ/福島県郡山市) 悩むのが嫌だったので、みんなタオルにしました。金額に合わせて、内容を変えて贈りました。何人かで合わせて頂いたお祝いのお返しに困りました。(はるふぃ/埼玉県さいたま市) 年齢や趣味、好きな食べ物など、個々に選びました。お子さんがいるおうちには、キャラクターも入りつつ、授乳中のママがいるおうちには、お酒などを使った食品は避けました。年配の方のおうちは、食べやすさを考えてせんべいではなくカステラにしました。(かおりん/神奈川県横浜市) 年配の親族にはタオル、若い親族や友人にはお菓子、家族にはほしいものを聞き返した。友人一同からもらったものは何人からか、住所が分からないなどあって困った。(ミュウピョン/愛媛県松山市) 既婚者か独身者か、子供がいるかいないか、子供の年齢なども考慮してひとりひとり選びました。お祝い事だし相手の方のお気持ちも考えて出来るだけ半返し以上の額にしました。全て百貨店での購入でしたので手際も良く相手の方々も喜んで下さいました。(もじまま/神奈川県横浜市) 内祝いを贈るタイミングが年末年始と重なってしまい、届くまでに時間がかかってしまった。贈る品物は出産前にある程度決めていましたが、結局産後にまた悩み返してしまい内祝い選びに予想以上の時間を費やしました。(キレンジャー/大阪府東大阪市) まったく知らない親戚からお祝いをいただいたときは困惑しましたが、義母がすべてフォローしてくれました。いただいた金額が大きい場合はカタログギフト。物でいただいた場合は「おとりよせネット」などで調べて、可愛らしい形をしたスイーツだったり、テレビで話題になったグルメなどでお返ししました。(てば子/福岡県大野城市) 地元産の特産品や、応援したい知人の商品を送りました。普段買わないもので、必要で、独自性があって、もらって嬉しそうなものを送りました。たくさん頂いた方には、タオルを追加しました。名前入りは流行っていますが、もらった方は微妙かなと思って選びませんでした。お菓子もこだわりのもので、絶対美味しいものを送りました。カタログやネット注文だと実際の味がわからないのが難しいですね。写真付きのメッセージカードも添えました。(m1h0/福井県福井市) 独身の男性は特に好みがわからず困った。それぞれ自分がもらって嬉しいものを選んだつもりだが、喜んでもらえたかはわからない。産前にいろいろ決めておけばと思った。産後は全然余裕がない。(まどか/福岡県福岡市) 多分にいただいた方へどのくらい返せばいいのかわからなくて困った。友人など趣味の分かっている人へは好みに合わせたものをお返ししたが、複数人で合わせてくださった方には一律で同じものをお返しした。(いくり/東京都文京区) 親族から「内祝いはいらない」と本気で言われ、夫婦でどう対応すればいいか困ったことがありました。とりあえずお礼状だけは贈ることにし、今後の付き合いの中でお返しをするということになりました。(フォンレイ/宮城県富谷市) 趣味がわかる人は喜びそうなものを贈りましたが、ほとんどカタログギフトにしました。あとは頂いたものが現金や商品券だと半分返しが分かりやすかったのですが、子供服やおもちゃは金額が難しく、正規店とネットで金額が開くこともありました。念のため高い方に合わせてお返しをしたら、逆に気を遣わせてしまった方もいました…。(こんなにすみませんと、さらにお返しが来ました)(ぴい/北海道石狩市) 主人の両親と私(妻)の両親に内祝いのしきたりについて相談してみたのですが、一方は半額程度、一方は三分一もしくはしなくてもよいと意見が分かれてしまいました。親戚で内祝いに差をつけるのもどうかと思い、結局金額がわかりにくいような商品を選びました。実家の両親に相談するのは頼れる場合もありますが、思わぬトラブルに発展しそうでひやりとしました。(もえんが/山口県萩市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.