自然の中で子育てのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録

子育てに安心のニュータウン!「ガーデンタウンさつき台」第4回

大倉『ガーデンタウンさつき台』 住まい 今すぐ役立つあんしん子育て基礎知識

街づくりのコンセプトは〝子育て世代にやさしい〞

家は一生に一度の買い物。間取りはもちろん、環境や立地も気になるところ。さらに子育て中のママ・パパは、お子さまの成長や将来も考えて住まいを選びたいですよね。

そこでご紹介したいのが和歌山県橋本市にある「ガーデンタウンさつき台」。 ここは〝子育て世代にやさしい〞をコンセプトに街・家づくりがなされているので、お子さまをお持ちのファミリーにぴったり。豊かな自然環境、大阪南部の拠点なんばに電車で43分という立地など魅力がいっぱいなのです。
実際にお住まいのご家族がさつき台を「一生の住まい」として選んだ理由は何だったのか、伺ってみました。

広い和室と庭が決め手。我が家の自慢です!

坂口さんは今年2月、さつき台に引っ越して来られたファミリーです。以前は橋本市内のハイツにお住まいでしたが、妊娠・出産を機に戸建ての購入を決意されました。
「私は近隣の保育園に勤務。パパは大阪に職場があるので、保育園にも駅にも近い戸建てという条件に見合ったのがさつき台でした」。

いくつかモデルルームを見て、今のお住まいの決め手となったのが1階にある大きな和室です。
「和室の方が生まれたばかりの娘を寝かしたり、遊んだりしやすいと思って。キッチン、リビングともつながっているので子どもの様子をうかがいながら家事ができるし、気に入ってます」。

そんなママとお子さまを見守るパパですが、実は購入に迷いもあったとか。
「やはり大きな買い物ですからね。でも、さつき台は他の住宅街と比べて一区画が広いことに惹かれてました。庭で友人とバーベキューをしたり、娘が遊ぶ砂場を作ったり、今は毎日が楽しいです」。
お子さまも和室や庭で遊ぶのが大好き。改めて「家を購入してよかった」と思うママとパパでした。
(2012年9月取材・撮影)

次のページへ→

パパが選んだ家はママ大絶賛の子育てのしやすさ

喜多様ファミリー

喜多さんファミリーは、7年前、独身だったパパが将来を見越して、さつき台にお宅を購入されました。
「私は結婚してこの家に来たのですが、一目で気に入って。リビングの窓からは光と風がたっぷり入り、一年中快適。昼間は照明が要らないし、冷房や暖房をつける機会も減りました」とママ。
昨年誕生したお子さまの子育てもしやすいそう。「バリアフリーなので、子どもがよちよち歩いてもつまずいたりせず安心です」。
掃除機をスイスイかけられる点もバリアフリーの良さとママ。
「この家を選んでくれたパパに感謝しています」と大満足のようでした。

皆さんもぜひさつき台へ。さらに幸せな毎日が待っています。
(2012年7月取材・撮影)

Smart Houseスマートハウス さつき台に誕生!

ソーラーパネル+スマートメーターで
電気代がググッとお得に!


電力は太陽光で発電。スマートメーターでご家庭の電気を一元管理できます。電気使用量はお部屋ごとにリアルタイムで計測。画面を見るだけでチェックでき、無駄なエネルギー消費を防ぎます。水道の使用量も表示。世帯平均、前年同月比などの目標を設定し、毎月達成されているかも折れ線グラフでお知らせします。

ハイブリッドLED EVERLUCE

停電時に点灯するLED蛍光灯を標準採用

自然災害時の停電にも非常点灯する「ハイブリッドLED蛍光灯 エバルーチェ」。コストが高い自家発電設備や蓄電池がなくても、内蔵バッテリーで停電時も2~12時間の点灯が可能です。通常点灯時も消費電力は蛍光灯の半分ですみ、大いに節電できます。
※さつき台スマートハウスでは、エバルーチェを標準採用しています。
※この商品のお問い合せは  0120-56-2200までどうぞ !。

次のページへ→

●ガーデンタウンさつき台

■所在地:
 和歌山県橋本市さつき台1丁目1-1、他
■交通:
 南海高野線『御幸辻』駅より徒歩7分(※住宅地北東入口まで)
■総区画数:
 673区画
■事業主・売主(販売代理):
 株式会社大倉

大阪の中心 なんばへ乗換えなしで一直線43分。

「さつき台」はアクセス良好。最寄の南海高野線「御幸辻」駅より大阪の中心・なんばへは急行で乗り換えなし43分で到着します。通勤、通学、お買い物などにも便利です。


ミキハウス子育て総研
「子育てにやさしい住まいと環境」の認定を
受けています。


子育てにがんばるママ・パパへの配慮、お子さまが健やかに育つ工夫など、ミキハウス子育て総研が定める評価基準をクリアしています。

ƒ

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.