ガーデンタウンさつき台のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録

冬暖かく、夏涼しい・スーパーウォール工法の家に続いて
和歌山県初認定「低炭素建築物」がガーデンタウンさつき台に登場!

大倉『ガーデンタウンさつき台』 住まい 今すぐ役立つあんしん子育て基礎知識

家中が心地いい温度!
小さなお子さまにも
お年寄りにもやさしい。

今、住宅業界では、スマートハウスをはじめ、最新のシステムを取り入れることで、快適かつ経済的に暮らせる家が登場しています。大倉でもそんな家を続々建築。とくに大倉が街ごと開発する和歌山県の「ガーデンタウンさつき台」には、ハイクオリティな省エネ・エコ住宅が揃っています。

まず、注目したのが高性能建材・SWパネルを採用した「スーパーウォール工法の家」。高気密・高断熱構造が最大の魅力で、冬は冷たい外気を温めてから取り込む、換気システムを採用。家中の温度・湿度を調節するので、空間の上下や1階と2階、部屋と水周りなどの寒暖差もなし。これならお子さまやお年寄りも安心して過ごせますよね。もちろん、夏は涼しく快適。冷暖房費は一般的な住まいと比べて半分以下というから驚きです。省エネ、エコだけでなく、花粉などの侵入を防ぎ、耐震性にも優れています。

ガーデンタウンさつき台は、大阪への通勤圏内にも関わらず、緑がいっぱい。しかも全戸50坪以上という贅沢さで、ミキハウス子育て総研の認定物件も多数。保育所や幼稚園、病院なども整い、同世代のファミリーもたくさん暮らしているので、子育てにはまさに絶好の環境です。

◆窓まわりを強力に断熱!

室内側は樹脂形材、室外側はアルミ形材の複合サッシで高い断熱性を発揮。結露も防ぎます。さらに2枚のガラスを使い、室内の暖かさを逃しません。

◆室温を変えずに上手に換気!

外気を室温に近づけてから取り入れる熱交換換気システムを完備。湿気も上手に調節し、家の中は冬でも夏でも快適温度・湿度です。

◆次世代省エネルギー基準をクリア!

床面積1m2あたりの、窓や隙間などから外に逃げる熱量を示したQ値 耐震断熱パネルも、隙間面積を示したC値も基準以下。断熱性、気密性抜群です。

・Q値(熱損失係数)/省エネ基準2.7W(m2・K)以下の1.90W(m2・K)
・C値(相当隙間面積)/省エネ基準5.0cm2/㎡以下の0.58cm2/m2

◆耐震断熱パネル

壁面はOSB面材を使用。力が集中して建物がねじれやすくなる柱や筋交いに対して、壁面が一体となって力を分散するので地震にも強くなります。

◆部屋の上下の温度差が小さい!

上昇する暖かい空気に比べて、重くて下降する冷たい空気が高気密高断熱なために侵入しないので、部屋の上下に温度差ができず、足元までポカポカです。

行政が認定!
さらに進んだ省エネ・エコを叶える
「低炭素建築物」。

「冬は暖かく、夏は涼しく」は、省エネ、エコな家の基本ですが、さらに高い基準の住まい「低炭素建築物」をご存じですか。これは冷暖房、換気、照明、家電といった一次エネルギー消費量を、従来よりもマイナス10%抑えるための仕様や対策が取られた建物のこと。基準をクリアすれば、所管行政庁によって認定されることが特徴です。

そんな低炭素建築物として、和歌山県が初認定した第1号、第2号物件がガーデンタウンさつき台に登場しました。認定基準を満たすため、光熱費を抑える高気密・高断熱仕様はもちろん、節水型設備、室内温度を一定にし、紫外線・結露に強い複層ガラスなどを採用。日当たりや家の形状も考慮し、より快適で、より経済的な暮らしが実現できると早くも話題になっています。

皆さんもガーデンタウンさつき台でハイクオリティな省エネ・エコライフを始めませんか。

育児に適した住宅を認定するミキハウス子育て総研の「子育てにやさしい住まいと環境」に加えて、「小学生に贈りたい住まいと環境」の認定をガーデンタウンさつき台の住まいが関西で初めて取得。乳幼児期にはママに負担をかけない、小学生になれば生活習慣や自主性を育む工夫が満載です。

大倉とママが作る子育て支援サークル「きっずえんじぇる」では、交流会やお祭りなどイベントを随時開催。その様子は大倉のスタッフがブログで紹介しています。
モデルハウス見学会、住宅ローン相談会など、毎週「イベント」開催中!

ƒ

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.